【転職対策】面接前に理解しておくべき希望年収の伝え方&テクニック

給与交渉の成否は伝え方いかんによります。いくら求職者が給与アップに値する経験や資格、スキルを持ち合わせていても、伝え方次第で納得のいかない給与条件を提示されてしまう恐れがあります。私は採用担当として多くの面接に携わっていますが、『伝え方がもったいないな』と思う方に多く出会ってきました。
伝え方を少し変えるだけで、給与が上がる可能性もあるからです。

採用担当者として良いと思う、伝え方とちょっとしたテクニックをご紹介します。

面接前に一読していってください。

面接で年収を聞かれたらチャンス!

面接で前職の年収や希望年収を聞かれる事があると思います。給与について聞かれるという事は企業側があなたに興味を示している証です。自社の給与規定にはまるかを確認し、給与面で求職者が納得し、ミスマッチなく迎え入れられるかどうかの判断基準にしているのです。

【年収のヒアリング=欲しいと思った人の希望額が出せるか確認している】と思ってください。

例え欲しい人材であったとしても、あまりにも前職との給与とかけ離れてしまうか、非現実的な希望額だと諦めざるを得ません。

それまでの面接の受け答えで、『自社には残念ながら必要ない』と判断した場合は、そもそも給与の話などしません。

総支給額(年収)を伝えるべきか 手取り額を伝えるべきか

面接で気になった人材がいた場合、当然私も『希望年収はどれくらいですか?前職での年収はいくらでしたか?』とお聞きします。その時意外に多いのが自分の年収を知らない人が多いという事。そういった方は大抵『年収は分かりませんが、手取りでこれくらいです』とお答えになられます。

手取りで大体の年収は想像できますが、地域によって税率は異なりますし、手取りに交通費が含まれているのか含まれていないのかも分かりません。一体どれくらいの控除があって今言っている【手取り額】になっているのかが曖昧になり、自社の給与テーブルと比較が難しくなってしまいます。そうなってくると候補者がイメージしている給与と企業が提示する給与にズレが生じてしまいます。あらかじめ総支給額を伝える事で、無駄なズレがなくなるので、希望給与・現給与を聞かれた場合は必ず総支給額(年収)を伝えて下さい。 

総支給額と手取り額の違い

ここで一度総支給額と手取り額の違いをクリアにしておきましょう。

総支給額とは

総支給額とは社会保険料や住民税、所得税など控除される前の支給額を指します。交通費や賞与、残業代なども含みます。

手取とは

簡単に言えば給与受け取り口座に振り込まれる額です。会社から支給された給与から上で述べた社会保険料や住民税などが差し引かれたお金を指します。

総支給額を伝える事が年収アップに繋がる

上記で述べたように総支給額には賞与や残業代なども含みます。もし、決算賞与などの臨時ボーナスなどもあれば当然総支給額として扱われます。希望給与を聞かれた際に、月々の手取りのみを伝えてた場合、それら+αの収入が見えず希望額に届かない原因になる可能性があります。年収は月々の給与を単純に足しただけではありません。全て込みの総支給額を伝え、『生活の為これ以上は下げられません。同等かそれ以上の給与を希望します。』とはっきりと伝えるべきです。

ただこれは同業種への転職に限ります。もしあなたが全く別業界に転職を試みるのであれば、それ以上の給与を求める事はハードルが高くなるでしょう。

また、残業代・交通費は含んで良いのか?という声を聞きますが、もちろんOKです。

総支給額はどこで確認出来る?

では、総支給額は一体どこで確認出来るのでしょうか。確認は簡単です。毎年年末に会社から渡される源泉徴収票の支給額に記載されている額が【総支給額】になります。

ただここでよくある問題が、必要な時に源泉徴収票が見当たらないという事。
源泉徴収票の再発行自体は、会社に言えば出してくれますので簡単です。

問題は、(すでに退職の意向を伝え転職活動を行っているのであれば、堂々と再発行をお願い出来ますが)黙って転職活動している場合とても気まずい事です。

もし私が再発行を頼まれたら転職を疑います(笑)

嘘の申告はやめよう

年収を上げたいからといって嘘の申告だけは絶対にやめましょう。即バレます。中途社員には年末調整で必要になるので前職の源泉徴収票の提出を求めます。その源泉徴収票を見れば一発で前職の年収が分かってしまいます。そうなれば今後の査定に影響を及ぼす可能性もありますし、会社によっては虚偽の報告をしたという事で内定取り消しなんて事にもなりかねません。

面接時に給与交渉はあり?

これから働いていく上で、給与額はモチベーションにも繋がりますし、それぞれの生活があるので、給与額を気にするのは当然だと思います。

ただ聞き方に気を付けないと、印象が悪くなる場合もあるので以下のポイントに気を付けて下さい。

自分から切り出すのは避ける

面接官が給与条件の話をしている時に、給与の質問や交渉をするのはもちろんありです。ただ何もきっかけがない状態で、唐突に給与の話をするのは避けた方が良いです。いくら良い志望動機を伝えていたとしても、転職の目的は『結局お金??』となりかねません。

給与アップが目的でも良いとは思いますが、残念ながら今の日本ではそれを言ってしまうと印象が悪くなる場合が多いです。私はそういった方の方がしっかりと給与分働いてくれるので、分かりやすくて好きですが。(笑)

納得できる根拠があれば可

良いタイミングを給与交渉の話になったとしても、給与を上げる“根拠”がなければ話になりません。『私にはこういったスキル・経験があるので、このように御社に貢献できます』と断言できる根拠を持って臨んでください。

ただ上げて欲しいでは、『なぜ?』で終わります。

エージェントを通して交渉した方が無難

いずれにせよ自分で給与交渉をするのはリスクが高いので、自主応募でもない限り避けた方が無難です。給与交渉はプロのエージェントに任せ、その他の準備に集中しましょう。

前職の給与は関係あるのか

当然関係あります。給与を決める際になにより優先するのは自社の給与規定ですが、参考値として前職での給与を考慮します。本当に欲しい人材の場合は、前職の給与より下げる事避けます。逆に前職の給与がとても低かった場合は基本的にはそれに合わせて下げる事もしません。その方のこれまでの経験や資格・スキルをみて自社の給与規定に当てはめ給与を決めます。

まとめ

言い方一つで、伝わり方は大きく変わります。特に転職は自身の人生に大きく影響を与える分岐点なので、慎重に事を進めるべきです。ちょっとした言い方の失敗でミスマッチが生まれないように、今回ご紹介した伝え方とテクニックを頭の片隅に入れておいていただけると嬉しいです。

皆様の転職活動が上手くいくように陰ながら応援しております。

最新情報をチェックしよう!
Translate »