アパレル販売員にファッションセンスは必要?|それよりも販売力が重要

アパレル販売員を目指す人
アパレルで働きたいんだけど、ぼくってファッションセンス0なのよね。

やっぱり面接で私服チェックされるのかな?

はあ、面接って何着てけばいいんだろう。

ぼくの内面を見てくれたらいいのになあ。

ドリス
今日はこんな疑問に答えます。
エルバス
販売員にファッションセンスは必要ではありません。

【記事の内容】

✓アパレル販売員にファッションセンスは必要?

✓アパレル販売員が求められるもの

✓面接で見られるのはどこ?

✓ファッションセンスは自然と身に付く

こんにちは。

エルバス(@elbaz_side_job)です。

ぼくは前職まで10年近くアパレル業界で営業として働いていました。

採用にも携わり、多くの方と面接をしてきました。

エルバス
そんな経験から、アパレル販売員を目指す方に『働くのにファッションセンスは必要ですか?』という質問をいただくことがあります。

答えは『NO』です。

デザイナーを目指すなら話は別ですが、販売員で働くのにファッションセンスは不要です。

エルバス
今日はその理由についてお話しします。

アパレル販売員にファッションセンスは必要?

かつてデザイナーズブランドが人気だった頃は、『このブランドを着ていれば、ステータスになる』なんて考えを持つ人もいました。

そのため、ブランドの認知度が高ければ、接客なんてしなくても服は売れていました。

エルバス
いまは、そうはいきません。

ライフスタイルは多様化し、それぞれのライフスタイルに合わせて服を選ぶ時代です。

『〇〇の服だから』なんてことで服は売れません。

ブランド力で売れるのは一部のラグジュアリーブランドだけです。

そんな時代に販売員が求められる能力は、ニーズを引き出し、それに見合ったものを提案する力です。

ファッションセンスよりもコミュニケーション能力

ニーズを引き出すには、会話をするしかありません。

インターネットで服が買える時代にわざわざお店にくるお客さんは、何かしら目的があります。

会話の中でその目的を引き出し、提案することでようやく購入に繋がります。

エルバス
販売員のファッションセンスなんて正直誰も見ていません。

ファッションセンスよりも提案力

ニーズを引き出した後に求められるのは、お客さんがイメージしているものを理解し、的確に商品を提案する能力です。

ドリス
いくらニーズを引き出しても、的外れな商品を持っていったら意味がないよね。

また自分のセンスを押し付けても購買には繋がりません。

アパレル販売員が求められるもの

現代のアパレル販売員が求められるのは以下の通りです。

  • 幅広い知識
  • 語学力
エルバス
それぞれご説明します。

売上が高い販売員は博学

結果を出す販売員は、みな博学です。

どんなお客さんが来ても、会話ができます。

エルバス
特に高級ブランドに来るお客さんは、それなりの地位にある人も多く、会話についていけるかが重要です。

服の知識だけではなく、経済・環境・スポーツなど幅広い知識を持ち、対応しています。

語学力も重要

また、最近はインバウンド需要も大きいので、外国人に対応できる語学力も必要です。

その為、語学力に長けた人が積極的に採用されています。

エルバス
給与も語学力の有る無しで変わってくるほどです。

面接で見られるのはどこ?

前述したように、ニーズを引き出すには会話が必要です。

お客さんのライフスタイルに合わせた会話ができるかどうか。

エルバス
つまり『コミュニケーション能力』、そしてニーズを引き出したあとの『提案力』です。

アパレルの面接だからと言って、服の知識やトレンドについての話などしません。

こちらの質問に対して、適切な答えができるかを1番見ています。

ブランドイメージに合うかどうか

面接で服装を見るとすれば、センスよりも自社ブランドの服が似合うかどうかです。

ブランドそれぞれに狙うターゲット層があり、着る人のイメージがあります。

エルバス
そのイメージからかけ離れていると、残念ながら採用されない場合があります。

そのため、センスなんかを意識するのではなく、ブランドイメージを理解し、それに近づけた服装を心がけた方がよっぽど面接官の目に止まります。

清潔感

販売員は毎回同じお客さんを接客するわけではなく、不特定多数の人と日々接することになります。

そうなると大事なのが第一印象。

第一印象の見た目でその人のイメージの9割が決まってしまいます。

やはり印象が良いのは、清潔感のある人です。

エルバス
面接官は、応募者が入室した時に受けるファーストインプレッションも大事にしています。

ラグジュアリーブランドはそもそも制服貸与

ちなみにラグジュアリーブランドでは商品ではなく、制服が貸与されます。

エルバス
その為、そもそも自分のセンスなど必要とされていません。

もちろんコーディネートなどのセンスは必要ですが、面接でそこまで見ていませんし、店舗で経験を積み身につければOKです。

ファッションセンスは自然と身に付く

ファッションセンスがあるからと言って、販売員に向いているわけではありませんが、あるに越したことはありません。

エルバス
とはいえ、ファッションセンスは勉強したからと言って身につくものでもありません。

ファッションセンスを身につける1番の方法は、店頭に立つことです。

販売員でいる以上、嫌が応にも服のコーディネートや店頭のレイアウトを学ぶことになります。

どんな組み合わせが売れるのか
どんなレイアウトが目に止まるのか

反応があるものが、当然人気があるということです。

エルバス
これを繰り返していくことで、センスは自然と磨かれます。

まとめ|ファッションセンスよりも内面を磨こう

✓アパレル販売員にファッションセンスは必要?

✓アパレル販売員が求められるもの

✓面接で見られるのはどこ?

✓ファッションセンスは自然と身に付く

についてまとめました。

アパレルだからと言って、ファッションセンスが必要なわけではありません。

エルバス
実際、いくらおしゃれだからと言って、採用を決めたことは一度もありません。

必要なのは、つまるところ『販売力』です。

販売力を身につけるには、本日ご紹介した、コミュニケーション能力、提案力、語学力が必要だったりします。

エルバス
販売員として成功を目指すならば、外面だけではなく内面を磨くことも重要です。
ドリス
それじゃね♪

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。