【経験談】外資系の英語面接対策はDMM英会話を使った訓練がお勧め!!

英語の面接対策で何が一番大事か教えます!

それは想定質問に対しての回答を『暗記』する事ではなく、英語の面接に『慣れ』てしまう事です。

誰が相手であろうが、英語が自然と口から出るように訓練しておく事が何より重要です。

僕は今まで外資系の企業で2回転職を行い、どちらも自分が望んだ企業から内定をいただく事が出来ました。
その時に僕が実践した英語面接の対策をご紹介します!

暗記ではなく面接に慣れよう!!

いくら喋りたい事をしっかり暗記しておいても、本番で覚えた事が口から出なけれな何の意味もありません。
特に中途採用の面接の場合、止まってしまったり、口ごもってしまうと”戦力外”で即アウト!です。

特に緊張しやすい方の場合は、暗記だけして面接に臨むと大抵の場合失敗します。

そう断言出来るのは、実際に僕がその失敗を何度も繰り返したからです。

僕は極度の上がり症で、日本人相手でもいくら事前に準備していても面接になると頭が真っ白になってしまいます。しかし、僕にはどうしても入りたい企業があったので、本命の前に同種の企業の面接を何回も受け、実践練習を行いました。

すると不思議なもので、数多く面接をこなしていくうちに、緊張も何も感じなくなりました。
そうです、面接に慣れたのです。

慣れてくると『聞かれる事は大体どこも同じだし、人が変わるだけで自分が伝えるべき事は変わりはしない』と思えるようになります。(※注意 企業に合わせて多少内容を変える必要はあります)

この状態を英語面接でも作れば良いのです。

ただ問題は、日本人相手のようにそうそう英語の面接をする機会がない事です。

そこで僕は、外国人が目の前にいても練習通り喋れるように、安くて手軽に出来る『DMM英会話』を使って面接対策をする事にしました。

本来は英会話教室に通うのが一番かもしれませんが、金銭的余裕もないし、現職が忙しいので通っている暇もない。
そんな僕にうってつけだったのがリーズナブルで好きな時間に英会話の練習が出来る『DMM英会話』でした。

一ヶ月間毎日外国人講師相手に英語面接の練習を行った結果、本番も特に緊張する事もなくスムーズに受け答えする事が出来ました。

練習した事は血となり肉となります。どんな相手だろうが対策を十分に行う事で、自然と口から出るようになります。

僕はその練習のお陰で、以前から志望していたアパレルの有名な外資系企業から内定をもらうことが出来ました。

英語の面接対策は想定質問の答えを暗記するのではなく、”実践練習”が何より大事です。

英語面接の対策本は一つで十分

英語が得意な人は良いですが、さすがにいきなり実践練習は難しいので、まずは想定質問に対する自分なりの答えを用意しておく事をお勧めします。

ネット上にも、書店にも『英語面接対策』の記事や書籍が沢山ありますので、参考にして下さい。

ただ、どれか一つに絞ってください!!

質問集を多く見れば見るほど混乱し、不安になります。
『全部答えられるようにならなきゃ』と全ての質問に対して答えなくてはと余計は心配が増えるだけです。
質問の聞かれ方は異なっても、質問の本質はどこもほとんど変わりません。一つに集中するだけで十分です。

そして、さっさと答えを用意して実践練習を始めた方が良いです!

僕の場合は、本は買ったものの、大して使わず基礎の基礎と思われる下記の質問くらいにしか答えを用意しませんでした。その代わり、一つの質問を掘り下げ答えを用意し、どんな質問がきても応用して答えられるようにしました。

自己紹介

志望動機

経歴&実績

強み・弱み

キャリアプラン

質問

不安な方は一冊どうぞ!

さあ、ここまで準備が整ったら、後は実践練習をするだけです!

DMM英会話を使って実践練習を始めよう!!

先ほども少し触れましたが、DMM英会話であれば、オンラインなので忙しい社会人であっても好きな時間に受講が出来ますし、値段も入会金や教材費など一切発生しないので、とてリーズナブルです。

また、パソコンでいちいちスカイプを用意しなくても、スマートフォンやタブレットがあれば内蔵カメラでどこでも出来ますので、気軽に始める事が出来ます。

※詳しいDMM英会話のシステムについては後述します。

さて、準備が整ったら事前にどんな内容の英会話レッスンをして欲しいか伝える事が出来るので、『Job interview』と伝えておきましょう。

そうする事で、先生が面接官役をしてくれます。

 

始まったら、事前に学習しておいた想定質問に対する答えをスムーズに答えられるようになるまで、先生に喋ってみましょう!
ちゃんと文法や言い回し、発音(ネイティブじゃないと微妙な時もあります…)も教えてくれるので、自分の用意していた答えをどんどん改善する事も出来ます。

日々練習を繰り返し行う事で、どんな先生が出てきてもちゃんと伝わるようになり、自信が付きます。

そして英語をしゃべる事に違和感を感じなくなり、自然と話せるようになります。

その頃には、用意した答えが最高の状態にアップデートされていますので、英語の面接対策はこれでバッチリです!

 

よく、面接対策に書かれいる事で、鏡の前で自分に向かって練習しましょうとありますが、それよりもよっぽど効果的です。一人でこれであっているかな、この発音で伝わるかなと悩んでいるのであれば、実際に伝えてみましょう。

実践の練習が何より役に立ちます。

 

DMM英会話のシステム

DMM英会話にはスタンダードプランプラスネイティブプランの2プランが用意されており、いずれも月払い制になっています。ちなみに、勝手に自動更新はないのでご安心ください。

まずプランの選択ですがネイティブと話したい方は、プラスネイティブプランを選んでください。

ただ今回の目的は、英語の面接対策なので、スタンダードプランで十分です。
面接官がネイティブとは限りませんし、どんな相手が出てきても対応出来るようにあえてスタンダードプランを選ぶべきです。

また、料金もネイティブとそれ以外では大きく差があるので、手軽に済ませられるスタンダードプランがお勧めです。

システムはレッスン1回25分制となっています。
そのレッスンを1日何回受けるかで料金が変わってきます。

選べるのは料金は、

 

1日1回レッスンで5,950円

1日2回レッスン9,980円

1日3回レッスン13,980円

 

ちなみにネイティブプランだと、

 

1日1回レッスン15,800円

1日2回レッスン31,200円

1日3回レッスン45,100円

になっています。

面接までまだ時間の余裕がある方は、 1日1回レッスンで経験上十分です。あまり詰めても復習する時間がなくなってしまうので、余裕を持って受講する事をお勧めします。
もし面接までに日がないようであれば、2回・3回一気に受けて短期決戦で臨みましょう。

スタンダードプランの場合、無料体験を2回受けられるので、どんな感じか試したい方はまずは無料体験を受けてみて下さい。また、ある程度英語が出来る方は無料体験2回受けるだけでも十分練習になると思います。

まとめ

英語面接の練習は、何より実践形式が身になります。
事前に外国人相手に話した経験がある無しだと、断然ある方がスムーズに面接を進める事が出来ます!

特に英語面接を不安に思う方は、必ず事前に”慣れ”ておきましょう!

その準備を行う中でDMM英会話は安い上に、気軽に使う事が出来るのでとてもお勧めです。
是非一度お試しください。

あなたの就職・転職が上手くいく事を陰ながら応援しています。

それでは!

DMM英会話の申込はこちら↓

転職アプリなら”ミイダス”

新しい転職の仕方!

自分の市場価値を調べるのに最高のツール“ミイダス”

人材紹介会社や求人サイトでの転職の時代は終わりつつあります。

スマホでもっと手軽に出来る全く新しい転職サービスが誕生しました!

こんな方におすすめ

  • 自分の市場価値を知りたい
  • 転職を考えているけれど、どうしたらいいか分からない
  • 転職活動している暇がない
  • 求人サイト・人材紹介会社に登録するのは面倒

おすすめのポイント
✔5分の登録で優良企業50,000社に経歴を公開出来る!

✔企業からのオファーはすべて面接確約!(書類選考なし)

✔自分の市場価値を確認出来る!

✔自分に興味を持っている企業が分かる!

✔希望条件を先に伝える事が出来る(精度の高いマッチング!)

✔気になる転職事例を閲覧出来る!

✔自分の強み・適正が確認できる!

✔無料!

エルバス
これだけの事がたった5分の登録で出来てしまいます!

ドリス
転職を考えていなくても、自分の市場価値や適性を知る事が大事だよね!

まずは登録してみよう!

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。