クラウドソーシングって本当に稼げるの? 第三話


こんにちは。
エルバスです。
クラウドソーシングって本当に稼げるの?第二話から少し間が空いてしまい、申し訳ないです。

第二話では僕が初めて”プロジェクト形式”の仕事を行った話を書かせていただきました。

プロジェクト形式って何?と思われた方は是非過去の記事をご覧ください。
クラウドソーシングって本当に稼げるの? 第一話

精神と体力の消耗が著しく、時間もかなり消費した仕事になりましたが、何はともあれ“プロジェクト形式”で実績を作る事に成功しました。
さて、この実績を持ち、次は何の仕事をしてみよう。

次に選んだ仕事

クラウドソーシングでよくあるプロジェクト形式の仕事といえば、通販サイトへの登録代行業務です。
僕は基本的に単発の仕事ではなく継続的に出来る仕事をしたいと思っています。
ですので、常に人を募集していて仕事が途切れる事がないだろうと踏んで、この登録代行の仕事に応募する事にしました。

数多くの求人の中から適当に選び応募したところ、電話での面接を経て即採用が決まりました。
応募から採用まで3日目程度でした。

仕事内容

各通販サイトの商品登録フォーマットに従って

画像加工
商品説明
サイズ
カラー
素材入力

などの情報の登録が主な業務です。
またクライアントそれぞれオリジナリティを出そうとするので、それに合わせて加工していきます。

実際のところ

仕事を開始して、すぐにこれでは稼げないと判断しました。
確かに仕事は沢山ありますが、仕事内容に対して単価が低すぎる…
常に求人を出している訳が分かりました。

僕が応募した仕事の報酬は300件登録で1万円でした。
1件およそ33円の報酬となります。

自身ネットオークションなどで同じようなことをしていたので、仕事の進め方はすぐに理解できました。
が、やはり自分の持ち物売るのとはわけが違います。
知らない商品について説明文を書くことは大変です。
またサイズもブランドごとに表記が異なるので、いちいち調べなくてはなりません。
海外ブランドであれば、和訳の時間も+αで掛かります。
僕が1件上げるのに要した時間は15分。
300件登録するまでに一体どれだけ時間かかるんだ…汗
慣れてくればもっとスピードアップ出来るとは思いますが、効率が悪すぎます。

労働≠対価

300件登録しないと1万円の報酬は発生しないので、このペースでは稼げて月に1万円
他のワーカーはどれくらいこの仕事で報酬を得られているのだろうと疑問が湧きました。

この手の仕事は一人のクライアントが多くのワーカーを抱え込み、仕事を分担して行っているケースが多いです。
その為、業務内容をネット上で共有し仕事を進めていくスタイルが多いです。
そこでそれぞれの進捗状況が見れるようになっているので、確認してみました。
一覧を見たところ、かなりやりこんでいる人でもやはり月に300件が限度。
多くの人が、2か月で300件に届くかどうか。

これでは希望もない。
そして何より、仕事が面白くない。
これは仕事ではなく、作業です。
クラウドソーシングの多くの仕事がこの手の仕事だと思いますが、自分がやりたい事とは違うな。
と感じました。
(最初に把握してから応募しろよ…という感じですが)

この仕事が向いている方は、

単純作業が好きな方
やった分だけ分かりやすく金額にしたい方
小遣い程度の収入で十分という方

におすすめの仕事だと思います。

最後に

僕は自分のスキルを活かして(スキルなんてありませんが。汗)その能力に応じて評価される仕事がしたいので、この仕事は2日で辞退させていただきました。
さて、次は何の仕事をしよう。
この続きはまた。

それではまた

人気ブログランキング参加しています!
気に入ってくださった方は、クリックお願いします!!

人気ブログランキング

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。