流行りの【ダッドシューズ】について!最近のアパレル業界について考察。


こんにちは。
エルバスです。

クラウドソーシングの話と前後してしまうのですが、前職がアパレルだったという事もあり、最近ファション系のライティングのお仕事をいただく機会が多いです。
その記事を書いている中で『これはどうしても伝えたい!!』
と思った事があるので、今回は書かせていただきます。

(※完全に僕の偏見なので、何言ってんのと思う方は無視してください。)

今流行りの物

皆さん、今ストリートのファッショニスタ達の間で注目を浴びているスニーカーは何かご存知ですか?

それは…なんと…

“お父さんの靴”です。

え?何それ?

という方は下の写真をご覧ください。


出典元:https://matome.naver.jp/odai/2151877962837262501

そう、休日のお父さんが履いてるやつです。
ボテッとしてて数あるスニーカーの中でなんであえてそれを選んだの?
と聞きたくなるやつ。
ホームセンターとかで売ってやつです。

それがなんと2018年のマストアイテムはこの”お父さんの靴”で決まっています。

ファッション業界ではこの靴を“ダットスニーカー”と呼びます。
でも騙されないでください。
横文字で格好良く聞こえますが、所詮お父さんの靴です。

バレンシアガに始まり、今季各大手メゾンのシャネルやルイヴィトンなどもこの“お父さん靴”を展開しています。

各メゾンのダッドスニーカー

バレンシアガ“ダッドスニーカー”

画像参照:https://www.balenciaga.com/jp/triple-s-shoes_cod11331261vw.html

シャネル“ダッドスニーカー”

画像参照:http://www.chanel.com/ja_JP/fashion/products/shoes/g/s.sneakers-calfskin-patent-calfskin-navy.18S.G33862Y51721K0789.c.18S.html

ルイヴィトン“ダッドスニーカー”

画像参照:https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/products/lv-archlight-sneaker-nvprod810019v#1A43KL

可愛いですね〜。
ぜひ欲しい。
って、褒めてる場合じゃないんです!!
それに今回はこのお父さん靴を紹介したい訳じゃないんです。

デザイナーズブランドのあり方

僕は昔からデザイナーズブランドが好きでした。
唯一無二の独自性あるデザインを作り上げるデザイナーズブランドが大好きでした。
そこからブランドビジネスに興味を持ち、アパレル業界に入った訳です。
そんな僕の中では、オンリーワンの作品を展開するデザイナーズブランドは憧れでしかありません。

現在では人が服を選ぶ時代ですが、かつては洋服が人を選ぶ時代がありました。
デザイナーが作り出した作品を、『着れる人が着れば良い』『着れない奴は客として必要ない』という考え方でした。
(今そんなこと言ったら、誰も寄り付かないでしょうが…)

僕にとってブランドは、

”流行”を発信するもの
唯一無二の世界観を打ち出すもの
それを他が真似るもの
人が服に合わせるもの

です。
(まあ今や僕の着る服はほとんどユ○クロですが)

大衆向け・中堅ブランドはもちろん消費者目線でいいと思います。
でも、僕の憧れる大手メゾンは上から目線でいいんです!
そして何より他を真似ちゃダメなんです!

僕がなんでこんな事を言うかというと…
『大手メゾンが流行を追ってどうすんねん!!』
と言いたい訳です!!

今季こぞって各メゾンが“お父さん靴”を発表している訳ですが、
正直、お父さん靴の流行の先駆けはNikeニューバランスです。

以前、Nikeのエアマックスの復刻モデルが流行ったり、お父さんの靴と言われていたニューバランスが大流行しましたよね?
流行はもう先に出ていて、大手メゾンが真似てるだけなんです!!

流行を作り出すメゾンが完全に後出しです!!
と言いたい!!

と言う、僕の怒り(偏見)でした。

最後に

僕の勝手意見に最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
憧れは憧れのままで。

それではまた

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。