ニューバランスM1700はダサい?いや、ダサくない。最高に格好いい!

M1700は個人的にニューバランスの数あるモデルの中でも1、2位を争うほど大好きなモデルです。

そしてこのM1700への愛を伝えるべく、以前M1700のレビュー記事を書きました。

僕の愛が伝わったのか、検索上位に表示していただけるようになり感謝の気持ちでいっぱいでした。

しかし、検索キーワードを調べてみると『M1700 ダサい』からの流入がほとんど。

…え?(´;ω;`)

ちょっと待ったー!!!!M1700を貶める為に書いたわけじゃない(;´Д`)

 

今日はM1700信者として、M1700を『ダサい』という方々への反論記事を書かせていただきます。

 

そもそもなぜニューバランスはダサいと言われるのか

僕が思うにニューバランスは『おっさんが履く靴』というイメージが強いせいです。

今では多くのモデルが展開され、プライスレンジも広がりました。しかし日本に入りたての頃は非常に高価で、お金を持ったおっさんしか買えませんでした。必然的におっさんたちが履いているというイメージを刷り込まれたわけです。

またニューバランスは見た目だけでなく、機能性もとても優れた靴です。ですので、デザイン性がどうこうというよりも、『履き心地に惹かれたファン』が非常に多いのがニューバランスの特徴です。

ファッション目的ではなく、『履き心地』優先で服装に興味のないおっさん達に選ばれ続けた結果、『おっさん靴』というイメージが定着したのではと思っています。

※大いに僕の独断と偏見が強く入っています。

ニューバランスを日本のファッションシーンに持ち込んだ立役者

そんなおっさん靴のイメージの強いニューバランスに転機が訪れます。

ファッションとしてのニューバランスの合わせ方を知らないおっさん達に履かれ続け、『ダサい靴』のイメージが強くなってしまったニューバランスを『お洒落な靴』として日本に広めたのが、人気セレクトショップユナイテッドアローズの上級顧問兼クリエイティブディレクターの栗野宏文さんです。


画像出典元:http://www.mens-ex.jp/

ユナイテッドアローズの店舗でニューバランスを展開し、ファッションとしてのニューバランスをアピールしました。その結果、それまでの野暮ったいイメージが覆り、ファッションシーンでも活躍する靴としてニューバランスは生まれ変わりました。

ちなみに栗野さん自身もかなりのニューバランスの愛好家で、M1700を始め、何十足も所有されています。

栗野さんが気になる方はこちらもどうぞ。

『ダサい』かどうかは実際に履いてから判断してもらいたい

先ほどもお伝えしたように、『おっさんの履く靴』というイメージが先行している方が非常に多いでです。実際、ダサいと言う人の多くはニューバランスを知らない人ばかり。

百歩譲ってお店で実際手にし、試着してみた結果『ダサい』と言うなら仕方ありません。
『好みが合わなかったんですね』と思うだけです。

しかし、手にしてみた事もなくイメージだけで『ダサい』と言われるのは悔しいです!そういう人の多くが何も知らずに『ニューバランスってなんかランニングシューズみたいな野暮ったい靴でしょ?』などと言うのです。

もちろんニューバランスファンの僕でも、全モデルが格好良いとなんて思いません。しかし、好みの問題はあれどM1700は確実に格好良いモデルです。

画像出典元:https://mastered.jp/

 

日本のファッションを牽引してきた栗野氏さんも愛用しているM1700を『ダサい』と否定出来ますか?と聞きたい!

見た目重視のチャラついた靴ではない

ニューバランスは元々アーチサポートや矯正靴・偏平足などを扱う専門店が始まりです。100年の歴史があり、足に関する知識と製造の技術は他のメーカーの比ではありません。

ニューバランス独自のテクノロジーも多く開発され、素晴らしい履き心地を誇ります。

M1700はその中でも1000番台と呼ばれるニューバランスの最高峰のテクノロジーを搭載したフラッグシップモデルです。

ニューバランスの数あるモデルの中でも履き心地はトップクラスです。

また米国製・英国製のモデル(M1700は米国製)はニューバランスの靴職人は一足一足ハンドメイドで製造しています。

工場で大量生産されているような靴とは違います。

真の格好良さ、見た目だけでなく、内面も整っているからこそ格好良いのです。

ニューバランスの格好良さは、まさにそれです。

おっさん靴はダサくない。M1700はダッドシューズの先駆け

2018年ファッションシーンを席巻したトレンドシューズは何かご存知ですか?『ダッドシューズ』と言われる靴です。
ダッドシューズはその名の通り、『おっさんが履くような靴』の事です。今流行りのダッドシューズはボリュームあるシルエットとハイテク感のあるデザインが特徴的です。

ルイヴィトン・シャネル・バレンシアガなど大手メゾンがこぞって展開し、更に人気に火が付きました。

おっさん靴と言えば、そう、散々おっさん靴として馬鹿にされてきたニューバランスです。

M1700はニューバランスの中でもボリュームあるシルエットとハイテク感の強いモデル。まさにキングオブダッドシューズと言えます。

おっさん靴がダサいと否定すれば、逆に流行を知らない事になります。

M1700はオンオフで使える優れモノ!

M1700はボリューム感あるシルエットと近未来を思わせるデザインは存在感ばっちりで、足元にアクセントを加えてくれます。

アッパーの素材にはレザーが使われているので、個性的なデザインでありながらも落ち着いた側面もあわせ持っています。その為、カジュアルシーンにもちろんの事、ジャケパンスタイルに合わせても、大人のモード感を演出できる優れたデザインです。

まとめ

いかがでしょうか?M1700がダサいと思われている方、少しは考え方は変わりましたでしょうか?

ニューバランスの魅力は口だけでは伝えきれないので、是非最初から嫌悪せずに実際に手にして、試着してみてください。そうすればM1700の良さが必ず分かるはずです!

それでは!

併せて読んでいただきたい!

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。