【ニューバランス基礎知識まとめ】歴史・テクノロジー・シリーズ・生産国など

ニューバランスが若い世代だけでなく、年配の男性から支持される理由は、シューズ本体の機能性やデザイン性が単に優れているだけでなく、歴史やテクノロジー、シリーズ毎の特徴などマニアチックな要素が多く、『語れる』魅力があるからだと思っています。

男性はそういうモノの裏にある背景を知ることが大好きな生き物です。マニア心がくすぐられます。僕自身も単に性能が良いというだけでは、ニューバランスにこれほど魅了されてはいなかったでしょう。

知識を持った上で、ニューバランスを選ぶとより一層ニューバランスの魅力が分かります。

ニューバランスの基礎知識をご紹介しますので、これからニューバランスを買おうと思っている方の参考になれば幸いです。

そして読み終わった後に、ニューバランスについて一緒に語りましょう!

ニューバランスの歴史

ニューバランスの原点は、今から100年以上も前の1906年にあります。
イギリスからの移民であるウイリアム・J・ライリーがアメリカのボストンでアーチサポートや扁平足、矯正靴メーカーとして『ニューバランス・アーチ』を設立したのが始まりです。

足に悩みを持つ顧客に対し真摯に耳を傾け、快適な履き心地のシューズを提供し続けました。
その結果多くのファンを獲得し、多くのユーザーから高い評価を得るようになります。

その後培った知識を応用し、一般シューズ製造を開始。
1938年には今のニューバランスの原型となるランニングシューズが誕生し、スポーツシューズ業界へと進出していきました。

順調な成長を続けていたニューバランスですが、1972年に買収される事になります。
新オーナーに就いたのが、現在の代表取締役会長であるジム・デイヴィス氏です。
就任後すぐにデイヴィス氏は、スポーツシューズカテゴリーにより一層注力し始めます。
1976年にM320をリリースすると、これがブレイク。
多くのランナーから支持を得て、ニューバランスの知名度を一気に広める事に成功します。

そして今の確固たる地位を決定付けたのが、1982年に誕生したM990の存在です。
ニューバランス自ら『1000点満点中990点』を付け、その機能性の高さから多くのランナーから賞賛を浴び、世界から注目を集めました。

その3年後の1985年には、今でも多くのニューバランスフリークを魅了するM1300がデビュー。
『スニーカー界のロールスロイス』とまで言われる一足になりました。

その後、M1300と同様に現在でも愛用者の多い、M576やM996、M1400などデザイン性の高いモデルを立て続けに発売。これら全てがヒットし、スポーツ業界のみならずファッションユーザーの取り込みにも成功。一般ユーザーからも愛されるブランドになりました。

今日では日本を含む世界の主要都市に支店を置き、世界的企業へと成長しています。

代表的なニューバランスのテクノロジー

ニューバランスには素晴らしい履き心地を提供する独自のテクノロジーが多く存在します。

その中でもニューバランスの代名詞と言えるテクノロジーは以下の2つです。

ENCAP(エンキャップ)

ENCAPはポリウレタン(PU)素材で高い衝撃吸収性を誇るEVA(エヴァ)素材を包み込んだニューバランス独自の構造を意味しています。

優れた安定性とクッション性を発揮します。

ABZORB(アブゾーブ)

ABZORBはミッドソールに搭載されているクッション素材の事です。このテクノロジーは着地の際の衝撃をクッション素材が吸収し、その衝撃を反発エネルギーに変え、次の一歩を蹴り出すエネルギーに変換し、快適なランニングを提供してくれます。

ニューバランスのラスト(木型)

基礎知識で覚えておくべき、ニューバランスのラストは2つです。

SL-1

ニューバランスで一番ベーシックなラストでシャープな作りになっています。
代表的なモデルは、M996やM1500、M1700が挙げられます。
基本的に#990シリーズに多く使用され、スッキリしたモデルを選びたい場合はこちらがお勧めです。

シャープなシルエットのSL-1

SL-2 

SL-1に比べややボリュームがあるラストです。
代表的なモデルは、M576やM1300、M1400が挙げられます。
基本的に#500シリーズに多く見られ、今流行りの”ダッドシューズ”のような足元にボリュームを持たせたい場合はこちらのラストがお勧めです。

一概には言えませんが、日本人の足にはSL-2のラストが合っていると言われています。

ややボリューミーなSL-2

ニューバランスのウィズサイジング

画像参照:New Balance公式サイト

定番モデルの多くがD(やや細い)か2E(標準)ウィズが採用されています。現在販売しているM1300CLSなど物によっては、どちらのウィズも選択できるモデルもあります。

自分に適したウィズはニューバランスの直営店で計測可能です。

ニューバランスの部位の名称

よく各モデルの紹介で『ミッドーソールにABZORBが搭載され、アウトソールにはNデュランスが採用』など記載されているケースを見かけます。

しかし、素人からすると『一体どこの事を言ってるの?』となりませんか?

頻繁に使われる部位の名称を図でまとめましたので参考にしてください。

ニューバランス代表シリーズ

ニューバランスは大きく分けて3種類のシリーズに分ける事ができます。

各シリーズは使用されるシーンで分けられています。

#500シリーズ トレイルランニングモデル
#990シリーズ ロードランニングモデル
#1000シリーズ ハイテクノロジーモデル(フラッグシップモデル)

#500シリーズはオフロードシーン。

#990シリーズはオンロードシーン。


#1000シリーズは最新テクノロジーを搭載したフラッグシップモデル。

ニューバランスの数字意味と各モデルの詳細

シリーズ内の各モデルがアップデートするたびに数字が変化していきます。

例:M575→M576→M577→M580→M585

各シリーズのモデルの詳細はこちら↓

#500シリーズ

#990シリーズ

#1000シリーズ

ニューバランスの生産国の違い

ニューバランスの生産国は大きく分けて3つに分ける事ができます。

米国製

ニューバランス最新のテクノロジーが搭載されたフラッグシップモデルを主に製造しています。

代表モデル:M990、M1700、M2040など

英国製

スポーツシューズに通常使用しないレザーやヌバック素材などクラフトマンシップ溢れるモデルを製造しています。

代表モデル:M576、M1500など

アジア製

中国やベトナム、インドネシアなどに拠点を起き、米国製・英国製の廉価版を製造しています。
廉価版と言っても、品質はとても高いです。

米国製・英国製が最高級モデルだとするとアジア製は高級モデルと言えます。

代表モデル:ML574(ニューバランスICONICモデル)

まとめ

今回ご紹介した知識は基礎知識です。ニューバランスはまだまだ奥深く、知れば知るほどニューバランスの虜になります。

しかし今回ご紹介した知識だけでも十分にニューバランスを語る事が出来ますし、何より今後のニューバランス選びがより楽しくなると信じています。

是非一緒にニューバランスについて語りましょう!

それでは。

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。