ニューバランス【M1700】1000番台最高の履き心地。機能・デザイン購入レビュー

こんにちは、NBマニアのエルバスです。

エルバス
今日はニューバランスの不朽ふきゅうの名作であるM1700をご紹介します!
ドリス
お!パパさんの勝負靴だね!
エルバス
うん!数あるニューバランスの中でも特にお気に入りのモデルの一つだよ♪

M1700はのオリジナルは1999年にリリースされたモデルです。

発売以降、コアなファンから根強い人気があり、ニューバランスが誇るハイエンドスニーカーの一つ。

1000番台最後のフラッグシップモデルとしても有名なモデルです。

そんなM1700が2016年1月に17年の時を経て、当時のテクノロジーとデザインをそのままに”USAメイド”の復刻版がリリースされました!

復刻を待ち侘びた多くのファンを喜ばせました。

エルバス
エルバスもこの度2足目を購入したので、改めてM1700の履き心地とその魅力をご紹介したいと思います。

M1700との出会い

エルバス
オリジナルが販売された当時、エルバスはまだ高校生でした。

M1700の実物を見たのは復刻版がリリースされてからです。

ドリス
パパさんがM1700の魅力にどっぷりはまったのは社会人になってからだね♪

それまでNB愛用者に『今まででお気に入りモデルは何か?』と聞くと大抵返ってくるのが『M1700』。

エルバス
NBファンとしては先輩方から熱い支持を受けているM1700の存在が気になって仕方なかったです!

しかし、M1700は過去の名品としてすでに生産はストップ。

実際に手にすることは叶わず、悶々とした日々を過ごしていました。

そしてついに待ちに待った【復刻版】が発売され、履いた瞬間から今までのNBとは明らかに違う”履き心地”と、その”スタイリッシュなデザイン”の虜になり、以降お気に入りモデルとして履き続けています。

M1700とは


M1700はM1600の後継モデルとして、1999年に発売されました。

当時ニューバランスのハイエンドスニーカーとして満を持して登場し、1000シリーズ最後のフラッグシップモデルとなりました。

搭載機能は当時のニューバランスの最新テクノロジーが全て搭載されています。

アウトソールには耐摩耗性に優れたN duranceエヌデュランスを搭載。

ミッドソールには着地の際の衝撃を吸収し、次の一歩を踏み出す反発エネルギーに変換するニューバランスの代表的なテクノロジーであるABZORBアブゾーブテクノロジーが採用されています。

ABZORBは以前のモデルにも使われていますが、M1700が凄いのは、今までミッドソールの一部にしか使われていなかった「ABZORB」がミッドソール全体に使用されている事です。

加えて安定性とクッション性を向上させるENCAPエンキャップC-CAPシーキャップも搭載され、今までのニューバランスのテクノロジーが全て凝縮された至極の一足となっています。

エルバス
これにより最高の履き心地を実現しました。

多くのNBファンを虜にする理由としてこの素晴らしい履き心地よるところが大きいです。

NB販売店のスタッフに話を聞くと、復刻版M1700を購入する方は、当時オリジナルを履いていたお客様がその履き心地を忘れられずに再購入される事が多いそうです。

エルバス
実際、現在の最新モデルと比べてもその履き心地の良さは遜色がありません!

デザイン性も高く、20年前の靴とは思えないモードでスタイリッシュなデザインが特徴的です。

また、アッパーに上質レザーを使用することで、上品で落ち着いた印象もあります。

エルバス
M1700は機能性・デザイン性共に優れた素晴らしい一足です。

復刻モデル

エルバス
2016年に登場した復刻モデルは全3色で展開されています。

オリジナルのグレーに加え、ホワイトブラックが新たに追加されています。(ブラックカラーは現在完売状態。)


参考元:http://store.newbalance.co.jp/aoyama/30490

価格

販売価格は他のUSA・UKメイドのモデルと比べても、かなり高額になっています。

エルバス
しかし、一度履けばその価格も納得出来るはずです。
M1700の価格

・M1700GRA(グレー)34,000+税

・M1700CAA(ブラック)39,000+税

・M1700WN (ホワイト)39,000+税

サイズ展開

復刻版からレディースサイズも登場し、ユニセックスラインになっています。

M1700のサイズ展開

・M1700GRA  WIDTH / SIZE:D / 23センチ-30センチ

・M1700CAA  WIDTH / SIZE:D / 23センチ-29センチ

・M1700WN   WIDTH / SIZE:D / 23センチ- 30センチ

0.5センチ刻みで販売。GRA29.5、CAA28.5、WN29.5はなし。

M1700のお勧めポイント

通好み

1000シリーズ中で一般的に人気が高いのはM1300・M1400・M1500です。

エルバス
正直、それらの定番モデルと比べると、M1700はマイナー感が否めません。

現在ではユニセックスラインが登場した事により認知度が多少上がり、コアなファだけでなくファッションフリークの間でも人気が出ていますが、それでもM1400やM1500と比べれば知る人ぞ知るモデルです。

一方、M1400・M1500は名作ゆえに、どこでも買えるメジャーなモデルです。

人とは少し違うニューバランスを履きたいNBマニアとしては、町で履いていると被る可能性が高いモデルは正直面白くない。

M1700はNBファンの中でも知る人ぞ知るという通好みのモデルなので、町で被る事はほぼありません。

逆にNBを知っている人から見ると『おっ!1700だ!』なんて思われたりします。

エルバス
実際僕も履いている人がいたら目で追ってしまいます。

人と少し違うニューバランスを履きたい方にお勧めの一足です。

フォーマルスタイリングにも活躍

ユナイテッドアローズのクリエイティブディレクター栗野氏も愛用

画像出典元:https://mastered.jp/

M1700はカジュアルシーンだけでなく、ジャケパンやスーツなどドレッシーなスタイリングに合わせても良く映える一足です。

エルバスはプライベートだけでなく、ビジネスシーンのスーツ姿の時でもニューバランスにお世話になっているNBフリークです。

そんなエルバスが思うのは、多くのNBシリーズの中でもM1700は特にモードなスーツスタイルと相性が良いという事です。

トレイルラン・トラックランが原型となっている500・990番台などと比べるとランニングシューズ感が薄く、モード色が強いです。

加えて、アッパーにレザーが使われている事により高級感とエレガンスさもあります。

また、スッキリしたラスト(木型)であるSL-1が使用されているので、他のNBに比べてスッキリしたシルエットが特徴的です。

まるで革靴を履くような感覚で使えます。

エルバス
スーツに合わせても収まりが良く、大人のお洒落コーディネイトを楽しむ事が出来ます!

とりわけM1700のカラーバリエーションの中でもM1700GRAはグレーのスラックスとの相性が良く、とてもお勧めのスタイリングです。

ドリス
スーツに合うニューバランスはこちらでまとめているよ♪

NBマニアがお勧めする、スーツに合うニューバランス7選!

2018年7月25日

他に類をみない履き心地

【ABZORB】を全体に使用する事によって歩く際の衝撃を完全に吸収し、吸収したエネルギーを反発に変え、【ウォーキング・ランニング】を機能的にサポートしてくれます。

最新の990モデルのように軽く、フニャッとした柔らかいソールが好みの方は、M1700は少し重く固いと感じるかもしれません。

しかし、個人的にはこの固さが程よい反発性を生み、こと”歩き”に関してはニューバランスの中でも最高の履き心地だと思っています。

女性にも人気のモデル

 

View this post on Instagram

 

asa102さん(@amy102_happy)がシェアした投稿

先ほどファッションフリークの間でも人気が出ていると言いましたが、特にお洒落な女性からも人気があるのがM1700です。

M1700は今流行りのダッドシューズ感もあり、20年前のモデルでありながらトレンド性もバッチリなモデルなのです。

男女問わず使える靴としてもお勧め出来る一足です。

まとめ

機能面そしてデザイン面においても文句なしにお勧め出来るのが【M1700】です。

まさにハイエンドスニーカーの名に相応しい一足です。

エルバス
価格は少々高めですが、履けば必ず納得しますよ♪

足を通せば必ず虜になるM1700、是非一度お試しください!

ニューバランスM1700はダサい?いや、ダサくない。最高に格好いい!

2018年12月24日

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。