クラウドソーシングは稼げる!一年間働いた僕が正しい稼ぎ方教えます。

僕は本業の傍ら副業としてクラウドソーシングで仕事をしてきました。

間もなく1年が経ちます。

本日はクラウドソーシングで本当に稼げるのかを一度まとめてみたいと思います。

副業が推進される現代において、副業を始めてみようと思われている方は多いですよね。もしくは、自分で稼ぐ力を身に付けて独立したいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そう思われた方の中には、『クラウドソーシングってどうなんよ?』と興味を持った方も多いはずです。

実際に1年間クラウドソーシングを続けてきた僕がお答えします。

 

結論

『稼げます』が僕の答えです。

 

但し、あなたが稼ぎたい額によって『稼げる』の意味合いが変わってきます。

私が言うクラウドソーシングで稼げる額は月3万~5万程度。頑張って10万くらいです。

 

高いですか?低いですか?

 

この額が高いか低いかは、クラウドソーシング一本で生計を立てていきたいと考えている方にはあきらかに少ないでしょうし、小遣い稼ぎ程度なら十分な額でしょう。

 

僕自身は、後者のタイプなので十分だと考えています。

 

僕の稼ぎ方

まず僕のクラウドソーシングでの稼ぎ方をご紹介します。僕はライティングの仕事しかしません。クライアントからテーマを与えられ、それについて調べ、代筆する仕事です。他の仕事で稼ぎたいと思っている方は参考にならないと思いますので、ごめんなさい。

現在僕は、1文字1.5円を相場として仕事をいただいています。

クラウドソーシングでのライティングの仕事の多くは『1文字何円』という報酬設定がほとんどです。

当然経験も実績もない初めの頃は0.3円程度でしか仕事をもらえませんでした。これでは全くお金になりません。1000字書いても300円にしかなりません。しかし、やり続ける中で経験・実績を積み現在の単価まで上がりました。

補足

ライティングの仕事で稼げるようになるまでには、僕のように最初の内は我慢して書き続けるしかありません。書いて書いて書きまくって実績を残さないと単価交渉ができないので、単価を上げられるようになるまである程度時間がかかります。
僕の場合は今の単価になるまでに半年かかりました。(※徐々に上がっていきます。)

早く上げたい方は、自分でブログなどを運営していると強みになります。

条件交渉の際大抵の場合は、テストライティングや今までの手掛けた記事の提出を求められます。手掛けた記事がない場合は、『自分のサイト持っています』と見せる事が出来れば強みになり、単価が上がりやすいです。

話を戻します。

よくある仕事を例に出すと、『3000字程度の記事を10本書いてください。』などの仕事を受けます。

単純計算でそれをしっかりと納品すれば45,000円程度(クラウドワークスに手数料を引かれて40,000円程度)の報酬が手に入ります。僕の場合、調べ物の時間なども含めて1記事要する時間は押しなべて3時間程度です。時給換算すると1,500円くらいです。わりと良い時給だと個人的には思っています。

 

平日は本業と自分のブログ記事を書いているので、週末の気分転換も兼ねた小遣い稼ぎという感じです。もっと頑張ればお金になると思いつつも、月に3000字10本を一回受注するだけで精いっぱいです。

 

クラウドソーシングに力をいれればもっと稼げる

単純に考えて、もっと受注すれば稼げる額は上がっていきます。

上の例でいけば3000字10本を2回行えば80,000円。5回やれば225,000円です。

もし仕事を辞めてこれ一本に専念した場合どうでしょうか。

会社の働き方に合わせて、一日実動8時間・週休2のペースで一日3記事を書いた場合270,000円。

『いやいやもっと頑張れるよ』という方は、30日毎日3000字を3記事書いたとすると400,000円以上は稼げます。

ライティングスピードを上げて受注数を増やし、1文字単価をもっと上げる事が出来れば、一般サラリーマンの平均年収以上は軽く稼げます。

 

本業になり得る可能性もあるがリスクも高い

クラウドソーシングで実績を積んでいくと、同じクライアントからコンスタントに仕事をもらえるようになります。また、クラウドソーシングを通さず仕事のオファーが来ることも出てきます。そうすれば無駄な仲介手数料を取られずに実入りが増えます。

このように利益率を上げる手段はまだまだあります。

 

『結構稼げるじゃん!』と思えますよね。しかし、これはあくまで理想の話です。

これは毎回コンスタントに仕事を受注出来た場合の話です。

自分がやる気でいても、仕事が回ってこない可能性は大いにあります。足元を見られて単価を下げられるかもしれません。クライアントにバックレられる可能性もあります。

月によって仕事量・単価が変動し安定した収入を得られるかどうかの保障がまるでありません。リスクは非常に高いです。

めちゃくちゃ有名になって、常に仕事を切らさない人気ライターになれば話は別ですが。

 

個人的には本業のサブ的な稼ぎでちょうど良い。

自分が頑張った分(書いた分)がお金になるので、とても分かりやすいです。『ここまで頑張ればこの額が入る』という構図は”やりがい”にも繋がります。リスク承知の上で現状を打破したいという方には、丁半博打のFXなどに手を出すよりはお勧め出来るかなと思います。(※あくまで自己責任でお願いします。)

僕にはそのリスクを背負う勇気はありません。やはり本業を持ち安定した収入を得ながら、自分のやりたい時に稼ぐレベルがクラウドソーシングはちょうどいいと思っています。

実際、今月使い過ぎた!あれ欲しいから小金稼ぎしたい!という時によくクラウドソーシングを使っています。

クラウドソーシングは稼げるけれど、『本業にはせず、あくまでサブ的な収入程度にしておくことが良いな。』というのが一年働いてきて思った事です。

 

まとめ

クラウドソーシングは稼げるか?の答えは、

・クラウドソーシングは4~5万程度であれば稼げる。

・稼げるが安定した収入になるとは限らない。

・小遣い稼ぎ程度で使うのがちょうどいいと感じる。

以上です。

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。