満員電車のストレスを0にする|本気で解放されたい人向け【経験談】

満員電車にウンザリしている人

毎朝、満員電車に揺られて会社に着く頃にはヘトヘト。

朝からこんなんじゃ仕事なんてやる気も出ないよ。

夏は汗が気になるし、冬も蒸して汗だく。

地獄だ、、、

後、何年こうやって通勤するんだろう。

もうこんな生活から抜け出したい。

エルバス
今日はこんな悩みに答えます。
ドリス
辛い満員電車から抜け出そう!!

この記事の内容

✔︎満員電車のストレスを0にするには

✔︎都内の会社に通うメリットってなに?

✔︎田舎暮らしも悪くない

こんにちは、通勤時間徒歩3分のエルバス(@elbaz88518231)です。

ぼくは、混雑率180%超えの小田急線と田園都市線で10年以上通学・通勤していました。

毎朝、体が浮くほどの混雑した車内で、ただただ時間が過ぎる事をだけを考えて過ごしていました。

満員電車から解放された今当時を思い返すと、なんて辛く無駄な時間を過ごしていたんだろうと思います。

わざわざ満員電車に乗って都内の会社に行かなくても、他に仕事は沢山ありますし、充分生きていけます。

一度しかない人生を毎日ストレスを感じて過ごすなんて、本当にもったいない事です。

ぼくは、そんな日々に嫌気がさしたので、通勤距離をほぼ0にし、無駄なストレスを人生から排除しました。

そこで今日は、満員電車から解放される為のヒントをご紹介します。

人それぞれ事情があるので、誰もが実践出来ることではないでしょう。

しかし、『こんな考え方・生き方だってあるんだな。』という事を知っていただけるだけでも嬉しいです。

満員電車のストレスを0にするには

エルバス
満員電車のストレスを0にするには、そもそも電車に乗らなければOKです。
ドリス
それじゃあ会社に行けないじゃないか!

ではなぜ、そんな混雑した電車に乗ってまで会社に行くのでしょうか?

その会社が好きだから?

仕事が好きだから?

給料が良いから?

極論ですが、そんなに未練がない会社ならば辞めてしまえば良いんです。

満員電車なんてただの地獄です。

こんな辛い思いまでして会社は行かなければならないのでしょうか?

それだけ今の会社に価値がありますか?

満員電車を回避する方法

満員電車でストレスを減らす方法

など、ネットで検索すれば、沢山情報が出てきますが、それはあくまで工夫であり、根本的解決にはなりません。

満員電車のストレスを0にしたいなら、”乗らなければいい”が僕の答えです。

会社に辿り着いても結局この状態、、、

ぼくの以前の職場も多くの同僚が地獄を通って、クタクタな状態で会社に辿り着き、朝からみんなグッタリ。

そんな状態では、やる気も出なければ仕事の効率も上がりません。

すごい空気が悪い。

朝は脳が1番フレッシュな状態です。

最高のパフォーマンスが出来る時間を、通勤によって搾取されれは非常に勿体ない。

ただただ、みんなでイライラするだけです。

寿命を縮めてまで満員電車に乗るべき?

通勤ラッシュ時の満員電車に乗った際のストレスは、臨戦態勢に入った戦闘機のパイロットや機動隊の隊員よりも高く、ジェットコースターが落下する寸前の2倍以上と試算される

出典:日刊SPA

ドリス
え?満員電車ってそんなに負担がかかるものなの??

満員電車でストレスをためていると、健康被害も引き起こす可能性があります。

例えば、生活習慣病のリスク。

ストレスを感じる事で生活習慣病のリスクが高まることは有名です。

ストレスを感じる状態が続くと、血糖値・血圧が上がり糖尿病・動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞と、数多くの病気を引き起こす可能性が高まります。

その他にも、感染症リスクが高まったりコレステロール、BMI値が高まるとも言われています。

寿命をすり減らしてまで、会社に通いたいですか?

都内の会社に通うメリットってなに?

かつてのぼくもそうでしたが、なぜか都内で働く事に固執していました。

郊外の会社に転職した今、都内で働いていた時のメリットを考えてみても、特に出てきません。

仕事が沢山あるから?

都内の会社はお洒落そうだから?

帰り道買い物が出来て便利だから?

どうしてもやりたい仕事が都内にしかないというのであれば、話は別です。

しかし、ほとんどの仕事が別に都内でしなくたって良い仕事です。

仕事を選り好みしなければ、いくらだって仕事はあります。

実際ぼくは地方で転職活動しましたが、簡単に仕事は見つかりました。

それに今、空間に縛られる働き方が見直されつつあります。

ネット環境が整っていれば、どこだって仕事は出来ます。

もし、何かしらスキルを持っているのであれば、リモートワークだって可能です。

無理して都内の会社に通う必要はありません。

会社に依存した働き方を見直してみませんか?

関連記事↓

会社嫌すぎる!と思ったら即行動|会社から脱出する為の3ステップ

2019年10月15日

 

次にお洒落そうと思う気持ちは、結局他人によく思われたいという事から生まれます。

でもそれは自意識過剰な考えで、誰も都内に通っているからすごい!ステキ!なんて思いません。

みんな自分自身の生活に精一杯なので、他人の事まで考えていません。

ぼくも以前は、都内で働かなきゃ格好悪いと思っていましたが、まるで間違いでした。

現在、田舎の会社で働いていますが、以前よりもはるかに充実しています。

他人がどう思おうとなんて関係ありません。

自分が幸せだと思うことが1番です。

関連記事↓

他人軸と自分軸とは|自分軸の考え方を持つと人生が豊かに【経験論】

2019年10月22日

 

会社帰りに買い物が出来るというのも、ネット環境が整っていればポチれば次の日には届く時代です。

何も会社帰りに買って帰る必要もありません。

それに田舎にだってスーパーもコンビニもあります。日々の必要最低限の暮らしは問題なく送れます。

 

満員電車に揺られて、苦しい思いをしながら、健康を害してまで都内の会社に通う必要性がぼくには見当たりません。

もし、本当にこの生活から抜け出したいと思っているなら、安心してください。

働く場所は都内でなくても、いくらでもあります。

今、住んでいる場所の近くで仕事を探してみてください。

仕事が見つからないなんて事はまずないはずです。

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス 

田舎暮らしも悪くない

ぼくは極端ですが、郊外の会社に転職し、そのまま会社に歩いていける場所に引っ越しました。

会社まで歩いて3分で通えます。

満員電車も通勤時間のストレスからも解放されました。

朝はのんびり過ごし、仕事後が終われば3分で帰宅です。

都内の会社に通っていた時と比べると、心に余裕が圧倒的に生まれました。

都内に通う事をやめて、田舎に引っ越し、そこで生活の基盤を作るのも1つの手です。

固定費を下げられる

ぼくは現在、郊外の会社に転職し、副業しつつ生計を立てています。

充分やっていけてますし、むしろ以前よりも豊かな生活を送れています。

田舎の会社は給与水準は低いです。

しかし、その分固定費も下がったので問題なし。

もっと稼ぎたいのであれば、自分で副業を始めてプラスαを生み出せばOKです。

スマホがあれば基本的に同じ生活が出来る

都内に住んでいた時と今の仕事終わりの生活を考えると、特に変化はありません。

(副業を始めた事を除けば)

スマホでSNSをチェックして、YouTubeを観て、LINEに返信して。

まるで同じです。

何も支障はありません。

都内は行きたい時に行けばいい

ドリス
刺激が足りないと思う方もいるんじゃない?
エルバス
休みの日に行けば充分だよ

満員電車に揺られて会社に通い、仕事終わりに飲んで、終電の混雑に揺られて帰るよりも、休日の空いた時間にのんびり行った方が、よっぽど楽しめます。

終電の時間を気にして、急いで会計をしてダッシュで駅に向かい、ギュウギュウな電車で帰る。

せっかく楽しい気分も一気に冷めます。

都内は行きたい時に余裕を持って行くのが1番です。

SUUMOで賃貸物件を探してみる

まとめ

✔︎満員電車のストレスを0にするには

✔︎都内の会社に通うメリットってなに?

✔︎田舎暮らしも悪くない

についてまとめました。

今回のお話しした事は、少し極端な考え方かもしれません。

しかし、実際ぼくが満員電車に揺られて都内の会社に通っていた時は、こんな穏やかな生活も出来るなんて事は思いもしませんでした。

この先何十年も満員電車でストレスを感じながら会社に通うんだろうなあ、、、と思うだけでした。

もっと早くこんな生活もあるという事に気付いていれば、絶対に即行動していたはずです。

満員電車に乗って、都内の会社に無理して通わなくても、充分生きていけるという考え方があるという事が、以前のぼくと同じように気付かず苦しい思いをしている人に届けば幸いです。

それでは。

関連記事↓

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。