ニューバランスM990v4・M998購入レビュー&両モデルの徹底比較!

先日M998を購入しましたので、#990シリーズ最新作の【M990v4】【M998】徹底的に比較し、その進化の歴史や違いをみていきたいと思います。
23年の時を経て一体何が変わったのでしょうか。

各モデルの説明

両モデルについて簡単にご説明いたします。

M998とは

M998は#990シリーズの5代目モデルとして1993年にリリースされました。#990シリーズの中で初めて【ABZORB(アブゾーブ)】搭載モデルとして注目を集めました。初代M990と比べると、そのデザイン性はハイテク感が増し、C-CAP・ENCAPに加えてABZORBを搭載したことにより、機能面においてもその性能は格段に向上しています。

2012年にはアメリカの大手アパレルメーカーのJcrew(ジェイクルー)とコラボを果たすなど、M996にこそ認知度は劣りすが、未だにコアなファンが多いモデルです。

M990v4とは

M990v4は2016年にヘリテージシリーズとしてリリースされました。現行のハイスペックモデルの中では最新モデルに位置します。#990シリーズにおいて12代目モデルとなります。

従来の990シリーズでは落ち着いたデザインやグレーやネイビーなどのカラーリングが定番でしたが、今回のモデルからオレンジやグリーンなどビビットなカラーも登場し、注目を集めています。
性能に関しては、現行モデルの中でM2040v3に次いで履き心地が良いと言われています。

初代M990発売時にニューバランス自らが『1000点中990点』と謳った性能を、まさに引き継いだモデルと言えるでしょう。

M998 M990v4デザイン&性能比較

同じ#990シリーズでもあってもそのデザインと性能は大きく変化しています。

フロントデザイン

フロントデザインにおいては、トウに大きな違いがあります。M990v4はM996に比べてメッシュ部分が拡大しており、通気性能が格段に向上しています。

サイドデザイン

正面同様に各所にメッシュ部分が増設されています。
また、ミッドソールに大きな変化があります。M998ではABOZORBがかかと部分にのみでしたが、M990v4ではフォアフット(前足部)にも採用され、クッション性・安定性が格段に向上しています。この進化によりミッドソールの作りが近未来的なデザインに変貌しています。

シューレースホール

合成樹脂パーツを仕様したシューレースホールの形状も変更され、3つ穴から2つ穴に変更しています。後述しますが、かかと部分の作りと合わせると個人的にはM996の方が履き口のホールド感は高いように感じています。

Nマーク

どちらもリフレクター素材が用いられていますが、M990v4は新型のリスレクター素材になり、よりスッキリしたスタイリッシュなロゴデザインになっています。

シュータンのロゴデザイン

#990シリーズにおいてはM997以降MR993までの間、長らく刺繍タイプが使用されていました。m990v3よりロゴデザインが一新され、M990v4は更にモダンなロゴデザインに進化しています。またシューレースを通すシュータン部分も改良され、見た目の印象がよりインパクトある作りになっています。

バックデザイン

バックのロゴデザインも変更され、M990v4にはリフレクター素材のロゴデザインに変更しています。また、M990v4にはヒールスタビライザーが搭載され、着地時の安定性が向上しています。
ヒールの高さはM998の方があり、前述したシューレースホールと合わせてホールド感はM998に軍配が上がります。

アウトソール

アウトソールの素材はM990v4・M998共にブローンラバーを使用しています。

M998は前モデルであるM996やM997に比べると部分部分によって強度が異なる複雑なパターンを用いており、耐久性が向上しています。
M990v4は更にN duranceを搭載する事に飛躍的に耐摩耗性がアップデートしています。
また、フォアフットに屈曲性を高める切れ込みが入っており、グリップ力も増しています。

インソール


右のM990v4のインソールは従来のインソールと異なり、全て同一素材の作りになっています。(ちょっとペラペラな感じがする)クッション性は多少感じられるものの、アブゾーブを搭載している左のM998のインソールの方が性能が高いのでは?と感じています。

ラスト(木型)


ラスト(木型)に関しては、どちらもスリムなSL-1が使用されています。
ただ、M990v4は全体の作り肉厚である為、見た目がボリュームのあるシルエットになります。M998は、とてもスリムでスッキリしたシルエットです。

搭載機能の比較

M998
・ABZORB
・C-CAP
・ENCAP
M990v4
・ABZORB
・ENCAP
・N durance
・ACTEVA LITE

M990v4にはM998に機能に加えて、耐摩耗性を高めるN duranceと優れた耐久性とクッション性を持つACTEVA LITEが新たに備わっています。

アッパー素材

M998

スエード/メッシュ

M990v4

スエード または スエード/メッシュ

今回写真で使用しているのはスエードのタイプです。

履き心地

今回ご紹介したように各所に改良が加えられ、性能が格段に向上しているM990v4の方が断然履き心地が良い事は間違いありません。

M990v4を一言で表せば、『柔らかいクッショニング』です。
地面に吸い付いて歩くようなイメージ。

まるでスニーカーに足が包み込まれているように感じ、地面の硬さを感じさせない柔らかいクッションニングに驚かされます。一日歩いていても足に疲れを感じる事がないほどです。

一方M998を一言で表すと、『反発性のある固いクッショニング』です。
着地時の反動をバネにして前に進むイメージ。

M990v4の包み込まれる柔らかさを体感してしまうと、M998のクッション性は非常に固く感じます。しかし、固いから悪いという訳ではありません。
個人的にはその固さが”ツボ”です。
地面に着地した際の反動が、自ら地を蹴って歩いているという実感に繋がり歩く楽しさを感じ癖になります。

靴の性能に任せて歩ける柔らかいクッションニングがお好みであればM990v4がお勧めであり、自らの足で靴の性能を利用して歩きたいという方にはM998がお勧めです。

価格

M998 24,000円+tax〜

M990v4  25,000+tax〜

※素材によって価格の変動あります。

重量

重さに関しては、若干ではありますがM998に軍配が上がりました。履いた感じは殆ど分かりません・・・。

※サイズは同じです。

総評

M990v4のテクノロジーは格段に進歩しており、性能面においてはM990v4に軍配が上がる事は間違いありません。しかし、履き心地やデザインに関しては好みの問題なので、絶対にM990v4の方が良いとは言い切れません。

個人的にはどちらか一足持ちするのではなく、二足持ちがお勧めです。

僕は普段プライベートにはM990v4を使い、仕事の際はM998を使っています。

プライベートの場合は外出が多い為、足が疲れにくいM990v4の方が助かります。また、カジュアルな服装にM990v4のデザインがとてもしっくりきます。逆にビジネスシーンにおいてはカジュアル過ぎてしまい使い辛いデザインです。

仕事の場合はデスクワークが多いので、休憩時間などは身体を動かしたくなり、自分で歩いている感じのするM998が好みです。また、クラシックなデザインがビジネスカジュアルの服装にとても良く合うので重宝しています。

各モデルに良し悪しがあるので、TPOに合わせて使い分ける事がそれぞれの良さを最大限に引き上げられると僕は考えています。

どちらも心からお勧め出来る一足ですので、是非一度足を通してみて下さい。

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。