派遣会社を使うべきではない3つの理由

こんにちは。
エルバスです。

今回は、派遣会社を使うべきではない3つの理由を企業の採用担当者側の意見としてお伝えします。

これから派遣会社を使って就職や転職を考えられている方は是非参考にしてください。

これは採用側の採用についての”ホンネ”です。

僕は前職のアパレル業界・現職の医療介護業界共に採用責任者として採用面接を長年行なっています。
その経験の中でいつも思うのは、
“なぜ求職者は人材派遣会社を使うのだろう”
と。

はじめに僕の結論から言ってしまいます。
採用側からすれば、派遣を使うのはリスクもコストも高いです。
直接雇用した方がリスクもコストも軽減できます。
正直派遣を使うのであれば自主で応募してきた方を採用します。
(理由は後ほど伝えします。)
もちろん、人手不足の時に繋ぎで派遣の方をお願いする事がありますが、言い換えればその時しか必要ではないという事です。
採用者側にも求職者側にもメリットは少ないと感じています。

もちろん派遣会社による資格取得支援や勉強会セミナーの開催など、派遣会社を利用するメリットもあります。また猶予期間を設ける”紹介予定派遣”も求職者・企業側双方のリスクを減らす良いシステムだと思います。
何から何まで使うべきではありませんが、派遣会社を利用する事でデメリットも多く存在する事を今回の内容をみてご理解いただければ幸いです。
そして初めから派遣会社に任せるのではなく、必要に応じて派遣会社を利用する手段を身につけてください。

理由1 派遣会社の利益を自分の利益に変えるべき

派遣会社を利用した場合、求職者に支払う給料に加えて派遣会社への手数料を上乗せして支払います。
単純に考えて直接雇用の場合は、プラスαは発生せず”給与”だけで済みます。
企業側からすれば余計な費用を掛けたくない事は当然ですよね。
出来れば手数料など払わないで、直接雇用して人件費を抑えた方が採用側にとってはメリットが大きいです。

そして企業側はこう考えます。
「手数料を支払うくらいなら、求職者の給料をあげた方が良い」と。
その方が安く済む場合が多いからです。
(もちろん保険料などの兼ね合いもあるので一概に給料を上げた方がいいとは言えませんが)

求職者の方はそこを利用すればいいのです。
求人を出している企業があるのであれば、まずは自分で応募してみましょう。
企業側は自社の求人だけでは人が集まらないので、致し方なく紹介会社や派遣会社を利用している事がほとんどです。
派遣会社から紹介された企業があれば、一度自分で企業のHPの採用ページでも見てみて下さい。
派遣会社から紹介された企業=自社で募集している企業です。
企業側にとっては自主応募してきてくれた方がどんなにありがたい事か。
たとえ、条件が明記されている場合でも交渉の余地はあります。
人手不足の企業であれば、必要な人材にはちゃんとお金を出します。
派遣会社への支払いを考えれば多少給与を上げたとしても企業側にとってはありがたく、まさにウィンウィンです。

もし、自主応募はハードルが高いと考えているのであれば、そんな事はありません。
企業が求める人材は断然”直接雇用できる人”です。

理由2 メリットがない

※企業側は直接応募を期待しているという前提でお読みください。

求職者にとって人材派遣会社を間に挟むメリットって何でしょうか?

よく派遣会社が謳っているのは、

”ライフワークバランスを取れる企業を選べる。”

”色々な企業や職業を経験出来る。”

”自分に合った仕事が見つかる。”

”就職の相談相手が持てる。”

などでしょうか。

働きたい業界も職種も決まっておらず、自分に合った仕事を紹介してもらいたいと思ってる方にとっては、”相談相手がいる”という事はメリットになるでしょう。(ちょっと話しただけで本当に自分に合ったものを紹介してもらえるとは思えませんが。)

ただ、その他のメリットの

”ライフワークバランスが取れる企業が見つかる。”
”色々な企業や職業を経験出来る。”
”自分に合った仕事が見つかる。”

は人材派遣会社を使おうが使わまいが入った企業次第、自分次第で解決できる事ではないでしょうか。
派遣会社は一応企業の採用担当者などに給与体系・勤務体制・福利厚生など聞き取りしますが、企業が自分の会社の事を悪く言うはずありません。
ほとんど企業のHPを見れば分かる事です。
派遣会社からの薄い情報を信じるよりも、余程口コミサイトなどの情報を確認した方がリアルな情報が手に入ります。
またこんな事を言ってしまうと元も子もないですが、やはり実際自分で調べて見学して面接を受けて働いてみないと、企業の真の姿は見えて来ません。

もし、特定の業界に絞っているのであれば、自分で調べて受けた方がご自身の為になるはずです。

”ライフワークバランスが取れる企業が見つかる。”

一概には言えませんが、派遣会社を使う方は基本的に何らかの制約があって”正社員では働けない””もしくは”正社員になりたくない”という方多いのではないでしょうか。
小さい子供がいるので日中しか働けない。
習い事をしているので特定の曜日を休みたい。
など。

制約があると言う事はもうその時点で自分の働き方は決まっています。
その働き方を持ってご自身で希望を企業に伝えた方が断然スムーズです。(その理由は後ほど)
それが合う合わないを判断するのは結局のところご自身と企業が判断する事です。
派遣会社という中継を挟む必要はありません。

”色々な企業や職業を経験出来る。”
正社員ではないので、辞めたければ堂々と辞めて次に進めば良いです。

”自分に合った仕事が見つかる。”
先ほどもお伝えしたように自分に合うか合わないは、実際働いてみないと分かりません。

理由3 仕事が雑な派遣会社が多過ぎる

派遣会社を使うべきでない理由1でお伝えしたように、本来企業は直接雇用したいと思っています。
雇用前に引き抜かれないように、派遣会社は雇用が成立するまでは企業と求職者が直接連絡を取る事は禁じていますし、当然面接にも同席します。
派遣会社からすれば「派遣じゃなくてうちで直で働いちゃいなよ」なんて言われてしまったらたまらないですからね。
しかし最近は面接にすら同席しない派遣会社が増えています。
何考えてんだと思います。
僕はクリーンな企業を目指しているので引き抜きのような”アンフェア”な事はしませんが、そんな仕事では引き抜かれても文句は言えないだろ。と思います。
右も左も分からない求職者からすれば、企業から突然「直で来ちゃいなよ」なんて言われたら困惑します。
求職者の事を大事に思っていない証拠です。
もし利用している派遣会社が「1人で面接に言ってください」なんて言ったらその派遣会社とは即縁を切りましょう。
もしくはそれを利用して、面接の際に「直で雇用してくれませんか?」と言ってしまいましょう。
(採用側からは決して言えないので…)

また派遣会社のせいで時間を無駄にする事も非常に多いです。
派遣会社からこんなスタッフがいますと紹介を受けた際に聞いていた話と、実際面接をした際に本人が言っている事が違う。なんて事が非常に多いのです。
僕はなんどもそれで無駄な時間を費やしました。
例えば、派遣会社は「この求職者は曜日関係なく働けます」と言っていたのに、実際面接の際に本人に確認を取ると、「この日は入れません」と言われ、「え?」で終了です。
そこ入れなければ紹介受けてませんから!!状態です。
何より悔しいのはそれまでの面接で非常に良い人材だと感じていた時です。いくらお願いしたくても欲しくても条件が合わなければ雇う事は出来ません。
求職者に取っても、企業にとっても本当に時間の無駄です。
だったら最初から本人と直接話して、しっかり希望条件を聞いた上で面接に入った方が確実且つスムーズです。
伝言ゲームではないですが、派遣会社という間を通すことにより、情報が捻じ曲げられてしまうのです。
企業と直接の条件交渉は難しいと感じられると思いますが、無駄な時間を使うよりは断然自分の口で希望を伝えた方が確実です。

まとめ

派遣会社を使うことのメリットは求職者・企業どちらにももちろんあります。
ただ冒頭でも述べたように、初めから派遣会社に全てを任せるのではなく、メリット・デメリットを理解した上で利用すべきだと思っています。
ただ一番ご理解いただきたいのは、企業は”自主で応募してくれる方を望んでいる”ということです。
そこをご理解いただければ、今後の就職活動のやり方が少し変わってくるのではないでしょうか。

それではまた

人気ブログランキング参加しています!気に入ってくださった方はクリックお願いします!

ファッションニュースランキング

最新情報をチェックしよう!
Translate »