いつも同じ服を着る5つのメリット|2年間同じ服を着続ける僕が解説

毎朝の服選びに悩む人

毎朝の服選びって面倒だな。

服を買うたびにそれに合う服も欲しくなって、出費もかさむし、なんだか馬鹿らしい。

同じ服を着続けられたら、楽なんだけどな。

ドリス
今日はこんな疑問に答えます。
エルバス
同じ服を2年間着続けるぼくが解説します!

【記事の内容】

✓いつも同じ服を着る5つのメリット

✓良い服を買って長く着ればより無駄を省ける

✓お気に入りの服を買って自己満足度を高める

✓ユニフォーム化することで人生が身軽に、そして充実する

こんにちは。

サラリーマン副業家のエルバス(@elbaz_side_job)です。

ぼくはミニマリストではありませんが、2年間同じ服を着続けています。

基本、洋服はトムブラウン、靴はニューバランスと決めています。

エルバス
シーズンに合わせて同じブランドの素材違い・色違いの洋服を数着と靴を数足持ち、それを着まわしています。

それ以外の服は着ないし、不必要な服は買いません。

ぼくにとって洋服は、ユニフォームです。

ユニフォームなので、朝起きて着る服に悩む必要はありません。

着る服をパターン化することで、服選びから解放され、人生は驚くほど身軽になります。

ドリス
たかが洋服、されど洋服です♪
エルバス
今日は、同じ服を着続けるメリットをご紹介します。

いつも同じ服を着る5つのメリット

エルバス
ぼくが2年間同じ服を着続けることで感じたメリットは以下の5つです!
  • 時間を節約できる
  • 決断の回数を減らせる
  • 無駄な出費がなくなる
  • 部屋が片付く
  • 自分をキャラクター化できる
ドリス
この5つをそれぞれ深掘りしてご説明します。

時間を節約できる

エルバス
着る服をパターン化してしまうことの最大のメリットは、時間を節約できることです。

このジャケットならパンツはコレ、靴はコレとすべてパターン化しているので、朝起きて『服を選ぶ』という行為がありません。

たかが5分~10分程度の時間かもしれませんが、その時間があれば、インプットもできるし、アウトプットもできます。

無駄な時間を減らすことで、より有用なことに時間を使えるようになります。

また、同じ服を着ることで、買い物の時間も短縮できます。

シーズンに合わせて素材・色選びはあるものの、買う服は決まっているので、服選ぶに悩む時間はほぼありません。

加えて、決まったブランドの物を買っているので他のお店を見てみようと考える時間もなくなります。

決断の回数を減らせる

分野は違えど、何かで成功を収めた人は、同じ服を着続けているという特徴があります。

たとえば、

  • アインシュタイン
  • マーク・ザッカーバーグ
  • スティーブ・ジョブズ

などがそうです。

エルバス
成功者たちが同じ服を着続けた理由は、『決断の回数を減らせるから』です。

決断の回数を減らすことで、『決断疲れ』を減らすことができます。

小さい決断を繰り返すことで、ムダなエネルギーを消費し、大きな決断をするときの『正確性』が欠けてしまうと言われています。

いざというときに正しい決断を下すためには、決断疲れを出来るだけ減らすことが重要なのです。

たかが『洋服選びごときで』と思うかもしれませんが、朝は脳のゴールデンタイムと言われるほど、一日の中で最も集中力が高まる貴重な時間です。

ゴールデンタイムに、重要な仕事や作業を片付けることで一日をより効率的に回せるようになります。

しかし、

『朝ご飯何を食べよう』

『何を着ていこう』

などの小さな決断でエネルギーを消費してしまうことで、せっかくのゴールデンタイムの集中力が削られていきます。

エルバス
着る服をパターン化することで、無駄な決断を減らし、本来やるべきことに集中出来るようになります♪

無駄な出費がなくなる

決められたブランドや服で統一してしまえば、それ以外の服を買うことがなくなります。

買い物の際は他の物には一切目もくれず一直線に目当ての店に直行し、購入して帰ります。

ぼくの買い物の所要時間は数十分程度です。

エルバス
そのため、他の服に目移りすることはないので、不要な物を衝動買いしてしまうこともありません。

部屋が片付く

以前アパレル企業に勤めていた時は、6畳の部屋が洋服で埋まってしまうような状態でした。

今は90㎝ラック一本あれば十分です。

部屋も広くなり、今までのデッドスペースが有効に活用できるようになっています。

自分をキャラクター化できる

先ほども例に挙げたスティーブ・ジョブズですが、ジョブズと言われて思い付くのは、

黒いタートルネック

デニム

スニーカー 

だと思います。

同じ服を着続けることで『この服装はこの人』と覚えてもらえるようになります。

自己ブランディングが求められる現代では、相手に覚えてもらう、印象を残すということはとても重要なことです。

同じ服を着ることで個性として自分をキャラクター化することができます。

キャラクター化すると、ジョブスのように相手に強い印象を残すことができます。

エルバス
ぼくの場合は、スーツにニューバランスの人として徐々に認知されるようになってきています。

SNSなどで情報を発信する際に『エルバスと言えば、スーツにニューバランス』といったように印象付けることができるようになります。

実際、Googleなどの検索エンジンで『スーツにニューバランス』と検索すれば、ぼくの記事が出てくるはずです。

エルバス
この印象付けがぼくの強みとなっています。

スーツにニューバランス】で検索してみる。

良い服を買って長く着ればより無駄を省ける

ファストファッションの服を短期間で着まわすというのもアリですが、ぼくは良い服を買い、数年着まわすようにしています。

短期間で着まわすと、買いなおす、捨てるという頻度が上がります。

エルバス
それってすごい無駄だなーと思います。

やはり素材、縫製が優れているものは、何年着てもそう簡単に状態が悪くなりません。

実際、ぼくが持っている服の多くが、何年も着続けても型崩れや劣化は少ないものばかりです。

ドリス
良いものはそれなりの値段がするけど、それに見合った価値があるってことだね♪

お気に入りの服を買って自己満足度を高める

同じ服を着ることのデメリットは、単純に『飽きる』ということです。

エルバス
当然、毎日同じ服を着ればマンネリ化してきます。

脱マンネリ化の秘訣は、単純ですが自分のお気に入りのブランドで一式揃えることです。

ぼくは一応アパレル出身なので、『洋服なんてどうでもいい』とは思っていません。

むしろ服が好きな方です。

エルバス
そのため、好きな服を着たときの高揚感や充実感も分かっています。

だから常にお気に入りの服を着て日々気持ちを上げられるように、たとえ高価でも買って良かったと心から思える服を迷わず買うようにしています。

ドリス
それでトムブラウンとニューバランスをブレずに買い続けてるんだね♪

まとめ:洋服をユニフォーム化することで人生が身軽に、そして充実する

✓いつも同じ服を着る5つのメリット

✓良い服を買って長く着ればより無駄を省ける

✓お気に入りの服を買って自己満足度を高める

✓ユニフォーム化することで人生が身軽に、そして充実する

についてまとめました。

ぼくは10年近くアパレル業界にいたので、服へのこだわりが強い方です。

そのため、最初は同じ服を着る(服をパターン化する)という行為に抵抗がありました。

しかし、思い切って山のようにあった服を全て断捨離した結果、

洋服選びに悩む時間もなくなり、

余計なものを買って後悔することもなくなり、

自分のビジネスのチャンスを掴むことができました。

エルバス
それに、好きな服だけを着続けているので、あれこれ着るよりも充実感があります。
ドリス
部屋も広くなったしね♪

もし、洋服よりももっと没頭したいことがあるのであれば、ムダな行為をどんどん省いていくことをおすすめします。

ドリス
それじゃね♪

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。