ブログに有料画像を使うメリット|Shutterstock &Adobe Stock購入!

購入を迷っている人
有料画像を使ってみたいけど、本当に買う価値があるの?
買うならどれが良いの?

今日はこんな疑問に答えます。

この記事で分かる事
✓有料画像を使うメリット

✓おすすめの有料画像サイト(実際に購入したもの)

僕は実際に有料画像サイト、shutterstockとadobe stockを購入してみました。

結論から言えば有料画像を使うようになってから、

✓他ブログと差別化が出来た

✓ブログに統一感が生まれた

✓作業スピードが上がった

✓ブログにより愛着が湧く

という大きなアドバンテージを得ました。

購入前は、有料画像なんて必要ないと考えていましたが、今は更なる成長の為の投資だと感じています。

この記事が、有料画像の購入を考えている方の背中を押す一押になれば幸いです。

有料画像を使うメリット

僕が有料画像を使い始めてから感じたメリットは下記の4つです。

それぞれ説明していきます。

印象を良くし、他ブログと差別化を図れる

人の第一印象は、最初の15秒で決まると言われています。

そしてその印象を決める要素の内、視覚情報(表情や立ち居振る舞い、見た目など)」が55%を占めているそうです。

ブログも同じで、記事を開いた時に、

「あ、なんかこのブログよさそう」

「面白そう」

と思ってもらうには、第一印象が大事です。

訪問者に視覚的に好印象を与え、足を止めてもらうには、パッと見た時にまず目に入ってくる画像を上手く使う事が、良いきっかけになるはずです。

有料画像には人の目を引く魅力的な画像が数多く揃っています。

僕が有料画像の購入を決意したのは、有名ブロガーのマナブさんのブログ見たからです。

マナブログ

初めて見た時に思った事は、”綺麗”という事です。

当時どんなブログかも、どんな有名なブロガーさんである事も知らなかったのにもかかわらず、それだけでブログに惹き込まれました。

※もちろん今は内容も含め大好きです。

まず興味を持ってもらうには、”なんか良さそう”と思ってもらう事が非常に重要な事だと理解しました。

同じブロガー目線だからかもしれませんが、他のブロガーさんのブログを読んでいるとまず思ってしまうのが、

この画像見た事あるな

この画像あの無料サイトのものだ

という事。

余計な事を考えてしまい、記事に集中出来ません。

いくら良い記事を書いていたとしても、もしかすると何か見た事あるな、読んだ事あるような記事だなと思われて離脱されてしまったら、とても勿体ないです。

邪念を持たせずに記事に集中してもらう為にも”他とは違う”というアピールが出来る有料画像は必要だと思います。

統一感がある

これは見ていただければ直ぐに分かると思います。

無料画像を使っていた頃

有料画像を使い始めてから

統一感のあるなしは一目瞭然だと思います。

もちろん無料画像を使っていた頃も、統一感を出すように気を付けていましたが、やはり選べる画像が有料サイトに比べると圧倒的に少ないので、限界があります。

どんなに頑張ってもゴチャゴチャしてしまいます。

僕が、マナブさんのブログが綺麗だと感じたのも、今思えば”統一感”があったからだと思います。

見た目も良く、統一感もあるブログを作るには、有料画像を使った方が断然”楽”です。

作業スピードが上がる

有料画像であれば自分のイメージにあったものが直ぐに見つかります。

むしろ自分の想像以上のものが簡単に見つかります。

無料画像を使っていた時は、画像検索に大分時間を取られていました。

これ使ったことあるな…

何か内容と合わないな…

など、あれこれ検索キーワードを変えて試してやっと見つけたと思ったら、有料画像だったり…

結局良い物はいつも有料になっています。

有料画像を使うと無駄な時間を省ける上に、”見つからない!!!というストレスも感じないので作業スピードはグッと上がります。

余計な作業を短縮出来るというのも大きなメリットです。

ブログにより愛着が湧く。自信が生まれる。

感覚的な事で申し訳ないですが、記事作成が今までより断然楽しくなりました。

今まで、せっかく時間をかけて書いた記事に「まあこれでいいか…」と妥協していた画像を使う事が結構ストレスでした。

記事をより引き立ててくれる画像と出会った事で、自分が納得いくブログを作れるようになりました。

美しい画像が挿入されるだけで、ブログの質も上がり、まるで1つの作品を作り上げたような感覚になります。

過信と言われればそれまでですが、

”ブログが楽しい”

”自分のブログが好きだ”

と思える事は、ブログを継続するという意味ではとても大事な事だと思います。

おすすめ有料画像サイト(実際に購入したもの)

僕が購入したのは、

ShutterstockとAdobe Stockです。

Shutterstockの購入に至ったのは、やはりマナブさんがおすすめの有料画像サイトとして紹介していたからです。

ブログに有料画像を使うべき理由【ブログ飯している僕が解説するよ】

Adobe Stockに関しては、Adobeのツールを本業で使う事が多かったので、試しに購入してみました。

実際にこの2つを使ってみて、感じた印象をご紹介します。

Shutterstock

Shutterstockはニューヨークに本社を置くアメリカの企業です。

約9000万枚の写真、ベクタ形式、イラストレーションをロイヤリティフリーで管理し、約400万の動画及び楽曲を許諾提供している。

参照:ウィキペディア

一個人であれば、これ一つあれば画像に困る事はありません。

僕が何よりShutterstockが良いと思うのは、直感的に検索して「これだ!!」と思える完璧な画像が簡単に見つかる事です。

フィルターをかける事も出来るので、より自分が望む画像を見つける事も可能です。

検索画面例⇩

料金体系

ご自身が1ヶ月に書く記事数に応じて、プランを選べば良いと思います。

僕は、ブログの稼ぎを殆ど費やしても仕方ないので、とりあえず画像50点のプランを契約しました。

今なら、1か月トライアルで画像10点まで無料でダウンロード出来る無料キャンペーンをやっています。

試しに使ってみると良さが分かるはずです。

Shutterstockを試してみる↓

『シャッターストック』動画・画像 素材ダウンロード

Adobe Stock

Adobeは誰もが知るアメリカのコンピュータ・ソフトウェア会社ですね。

Adobeの中のアプリの一つにAdobe Stockがあります。

こちらも厳選された数千万点に及ぶ画像・グラフィック・ベクタービデオ画像などの素材が揃っています。

使い方は、ShutterStockと同じで、直感的に検索が可能です。

フィルターなど検索システムも似ています。

検索画面例⇩

料金体系

料金もShuttersockとほぼ同じです。

こちらも10点までの無料トライアルがあるので試してみて下さい。

Adobe Stockを試してみる↓

『アドビストック』動画・画像・素材ダウンロード

結局どちらが良いの?

両方使ってみて分かりましたが、Shutterstock一択で良いと思います。

Adobe Stockが悪い訳ではないですが、Shutterstock1つで事足ります。

体感ですが、「いいな!」と思える画像もShutterstockの方が多かったです。

ただ、1つAdobe Stockの方が優れているのは、日本向けの画像が多い事です。

Adobe自体も力を入れているようで、新しい素材が続々と追加されています。

日本向けのブログ内容であれば、Adobe Stockが良いでしょう。

どちらも無料トライアルがあるので、実際にご自身で操作してみて気に入った物を選ぶのが良いかなと思います。

まとめ

画像を有料に変えたからといって、アクセスアップに直結する訳ではありませんが、確実に有料画像を使うメリットは多いです。

今後、有料画像で統一していく事で、ブログ全体に美しさが生まれ、訪問者の足を止めてくれるきっかけになるはずです。

ぜひご自身でもこの素晴らしさを体験してみてください。

それでは。

Shutterstockを試してみる↓

『シャッターストック』動画・画像 素材ダウンロード

Adobe Stockを試してみる↓

『アドビストック』動画・画像・素材ダウンロード

Sponsered Link




関連記事




当サイトで使用中のテーマ【STORK】



シンプルで使いやすく、カスタマイズも簡単に出来るオススメのテーマです。

このサイトを見て、『イイな』と思った方は、下記のボタンから詳細をご確認ください♪



当サイトで使用中の画像【Shutterstock】



4,000万枚の素材から自由に選べるので、画像選びが楽になり、作業効率もアップします。

また、他サイトと差別化する為にも、オリジナリティを出せる有料画像はとてもおすすめです。

当サイト内の画像が気になる方は下記ボタンから詳細をご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。