ビオレお風呂で使ううるおいミルク!ボディクリームが面倒な人にお勧め!

僕にとってこの冬の時期に大敵なのが『乾燥』です。

身体中が痒くて仕方ありません。

 

朝目が覚めると、身体中ひっかき傷だらけなんて事が日常茶飯事。
酷い時には血だらけになっている事もあります。

 

以前付き合っていた彼女から、『どんなプレーをしてんだよ』と傷だらけの身体を浮気と疑われた事もあり、肉体的にも精神的にも『乾燥』はにっくき敵です。

 

ただ問題なのは、非常に僕が面倒くさがりだという事。

風呂上りにボディクリームをいちいち塗るのが面倒臭くてしょうがない。

 

よくあるニベアの丸缶クリームを購入したものの、風呂上り、朝のシャワー後に毎度塗るのがどうも億劫になってしまいます。

その面倒臭さを助長するのがクリームが伸びず時間が掛かる事。これが僕の中で大きなマイナスポイントです。

風呂上り裸でいる間にササっと塗ってしまいたいので、脱衣所で塗るのに時間が掛かるのは、この寒い時期“致命的”です。凍えます。

 

そんなこんなで塗らなきゃいけないと思いつつも、塗ったり塗らなかったりを繰り返していました。

 

こんな無精者の僕でも何か続けられるボディクリームはないものかとずっと探しておりました。

そしてようやく見つけたのが、ビオレの『お風呂で使ううるおいミルク』です!

 

僕と同じように風呂上りにクリームを塗るのが面倒だと思っている方に超絶お勧めです!

サボりがちだったスキンケアも、このビオレの『お風呂で使ううるおいミルク』を使うようになった結果、日々怠けずに塗るようになりました。
それに伴い一番肝心な『痒み』も治まり、乾燥した日々も快適に過ごせるようになりました。

 

今回はこのお勧めのボディクリームをご紹介します。

 

おすすめポイント

僕が【ビオレ お風呂で使ううるおいミルク】おすすめする理由は7つです。

風呂場で塗る事が出来るのでとても楽!

 

まず何と言っても面倒くさがり屋にとってありがたいのは、名前の通り風呂場で身体を洗った後にクリームをササっと塗る事が出来る事です!

その後シャワーで洗い流す必要もなく、そのままタオルドライにGO!です。

水に溶ける成分なので、伸びも良く全身を塗るのに30秒も掛かりません。

超スピーディーです。

 

風呂場で全て完結出来るので、脱衣所で寒い思いをする事もありません!!
怠け者にとって非常に心強い味方です!!

 

十分な保湿効果がある。

ビオレの『お風呂で使ううるおいミルク』を見つけるまでは、楽に塗れるボディクリームはないかとムースのような泡状の物からスプレータイプのものなど様々なスキンケアを試しました。

確かに“塗る”事自体はニベアなどのクリームタイプの物よりも楽でしたが、どれもすぐに痒みが復活してきました。どれも保湿効果が弱いのです。

原因を調べたところ、考えられるのはアルコール成分の有無です。

アルコールは揮発性が高く、すぐに気化してしまいます。その時に皮膚の水分も同時に気化してしまうのです。

塗りたては良くても、寝ている間にすぐに痒くなってしまうのはこれが原因と考えられます。

 

つまり、乾燥肌の方はアルコールフリーのタイプが有効なのです。

ビオレの『お風呂で使ううるおいミルク』はアルコールフリーで作られているので、長時間の保湿効果を期待できます。

現にビオレの『お風呂で使ううるおいミルク』を使い始めてから、夜中に痒くて目が覚める事はなくなりましたし、朝起きてひっかき傷だらけになっている事もなくなりました。

 

アルコールフリーである事は、高い保湿効果を期待できるほか、アルコールのアレルギー体質の方も安心して使う事が出来ます。また、小さなお子さんがいらっしゃる家庭でも重宝出来るボディクリームです。

 

ベタつきがなく、オールシーズン使える。

ボディクリームによっては身体がベトベトになり、気持ち悪い思いをする事がありませんか?
保湿効果は高いのかもしれませんが、就寝時ベトベトした身体でベッドに入るのは、個人的にとても嫌です。

また夏場のジメジメした季節に、クリームを塗って余計ベトベトするような事もしたくありません。

 

ビオレの『お風呂で使ううるおいミルク』はとてもさらっとしており、塗った後のベトベト感が全くありません。

またさらさらしているので、冬場だけではなく夏場にも最適です!湿度が高くジメジメ、汗をかいてべとべとする夏場ではボディクリームなんて使いたくありませんが、このボディクリームであれば気にせず使う事が出来るのが嬉しいポイントです。

 

『さらさらだと保湿効果がないのでは?』と思われるかもしれませんが、超乾燥肌の僕でも十分に保湿効果を実感できているので、さらさらだからといって効き目がないわけではないです。

ただ超乾燥している箇所には念の為、ニベアなど他のクリーム併用しています。全身塗らなくて良い分全く分面倒を感じる事はありません。

 

さらっとしたさっぱりボディクリームをお探しの方にもおすすめです!

 

ビオレの十八番『弱酸性』のボディクリーム

僕自身は乾燥肌であっても敏感肌ではないので、そこまで弱酸性にこだわっているわけではありませんが、肌への刺激が気になる方にとっては気にせず使えるのでとても重宝出来るボディクリームだと思います。

また先ほどお伝えしたように、アルコールフリーでもあるので小さいお子さんがいる家庭でより安心して使えます。

 

ちなみに顔にも塗る事が出来るので、とりわけずぼらな方にもおすすめです。

 

プッシュ式で簡単に塗る事が出来る!

ボディクリームの多くがチューブ式かニベアのような缶タイプのものが多いですが、ビオレの『お風呂で使ううるおいミルク』はプッシュ式なのでハンズフリーで簡単に塗る事が出来ます。

プッシュ式である為、無駄な量を出してしまう事もありません。

効率的且つ、経済的です!

 

コスパもとても優れている!!

300ml入ったボトルで定価710円です。大人が全身を塗るのに3~5プッシュほどで十分です。そのペースで使っていけば一ヶ月近くは持ちます。

 

また詰め替え(600円程度)もあるので、ランニングコストがとても優れています。

 

ネットで探せば本体も600円近くで購入する事が出来るので探せば更にコストを抑える事も可能です。

お値段以上の価値がある商品です。

香りは2種類から選べる!!

女性には良いかもしれませんが、男性からすると香りのあるボディクリームは少々控えたいところです。おっさんからとても甘い香りがするのは、非常に危険です。

 

ビオレお風呂で使ううるおいミルクは『無香料』『やさしいフローラルの香り』の2種類から選ぶ事が出来ます。

 

ボディクリームに香りが欲しい人そうでない人も安心して購入出来ます。

 

Amazonでの評判も非常に高い

『とても楽』、『保湿力が高い』、『さらっとして気持ちいい』など声が多く、評判も上々です。
評価も高く、5点満点中4点と高得点を出しています。

 

また『ずぼらな私にぴったり』というコメントが多く、やはり僕と同じようにボディクリームを塗るのが苦手な人が好んで使っているのだという事も実感しました。(笑)

まとめ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ずぼらな僕でも使い続けていられる、ビオレの『お風呂で使ううるおいミルク』自身を持っておすすめ出来るボディクリームです!

Amazonのレビューにも書いてあるように使いやすさや塗った後のサラッと感は抜群に良いです!毎日塗るのが面倒だと思っているあなたも必ず使い続けられるはずです。

 

騙されたと思って是非一度使ってみてください!

 

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。