ブログのプロフィール画像はこだわろう|ブランディングには必須です

プロフィール画像に悩む人

ブログ開設したんだけど、プロフィール画像どうしよう。

顔出しはしたくないから、何かアイコンを使おう。

とはいえ、お金かけてまで作るのは馬鹿らしいし、フリー素材のものを使えばいいよね?

ドリス
今日はこんな疑問に答えます。
エルバス
プロフィール画像は徹底的にこだわろう!

【記事の内容】

✓プロフィール画像にこだわるべき理由

✓プロフィール画像の印象が弱いと起きること

✓プロフィール画像を作る方法

こんにちは。

サラリーマン副業家のエルバス(@elbaz_side_job)です。

プロフィール画像にこだわっていますか?

もし、適当な画像を使っていると、誰の記憶にも印象にも残らない記事になってしまうかもしれません。

エルバス
今日は、ブログ歴2年のぼくがプロフィール画像にこだわるべき理由をご説明します。

プロフィール画像にこだわるべき理由

プロフィール画像は、自身のブランド価値を高める重要な要素の1つです。

ブログでは、情報発信者である「個人」がブランドのパーソナリティになります。

インフルエンサーはみな、その人自身に高いブランド価値があります。

つまり、ブログで発信力を高めたいのであれば、自身をブランディングする必要があるのです。

書き手自身がブランドであるブログにおいては、書き手の顔が見えなければ、自身のブランド化は不可能です。

ブランド化しないとファンは付いてこない

ぼくはブログを2年ほど続けていますが、未だに月に6万pv程度しかありません。

原因は多くありますが、原因のひとつに『ブランディング』をしっかりとしてこなかったことが挙げられます。

ぼくの集客の9割は、オーガニック検索が占めています。

それはつまり、フリーのユーザーばかりでリピーターを作れていないということです。

エルバス
実際、SNSの集客は0に等しく、ファンが少ないことを物語っています。

自己ブランディングするには、まずは自分のキャラクターを作る必要があります。

キャラが確立されていれば、

ブログのことなら〇〇さん

SEOのことなら〇〇さん

と、頭に思い浮かべてもらえます。

エルバス
せっかく良い文章を書いても、書き手の顔が見えなければ印象に残りません。

プロフィール画像を作ることで、ユーザーの脳裏に記憶を焼き付けることができるのです。

自分をブランド化出来ればライバルに差を付けられる

ブランディングはそう簡単にできることではありません。

しかし簡単にできないことだからこそ、身に付けた時の破壊力は大きいです。

自分自身をブランディングし、オンリーワンの価値を高めることが出来れば、圧倒的にライバルたちに差をつけることができます。

エルバス
ブランド力があれば、仮に同じ商品・サービスを紹介したとしても優先的に選ばれやすくなります。

プロフィール画像の印象が弱いと起きること

フリー画像やありきたりな画像をプロフィール画像を使うことにより起きる弊害は以下の3つです。

  • 個性がない
  • 説得力がない
  • 印象に残らない

それぞれご説明します。

個性がない

星の数ほど似たようなブログがある中で、自分の記事を読んでもらうには、ユーザーに『他のブログとは違う』と思ってもらうことが大事です。

エルバス
そのため、差別化が必要になります。

差別化を図るには、ブログに個性を持たせる必要があります。

人は『個性』あるものに魅力を感じると言われています。

個性を出し、印象に残すことでブロガーが展開するコンテンツを覚えてもらえるようになります。

エルバス
フリー画像など、どこかで見たことのあるような無個性な画像を使っていると、薄い印象で終わってしまいます。

説得力がない

エルバス
単純に顔も見えない人から何か購入するって怖いですよね…。

書き手が見えてこないと、信頼性に欠け記事の説得力が低下します。

信頼を得るならば、自分自身が何者なのかを知ってもらう必要があります。

キャラを確立することでユーザーに安心感を持ってもらえます。

印象に残らない

見たことあるようなアイコン、個性のないアイコンは記憶には残りません。

また、フリー画像を使っていると他のブロガーとかぶる可能性もあり、誰のブログだか覚えてもらえません。

オリジナリティ溢れるキャラを作ることで、ユーザーの印象に残ります。

プロフィール画像の作り方

自分でデザイン出来るなら1番ですが良いですが、難しいのであればプロに任せた方が手っとり早くオリジナリティ溢れるアイコンを作ることができます。

そんな時におすすめなのが【ココナラ】です。

フリーからプロのデザイナーに、気軽スピーディーリーズナブルにアイキャッチなアイコンを作ってもらえます。

エルバス
実際に作ってもらったので、依頼から納品までの流れをご紹介します。

登録から依頼まで

まずはココナラに登録します。

ドリス
登録はめちゃくちゃ簡単だよ!

ログインして、会員登録に進み、ニックネームとメアドを登録するだけ。

エルバス
1分もかかりません。

Facebookアカウント・Yahoo IDを持っているのであれば、そちらからでも登録出来ます。

登録したら、自分がイメージするキャラクターに近い画風のデザイナーを探します。

エルバス
人ごとに料金やシステムが違うので、総合的に判断して自分に合う人を見つけてください。

とても多くのデザイナーさんがいるので、必ず自分の好み・条件に合う人が見つかるはずです。

料金は1アイコン2,000円から高い方(プロ)で20,000円近くする人までいます。

人が決まったら、まずは見積もりとカスタマイズの相談をしましょう。

サービス内容・料金に納得が出来たら、支払いをします。

  • クレジット決済
  • 携帯キャリア決済
  • コンビニ払い
  • 銀行振込
  • BitCash

携帯キャリア決済、コンビニ支払い、銀行振込は手数料がかかるので、クレジット決済がおすすめです。

支払いが終わったら、作って欲しいイメージを伝えます。

エルバス
やり取りの際にデータを添付出来るので、ラフ画や写真を一緒に渡すとイメージが伝わりやすいです。

あとは、デザイナーから上がってくるデータを確認・修正を繰り返し、納得出来たら正式なデータで納品してもらうだけです。

依頼から一日で出来上がった

僕の場合、前日の夜中に依頼し、次の日の夕方には納品してもらいました。

エルバス
その間、修正を3回お願いしましたが、いずれもすぐに対応してもらえました。

人によって納期がしっかりと決まっている人もいれば、僕がお願いした方のようにスケジュールに合わせて柔軟に対応してくださる方もいます。

スピード仕上げは別途料金の場合があるので、基本的には余裕を持って依頼する方が良いでしょう。

お値段は、アイコン1つで3,000円とリーズナブルでした。

エルバス
また対応も親切丁寧でとても助かりました。

納得いくまで無料で修正をしてくれるので、安心して任せられます。

『どの人が良いか分からない!』という方はぜひ一度相談してみてください。

エルバス
ぼくのワガママな要望にも全て対応してくれました。

そして僕のトレードマークを全て取り込んだとてもお気に入りのアイコンになりました!

ちゃんとニューバランスも履かせてもらいました♪

注意ポイント

デザイナーによっては、修正回数に上限があり越えると別料金が発生する場合もあるので、サービス内容をよく確認しておきましょう。

そしてとても大事なのが、初回依頼時に遠慮せずに自分の要望をこれでもか!ってくらい伝えておく事

エルバス
曖昧に『こんな感じで』と伝えると全くイメージしていないデザインが上がってくる場合があり、結局修正を繰り返すという事になりかねません。

また、商用・二時利用不可の場合もあるのでそれらも注意すべきポイントです。

ドリス
作って使えないじゃ意味ないからね!

\今すぐアイコンを作ってみる/

まとめ|プロフィール画像はブランディングの第一歩

✓プロフィール画像にこだわるべき理由

✓プロフィール画像の印象が弱いと起きる事

✓プロフィール画像を作る方法

についてまとめました。

プロフィール画像をしっかりと設定することがブランディングの第一歩です。

エルバス
面倒だと思わずに、大事な要素なので自分だけのオリジナル画像を作成しましょう。
ドリス
それじゃね♪

Sponsered Link




関連記事




当サイトで使用中のテーマ【STORK】



シンプルで使いやすく、カスタマイズも簡単に出来るオススメのテーマです。

このサイトを見て、『イイな』と思った方は、下記のボタンから詳細をご確認ください♪



当サイトで使用中の画像【Shutterstock】



4,000万枚の素材から自由に選べるので、画像選びが楽になり、作業効率もアップします。

また、他サイトと差別化する為にも、オリジナリティを出せる有料画像はとてもおすすめです。

当サイト内の画像が気になる方は下記ボタンから詳細をご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。