トムフォードとは一味違う、THOM BROWNE(トムブラウン)のアイウェアシリーズ

多くのファッションフリークが愛用するアイウェアは、間違いなくTom Ford(トムフォード)でしょう。トムフォードのスタイリッシュでラグジュアリーな雰囲気を持つデザインは確かに格好良いです。

しかし、一目でトムフォードと分かるTラインが僕にはどうしても受け入れられない。

あいつもトムフォード、こいつもトムフォードと確実に被り面白くないです。

今回僕と同じように、人とは違い、トムフォードに負けないお洒落なアイウェアをお探しの方にお勧めしたいのがThom Browneのアイウェアです。

Thom Browneとは


画像参照:https://www.thombrowne.com/jp

トムブラウンは2001年に自身の名を冠にしたNY発のファッションブランドです。

デザイナーのトム ブラウンは俳優や水泳の選手、アルマーニのセールスパーソン経てデザイナーとなったという異色の経歴の持ち主です。

設立当初は5着のスーツを揃えたのみの完全予約制の小さなフォーマルスーツ店でした。

その後徐々にシャツやニット、ネクタイやアイウェアを含む小物、皮革製品など商品ラインナップを増やしていきました。

そして2004年にニューヨークコレクションにてプレタポルテコレクションを発表し、その名を一気に広めます。

2011年にはレディースのRTW(レディ・トゥ・ウェア)コレクションを発表しています。

2013年のオバマ元大統領の就任式ではファーストレディであるミシェル・オバマがトムブラウンを着用し、注目を集めました。

トムブランウンはこれまでに数多くの賞を受賞し、今ではファッション業界で彼の名を知らないものはいません。

最近では2018-2019シーズンより3年間、スペインの名門フットボールクラブ、FCバルセロナとパートナーシップを結び、場外でのフォーマルウェアを担当するなど、活躍の場を更に広げています。

Thom Browneの服の特徴


画像参照:https://www.thombrowne.com/jp

50年代後半から60年代前半のアメリカントラディショナルがベースとなった服作りを行っています。その中でもスーツなどのフォーマルコレクションを得意とし、アメトラの伝統とトムブラウンのエッジの効いたモダンなデザインが融合し、他にはない唯一無二の独自性がトムブラウンにはあります。

ブランドアイコンはトリコロールで、コレクションの各所にトリコロールタグが配置されています。

Thom Browneのアイウェア


画像参照:https://www.thombrowne.com/jp

トムブラウンのアイウェアコレクションは2011年秋にDITA(ディータ)とコラボレートし、リリースされました。

DITA(ディータ)とは

DITAは1995年に誕生した、ロサンゼルス発のラグジュアリーアイウェアブランドです。

【BREAK THE MODELS】(型にはまるな)をコンセプトにしており、次々に斬新で今までにないデザインを生み出しています。また、品質への高いこだわりも持ち、全てハンドメイドで制作しています。

ファッショナブルなデザインとその高いクオリティはロサンゼルスのハリウッドスターから愛され、人気が爆発。

瞬く間に世界中の著名人やファッションフリークからも愛されるアイウェアブランドへと成長を遂げました。

Thom Browne × DITA

トムブラウンのエッジの効いたデザインと、DITAの高いクオリティが相まって生み出されるアイウェアは最高にクールな仕上がりです。

先セルにはトムブラウンのアイコンであるトリコロールチップがあしらわれ、さり気ないアクセントを加えています。

毎シーズン新モデルがリリースされ、レトロ感溢れるデザインから、モダンテイストなのものまで数多くのラインナップが存在します。必ずお気に入りのアイウェアが見つかるはずです。

 

まとめ

トムブラウンらしいデザインであり、品質も一級品であるので、自信を持ってお勧め出来る、アイウェアです。

高級感もありスーツスタイルにもトムブラウンのアイウェアは良く合います。

僕自身もとても気に入っており、今使っている眼鏡は4代目です。

他の人とはちょっと違うお洒落なアイウェアを探している方は、是非一度手にしてみて下さい。

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。