ブログに完璧主義は不要です|60%の出来でアップしてOK【断言】

ブログ初心者

多くの人の目に入るものだから、アップするなら完璧にしなくちゃ。

それに完璧な状態でなければGoogleからも評価されないだろうしね。

数を多くこなすと、質が下がりそうだし、ぼくは1つ1つ完璧にこなしていこう。

その方が記事の質も上がるし、スキルアップにもなるよね?

ドリス
今日はこんな疑問に答えます。
エルバス
完璧主義は捨てましょう!

【記事の内容】

✓ブログで完璧主義は不要

✓60%の出来でアップしてOK

✓最低限意識すべき事

こんにちは。

サラリーマン副業家のエルバス(@elbaz_side_job)です。

ぼくはブログを2年続けており、現在6万pvほどのアクセスを集められるようになりました。

多少なりともアクセスが集められるようになったのは、完璧な記事を書き続けたわけではなく、諦めずに書き続けたことに尽きます。

一応、中堅ブロガーくらいは名乗っていいかなとは思いますが、そもそも今まで一度も『完璧な記事』なんて書けたことはありません。

ただ、試行錯誤しつつ書き続け、諦めず『完璧に近づける努力』はしてきました。

ブログに完璧主義なんて必要ありません。

必要なのは、『完璧に近づける努力』です。

エルバス
今日はその理由についてご説明します!

ブログに完璧主義は不要です

そもそも完璧な記事ってなんでしょうか?

誰からも『素晴らしい!!』と思われる記事?

エルバス
残念ながら、誰からも認められる記事など存在しません。

人それぞれ価値観や好み、また悩みは異なり、それぞれに合わせた記事を書くことなど不可能です。

そんな不毛な完璧さを追い求めるのであれば、誰か1人に刺さる記事を書く意識を持った方が、かえって読まれるようになります。

誰か1人にとっての『完璧な記事』であればOKです。

それでも命中率は低い

ぼくの現在のアクセスのうち、多く読まれる記事(月1,000pv以上)は300記事中20記事程度です。

エルバス
ペルソナを意識して300記事書いても、読まれる記事数はそんなものです。

当然、より精度の高い方はいますが、それでも書いた記事すべてを人気記事にすることはまず不可能でしょう。

また、今読まれている記事も最初からアクセスを集めたわけではなく、リライトを繰り返すことで徐々に読まれるようになりました。

つまり、全ての記事をヒットさせることなど不可能なので、まずは書いてアップしてみる。

そして、反応がある記事をブラッシュアップし、読まれる記事へと昇華させた方が効率良く人気記事を生み出すことができます。

読まれるかどうかも分からない段階で、完璧さを追い求めて何時間もかけて書くのはナンセンスです。

完璧主義は割とシンドイ

単純に『完璧主義』って疲れます。

エルバス
毎回思うように記事を書ける人はそうはいません。

副業ブロガーならなおさら、本業の合間を縫って1記事書くだけでも精神的にも肉体的にも結構大変な作業です。

ブログで結果を出すためには、何より『継続』が大事です。

今ブログで結果を出している人たちは、何年も続けて今の成果を収めています。

エルバス
常に100%で走り続けることは中々難しく、無理は続きません。

時には肩の力を抜いて書くことも必要です。

ただ、勘違いしてはいけないのは、手を抜いて書いて良い訳ではないこと。

エルバス
1記事1記事その時の全力で書き、その時点で自分が納得のいく記事であればOKにしましょう。

ブログは後からいくらでも書き直せます。

60%の出来でアップしてOK

ブログの強みは何といっても、『書き直せる』ことです。

手抜きした60%は当然ダメですが、その時自分がある程度納得いく記事だと思ったならば、アップしてしまってOKです。

エルバス
何も最初から100%を目指す必要はないのです。

60%でまず上げて、様子を見てブラッシュアップしつつ、70%→80%→100%へと近づけていきましょう。

量が質を上げる

中には、「そんな中途半端な記事を書いても質が下がるだけだ。」という方もいます。

エルバス
確かに何も考えず文章を書き綴った記事には価値がありません。

とはいえ、完璧ではないにしろ、その時の持ち得る100%の力を使って書いたのであればそれで十分です。

頭を捻って試行錯誤して量を重ねることで記事は良くなっていきます。

ここで質量問題を話すつもりはありませんが、1ついえることは、そもそも量をこなさなければ質は上がらないということです。

完璧さを追い求めて1週間に1回しか書かない人よりも、毎日書いている人の方が当然スキルは上がります。

最低限意識すべき事

とはいえ、思考を停止してただ書き続けているだけではいつまで経っても読まれる記事は書けません。

やるべきことは3つです。

  • キーワード・ペルソナを設定する
  • 書く前に記事構成を練る
  • ライバルサイトのチェック

それぞれご説明します。

キーワード・ペルソナを設定する

キーワードとペルソナは、ブログの核となる部分です。

これを疎かにすると、いつまで経っても誰にも届かないいわゆる『ゴミ記事』を量産することになります。

逆にこの2つさえしっかりと抑えていれば、間違ってもゴミ記事にはなりません。

ここでは詳しい設定方法は書きませんが、文章を書くことよりも注力すべきがキーワードとペルソナの設定です。

それぞれの詳しい説明は下記の記事をご覧ください。

【ブログ初心者向け】ペルソナの作り方を解説|過去の自分を救えばOK

2020年3月18日

【初心者向け】あなたのブログが読まれない理由|やることは1つだけ

2020年2月28日

書く前に記事構成を練る

よく、パソコンの前に座ってヨーイドンで書き始める人がいますが、それだと内容がブレブレの記事になりがちです。

いきなり書き始めるのではなく、記事構成を事前に組み立てることでブレない記事を書くことができます。

ライバルサイトのチェック

書こうと思っているキーワードではどんな記事が読まれているのかを確認することも大事です。

エルバス
方向性が間違っていると上位表示されません。

確認方法はとても簡単です。

そのキーワードで検索してみて、上位表示されている記事を読むだけでOKです。

上位表示されている記事は大体同じような内容のはずです。

エルバス
それらの記事と方向性を合わせ記事を書くことで、見当違いな内容になることを防げます。

まとめ|さあ、思う存分記事を書こう

✓ブログで完璧主義は不要

✓60%の出来でアップしてOK

✓最低限意識すべき事

最初から完璧な記事を書く必要などありません。

そこに時間をかけるのではなく、ブラッシュアップに多く時間を割くべきです。

そして誰か1人にとっての完璧な記事を作り上げていきましょう。

ドリス
それじゃね♪

Sponsered Link




関連記事




当サイトで使用中のテーマ【STORK】



シンプルで使いやすく、カスタマイズも簡単に出来るオススメのテーマです。

このサイトを見て、『イイな』と思った方は、下記のボタンから詳細をご確認ください♪



当サイトで使用中の画像【Shutterstock】



4,000万枚の素材から自由に選べるので、画像選びが楽になり、作業効率もアップします。

また、他サイトと差別化する為にも、オリジナリティを出せる有料画像はとてもおすすめです。

当サイト内の画像が気になる方は下記ボタンから詳細をご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。