【ブログ】ゴミ記事を量産しないために注意すべき事|その記事大丈夫?

初心者ブロガー

全然PVが伸びないんだけど、まさかぼくはゴミ記事を量産しているんじゃないかしら。

でも、毎日一生懸命書いているし、ゴミ記事になるはずないんだけど…

てか、ゴミ記事っていったいどんな記事のことを言うのかな?

ゴミ記事を量産するなって言われても、そもそも何かが分からなければ対策の取りようがないよ。

ドリス
今日はこんな疑問に答えます。
エルバス
元ゴミ記事量産工場のぼくが解説します!

【記事の内容】

✓そもそもゴミ記事ってどんな記事?

✓ゴミ記事を量産すると起きる事

✓ゴミ記事を書かないためには

こんにちは。

サラリーマン副業家のエルバス(@elbaz_side_job)です。

ぼくのブログ歴は2年ほどでして、現在の記事数は400記事弱、PVはおよそ6万PVです。

エルバス
残念ながら経験年数と記事数に比べて、PV数が低いんですよね。

個人的に調べてみたところ、400記事も書けば多くの人が10万PVを超えていました。

この原因は、今回の記事の本題である『ゴミ記事』が関係しています。

エルバス
今日は、あなたがぼくと同じ目に合わないように、ぼくの失敗談から『ゴミ記事』について学んでいきましょう。

そもそもゴミ記事ってどんな記事?

ぼくは単純に、【ゴミ記事=読まれない記事】と解釈しています。

日記ではないので、ブログである以上読まれなきゃ意味がありません。

読まれない記事とはつまり、ユーザー(読者)に何も価値を与えられない記事です。

さらに突き詰めていえば、読者に価値を与えられない記事=ユーザー目線が欠けた記事ということです。

ブログならGoogleに評価される記事にすべき

小手先のテクニックを抜きにして、SEOで1番大事なことは、『検索ユーザーが求める答えを提供する』ことです。

つまり、読まれる記事にするには、ユーザーに価値あるコンテンツを提供する必要があります。

エルバス
それこそがGoogleが我々ブロガーに課した使命であります!

価値あるコンテンツであれば、自然と上位表示されるようになり、結果ユーザーの目に止まるようになります。

一方、日記のような自己満の記事をいくら書いたところで価値は生まれません。

エルバス
それではいつまで経っても読まれる記事にはならないってことです。

日記になってませんか?

日記→自分に向けたもの

ブログ→誰かに向けたもの

日記を悪く言うつもりはありませんが、ブログに日記を書いても何も価値はありません。

  • 今日食べたもの
  • 今日楽しかったこと
  • 今日悲しかったこと

自分には意味がある内容でも、他人には残念ながらどうでも良いことです。

ブログを始めた理由は何ですか?

  • お金を稼ぎたい
  • 有名になりたい

理由はどうあれ、その目的を成し遂げるには『誰かに読んでもらう』必要があります。

ドリス
ブログを選んだ以上、誰かに読まれなければ、残念ながらゴミも同然だよ。

ゴミ記事を量産すると起きる事

いくらゴミ記事を量産しても誰にも読まれずアクセスも伸びません。

何千、何万、何百万という記事の中に埋もれユーザーの目に止まることすらないからです。

エルバス
つまり誰にも読まれない『ゴミ記事』になるわけです。

いくら書いても無駄

エルバス
なぜぼくがそこまで言うかというと、300記事近くゴミ記事を書いた黒歴史があるからです。

基本的にユーザーを意識して300記事も書けば、ほぼ収益は5桁を超えます。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

ブログ300記事での収益は?|月5桁は確実、6桁も夢じゃない【事実】

2019年11月20日

しかしぼくは、300記事書いても4桁が精一杯でした。

エルバス
はい。ぼくはゴミ記事を量産していました。

自分の好きなように自分が書きたいことを書き、ユーザー目線など全くもっていませんでした。

そんな状態で300記事近く積み上げましたが、前述した通り、収益はもちろん、アクセスもまるで伸びませんでした。

100記事近く消し、書き直すことで復活

いくら書き直しても見込みのない記事は削除し、新たに書き直すことで今のPVにまで跳ね上がりました。

ぼくのように無駄な時間を過ごさないためにも、最初からユーザーを意識した記事を書けば、必ずブログは成長します。

自分の記事を読んでみて、『誰に対して何の価値があるのか』が分からなければ、それはブログではなく日記です。

ゴミ記事にしないためには

ゴミ記事にしない方法はとても簡単です。

  • ペルソナ
  • キーワード

の2つだけ意識すればOKです。

ペルソナは読者自身であり、キーワードは読者の質問です。

ペルソナとキーワードを執筆前に決めておけば、まず間違ってもゴミ記事にはなりません。

たとえば、この記事のペルソナは、記事をいくら書いてもPVが伸びず困っている人を想定しています。

その人の悩みは多分、『おれって読まれないゴミ記事量産してるんじゃね!?』ということ。

そしてその不安を解消すべく、検索窓に『ゴミ記事 量産』と打ち込んだはずです。

エルバス
それに対しての答えを今ぼくが書いています。

このように、ペルソナとキーワードはブログにおいて非常に重要な要素です。

この2つさえ押さえていれば、ユーザー目線が欠けるはずはありません。

詳しくはこちらの記事にまとめています。

【初心者向け】あなたのブログが読まれない理由|やることは1つだけ

2020年2月28日

ペルソナとキーワードを押さえていればゴミ記事にはならない

ペルソナとキーワードが抜けた記事はゴミ記事ですが、逆を言えばその2点さえ押さえていれば内容が薄くてもゴミ記事にはなりません。

エルバス
なぜなら記事の内容は後からいくらでも書き直すことができるからです。

最初から完璧な記事を書く必要はありません。

徐々に改善していけばOKです。

まとめ|ゴミ記事の理解がPVを伸ばすヒントだったりする

ぼくはゴミ記事を量産してきた歴史があるからこそ、『ユーザーを第一に考える』ことの重要性を理解出来ました。

とはいえ、あなたがそんなムダな時間を過ごす必要はありません。

エルバス
ぼくを反面教師に、読者目線を忘れずに記事を書いていただければと思います。

そのためには、

  • ペルソナ
  • キーワード

の設定はマストです。

ドリス
それじゃね♪

Sponsered Link




関連記事




当サイトで使用中のテーマ【STORK】



シンプルで使いやすく、カスタマイズも簡単に出来るオススメのテーマです。

このサイトを見て、『イイな』と思った方は、下記のボタンから詳細をご確認ください♪



当サイトで使用中の画像【Shutterstock】



4,000万枚の素材から自由に選べるので、画像選びが楽になり、作業効率もアップします。

また、他サイトと差別化する為にも、オリジナリティを出せる有料画像はとてもおすすめです。

当サイト内の画像が気になる方は下記ボタンから詳細をご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。