出世より副業をおすすめする理由|出世はデメリットのみ【事実】

会社での出世に疑問を感じている人

昇進の話をもらったけど、このまま受けていいのだろうか。

疲れた上司の顔を見ると不安に感じる。

自分もあんな風になるのかなあ。

安定はするかもしれないけど、失うことの方が多そう。

家族との時間も大事にしたいし。

でも、お金を稼ぐ必要はあるしなあ。

いったいどうしたらいいのかな。

エルバス
今日はこんな疑問に答えます。
ドリス
今の世の中、出世がすべてじゃないよ。

【記事の内容】

✓出世より副業がおすすめ

✓出世はデメリットしかない

✓プライドは捨てて、進んで窓際族になろう

こんにちは。

サラリーマン副業家のエルバス(@elbaz)です。

ぼくは出世コースから外れ、自分で稼ぐ(副業)の道を選びました。

現在の副業収入は20万円程度です。

もう少しで今務めている会社の部長の年収を超えられそうです。

会社の仕事は最低限に済ませ、定時で上がります。

残業はほとんどしません。

そして仕事終わりの時間をガッツリ副業に費やすことで収入を得ています。

ぼくはそういった働き方の方がよっぽど健全かつ効率的だと思っています。

エルバス
今日は”出世”に疑問を感じている方に、無理して出世なんてする必要のない理由をご説明します。

出世より副業がおすすめ

ぼくも社会人になりたての頃は、自分がやりたい仕事に就くことができ、バリバリ働き、出世していきたいと思っていました。

しかし、数年働いて現実を知り、ふと隣の上司を見たときに思いました。

『こんな風になりたくないな』と。

50歳を過ぎても夜中まで働き、休日出勤も当たり前。

馬車馬のように働き、疲弊し切った顔。

そして上の役職者に対してヘコヘコ頭を下げ、飲み会では過去の武勇伝ばかり。

申し訳ないですが、『人生つまらなそう』と感じました。

加えて、頑張って部長クラスになっても800万円程度しか稼げない…

夢なさすぎです。

あなたの会社には、『仕事もプライベートも自分もいつかそうなりたい!』と思える上司はいますか?

自分が数年後そのポジションでイキイキと働く姿を想像できますか?

残念ながらぼくはそういった上司とは巡り合うことができませんでした。

だから、自分で稼ぐ(副業)の道を選びました。

出世して何を得られるのか?

はっきり言って、出世はデメリットしかありません。

責任が増えるだけで、稼ぎは大して増えず、時間も奪われるだけです。

一方、副業をすれば収入も増え、スキルアップにも繋がり、自分の時間の使い方次第で家族との時間を作ることも可能です。

出世はデメリットしかない

日本の景気が良いころは、勤めているだけで給与は上がり、役職に付けばそれなり報酬も与えられ、出世することに”意味”がありました。

頑張って働けば、それなりに報われる。

素晴らしい時代です。

エルバス
残念ながらそれはもう過去の話。

現代社会においては出世はデメリットしかありません。

出世することにより起こる弊害をいくつかみていきましょう。

役職手当が労働に見合わない

多くの場合、管理職になると残業代が支給されなくなります。

変わりに”役職手当”が支給されることになります。

エルバス
でも、その役職手当は労働や責任に対し妥当な金額なのでしょうか?

一般的な役職手当の支給額は以下になります。

部長クラス

70,000~90,000円

課長クラス

50,000~60,000円

係長クラス

10,000~30,000円

主任クラス

5,000~10,000円

エルバス
これ、自分の安売りもいいとこです。

残業代をカットされるのにも関わらず、責任だけは増え、それでもらえる金額がこの程度では”安すぎ”です。

残業代の方がよっぽど稼げますし、副業をすればより稼げます。

実際、現在のぼくの副業の収入は、20万円程度です。

まだまだ伸びる余地もあります。

副業は全て自分の采配でできるので、人間関係に悩むことなく、仕事に追われることもなく、責任でストレスがたまることもありません。

ドリス
どちらが健全かつ効率的に稼げているかは明白だね。

時間を奪われる

出世することにより、責任が増え、1円にもならない無駄な拘束時間が増えます。

そんな無駄な時間を過ごすよりも、その時間を使って自分で稼いだ方がよっぽど稼げますし、有意義な時間を過ごせます。

副業の時間を工夫すれば、家族と過ごす時間も増やせますし、自分の時間も作ることも可能です。

会社ではスキルが身に付かない

大手にいけばいくほど、仕事は細分化され、個人に割り当てられる仕事は単純化していきます。

そんな環境ではスキルは身に付きません。

自社で通用していたことでも、他社で使えなければ市場価値は0に等しいです。

もちろん無駄とは言いませんが、だったらどこでも通用するスキルを自分で身に付けた方が、何かあった時によっぽど役に立ちます。

副業は収入を増やすことが目的ですが、何より、これからの時代を生き抜くためのスキルを身に付ける手段だと思っています。

今の時代、給料の高い管理職は45歳でクビを切られる時代です。

早期退職を迫られて、外で食っていく自信はありますか?

会社に尽くしても、もう会社は個人を守ってはくれません。

だったら、自分で稼ぎ、会社に自分の人生を握られる状況から抜け出し、自分らしく生きた方がよっぽど幸せです。

当たり前のように給与が毎月振り込まれていると気づきませんが、お金を0から1生み出すのはめちゃくちゃ大変です。

しかし、それができるようになると、断然自分の市場価値は上がります。

【関連記事】

45歳でリストラされても大丈夫?|これからの時代を生き抜く方法

2019年12月11日

プライドは捨てて、進んで窓際族になろう

『自分が昇進を断ったら、自分の後輩や同僚が出世する。あんな奴らに使われたくない』という無駄なプライドを持っている人が少なからずいます。

エルバス
でもそんなプライドのために自分の人生犠牲にするのですか?

会社で偉くなったところで、人生を楽しめなければ意味がありません。

だったら自分らしく生きた方がよっぽど幸せです。

窓際族でOK

余計なプライドを捨てて、進んで窓際族になりましょう。

本業は必要最低限の収入を得られれば十分です。

プラスαは自分で稼ぎましょう。

【関連記事】

給料が生活費で消えてもOK|プラスαは自分で稼いだ方が楽【事実】

2019年11月19日
エルバス
そして、無駄な出世争い、残業、付き合いから距離を置き、自分の時間を確保しましょう。

副業で稼ぐには何より”時間”が必要です。

現在、大手でも昇給率は6,000円がいいとこです。

会社での仕事は必要最低限に抑え、仕事後の時間を最大限副業に費やすことができれば、6,000円程度は即効で稼げます。

極論、窓際族として馬鹿にされようが、人生を楽しんだ方が勝ちです。

とはいえ、なにから始めればいいの?

とはいえ、副業を始めようと思っても、なにから始めればよいのか分からない人も多いと思います。

今は、自分のスキルや得意を活かすことも、本業での経験を売ることもできる時代です。

おすすめの副業の始め方をいくつかご紹介しますので、ご自身に合った働き方を見つけてください。

自分のスキルや得意を売る

今はクラウドソーシングサービスを使えば、簡単に自分の得意やスキルを売ることができます。

・ランサーズ

クラウドソーシングサービス最大手。

仕事の種類が多く、見つからない仕事はありません。

クラウドソーシングを始めるなら、必ず登録すべきサービスの1つ。

 

\登録はこちら/

クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料)

・Bizseek

Bizseekは手数料が他社と比べると安くお得感があります。

案件数も豊富なのでこちらも登録しておくことをおすすめします。

 

\登録はこちら/

手数料業界最安でお得にお仕事【Bizseek】

・ココナラ

今CMなどで話題になっているクラウドソーシングがココナラです。

ランサーズやBizseekに比べると似顔絵作成・悩み相談などカジュアルな仕事が多い印象です。

エルバス
このブログに登場する【エルバス】も【ドリス】もココナラでデザインしてもらいました。

カジュアルな分、利用する側も気軽に使えるので、あまり堅苦しく働きたくないという方におすすめです。

 

\登録はこちら/

自分の得意を売るなら「ココナラ」会員登録(無料)

プロの副業に相談する

今は副業だってプロに相談できる時代です。

自分の職歴やスキルに合わせて適した副業を紹介してくれるのが『プロの副業』です。

本業で身に付けたスキルを活かして、ほかでも活躍したいという方におすすめです。

※紹介先はハイレベルなスキルを求められるので、ある程度経験や専門知識・スキルが必要になります。

 

\登録はこちら/

高単価案件多数!プロ人材の副業マッチングサービス【プロの副業 マーケティング】

まとめ

✓出世より副業がおすすめ

✓出世はデメリットしかない

✓プライドは捨てて、進んで窓際族になろう

についてまとめました。

考え方は人それぞれなので、出世を選ぶのもアリだと思います。

ただ、1ついえることは、この先サラリーマン収入一本でやっていくのはあまりに危険だということ。

しつこいですが、会社や組織は個人をもう守ってはくれません。

45歳でクビを切られるかもしれません。

収入が給与しかないと、突然道が閉ざされます。

万が一そうなった時に対応できるように、出世の道を選んだとしても、自分のスキルは磨き、いつでも転職できる状態にしておくことは必要です。

それでは。

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。