ブログ300記事での収益は?|月5桁は確実、6桁も夢じゃない【事実】

ブログ300記事の収益を知りたい人
ひとつの目安として300記事書くとどれくらい稼げるのか知りたいな。

300記事も書けば6桁・7桁も稼げるようになるのかな?

誰か教えてくれないかな。

エルバス
今日はこんな疑問に答えます。
ドリス
5桁はほぼ確実、6桁・7桁も夢じゃない!

【記事の内容】

✓ブログ300記事での収益は?

✓300記事書けば月5桁は確実

✓取り扱う商材で収益は変わる

こんにちは、サラリーマンブロガーのエルバス(@elbaz88518231)です。

アウトプット大全で有名な樺沢紫苑さんの【100-300-1000の法則】によると、ブログで300記事も書けば、ある程度アクセスが伸び始めるタイミングと言われています。

確かにこのブログも300記事に近づくにつれ、一気に4万pvまで伸びました。

ただ実はこのブログ、半年前にすでに300記事を達成していました。

しかし、あまりのアクセスの低さと収益率の悪さから、読まれない記事を大量に削除すると共に、毛並みの違う記事を別ブログに移行するなどして、一度200記事まで減らしました。

そこから半年かけて記事を追加し、昨日ちょうど300記事を達成しました。

100記事を超え、次の目標として300記事を目指すブロガーの方も多いと思います。

エルバス
今日は、そんな方に向けて300記事を達成したらどれくらい稼げるのかをご紹介します。

ブログ300記事での収益は?

本ブログは現在1年8カ月運営実績があり、PVは4万程度です。

その状態での収益は、月に3万~5万円程度です。

【内訳】

アドセンス 1万円程度

ASP 2万~4万円程度

アドセンスは3.5万PVを超えたあたりから安定して1万円程度稼げるようになりました。

ASP(というか、ほぼアマゾンと楽天&ヤフー)は物販が中心で、2万円程度が安定収益となっています。

2万円から4万円と幅があるのは、サービス系の商材が売れるか売れないかで大きく差が出るからです。

ドリス
ぱぱさん、サービス系の記事苦手なんですw
エルバス
だまらっしゃい!

基本はアドセンスと物販のみで3万円が安定収益となっています。

この程度が初心者が普通に続けたときの平均値かなと思います。

エルバス
それについて詳しくは後程ご説明します!

300記事書けば月5桁はほぼ確実

Googleで、『ブログ 300記事 収益』と検索し、上位2ページに出てくる『収益とpvを公開しているブログ』を11サイト(+ぼくのブログ)計12サイトをピックアップし、PVと収益額を集計してみたところ、

全てのサイトが300記事で月5桁を達成していました。

サイトpv収益額
A15万pv40万
B15万pv12万
C6万pv11万
D2万pv6.5万
E3万pv4万
当サイト4万pv3万
F2.5万pv3万
G5.5万pv3万
H1万pv1万
I5万pv1万
J5万pv1万
K2万pv1万

PV平均 5.5万
収益額平均 7.2万

6桁超えが4サイト、5桁超えが9サイト

ブログ運用年数は、短くて1年、最長で4年でした。

下位ページもいくつか見てみましたが、ほぼ5桁以下のサイトは見当たりませんでした。

この傾向からすると、300記事を達成できれば、少なくとも月5桁の収益を発生させることが出来ることが分かります。

エルバス
ちなみに、2ページ内に物販ブロガーで有名な【マクリン】さんも含まれており(計測にはぶっ飛びすぎているので除外しています)月7桁を達成されていました。
ドリス
頑張って300記事書けば6、7桁の収益も夢じゃないね!

神クラスで7桁

天才クラスで6桁

凡人で5桁

エルバス
といったところでしょうか。

5桁を確実に稼ぐための方法

上記でお話しした通り、普通に書いていれば300記事も書けば5桁は稼げるようになると思います。

しかし、価値のない記事(ゴミ記事)を量産してしまってはお金にはなりません。

エルバス
実際、以前ぼくがゴミ記事を積み上げて300記事を達成した時は、4桁しか稼げませんでした。

【5桁稼げないかも知れないブログの特徴】

・何の価値もないゴミ記事(全く読まれない記事)を量産

・ブログのテーマがバラバラ(回遊性がほぼない)

ぼくは正に当てはまっていたので、読まれないゴミ記事を50記事ほど削除し、ブログテーマからかけ離れた記事を50記事別サイトに移しました。

このことにより、コンテンツの掲載順位が上がり、また専門性が高まり回遊率も改善されました。

そして新たにコツコツ積み上げた結果、今の収益を得られるようになりました。

ぼくのように300記事を目指すあまり、量だけに目が行ってしまうのは危険です。

読まれない記事を量産すると、300記事書いても5桁にすら届かなくなる可能性があります。

書く前に記事設計だけは行う

ゴミ記事を量産しないためには、書き始める前に【記事設計】をすることが何より重要です。

経験上、記事設計をしないで書き始めた記事はまるで読まれません。

エルバス
逆に記事設計さえしておけば、300記事も書けば必ず5桁は確実に稼げるようになります。

最近ぼくは、質が下がると言われる毎日更新を続けていますが、直近の30記事のうち12記事を検索上位3ページ以内に入れることが出来ました。

【関連記事】

ブログ毎日更新の効果を検証|数値化してその効果を計る【1か月目】

2019年11月16日

記事設計を立てるときに意識しているのが以下の4ポイントです。

✓キーワード選定

✓競合の確認

✓ペルソナ設定

✓それらに伴ったタイトル付け

この4点だけでも押さえておけば、どんな商材でも必ず5桁は稼げるはずです。
(多分、アドセンスだけで到達できる)

もし、300記事手前で伸び悩んでいる方がいたら、ぜひ上の4ポイントを意識して書いてみてください。

取り扱う商材で収益は変わる

次は同じ300記事でもなぜ収益に大きな差が出るのかをご説明します。

先ほどの図に収入源を加えて再度みてみると、その理由は一目瞭然いちもくりょうぜんです。

サイトpv収益額収入源
A15万pv40万物販・サービス
B15万pv12万サービス
C6万pv11万物販・サービス
D2万pv6.5万サービス
E3万pv4万サービス
当サイト4万pv3万物販
F2.5万pv3万物販
G5.5万pv3万アドセンス
H1万pv1万アドセンス
I5万pv1万物販
J5万pv1万物販
K2万pv1万サービス
ドリス
サービス系の商材が主体のブログは収益額が断然高いね!

収益額が高いブログとPVが低くても収益率が高いブログは、

・物販×サービス

・サービス

のいずれかです。

逆にこのブログを含む、収益額が低いブログとPVが高くても収益率が低いブログは、

✓物販

✓もしくはアドセンスのみ

のブログになっています。

物販はとても収益率が低いので、多く売らないのお金になりません。

実際ぼくのブログは、毎月物販で100件近く売っていますが2万円しか稼げていません。

収益率は売る商材によって多少の前後はありますが、それでも数を売らないと全くお金になりません。

エルバス
物販は全然稼げん!!

もちろん、マクリンさんのように物販で7桁を稼ぐ怪物がいるのも事実です。

しかし、稼いでいるブログの傾向をからすると、やはり単価の高いサービス系の商材を売った方が、より稼ぎやすくなるのかなと思います。

ドリス
Dサイトを見ればわかりやすいね!
エルバス
そうなんだ!2.5万pvでもぼくのブログの倍以上稼いでいるからね!断然収益率が高いことが分かるよ!

この結果から、早く高い収益を発生させたいなら、サービス系の商材に力を入れていくことをおすすめします。

エルバス
ぼくもこれからは、サービス系の商材に力を入れていくつもりです!

※もちろん、取り扱いジャンルによっても収益は変わってきます。

まとめ

✓ブログ300記事での収益は?

✓300記事書けば月5桁はほぼ確実

✓取り扱う商材で収益は変わる

についてまとめました。

記事設計とテーマ選びを間違えなければ、まず間違いなく300記事書けば5桁は稼げるようになるはずです。

そして、300記事を積み上げる中で物販にかたよっている場合は、サービス系の記事も書いていくこともおすすめします。

ドリス
さらに収益額を伸ばせる確率が高まるよ♪

以上です。

エルバス
それでは次回は1000記事でお会いしましょう!
ドリス
またね♪

Sponsered Link




関連記事




当サイトで使用中のテーマ【STORK】



シンプルで使いやすく、カスタマイズも簡単に出来るオススメのテーマです。

このサイトを見て、『イイな』と思った方は、下記のボタンから詳細をご確認ください♪



当サイトで使用中の画像【Shutterstock】



4,000万枚の素材から自由に選べるので、画像選びが楽になり、作業効率もアップします。

また、他サイトと差別化する為にも、オリジナリティを出せる有料画像はとてもおすすめです。

当サイト内の画像が気になる方は下記ボタンから詳細をご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。