スイートバジルの育て方と苗植えの方法【ビギナーでも簡単】

チーズやトマトとの相性の良く、かつてから料理の定番のハーブとして知られる”スイートバジル”の育て方と苗植えの方法をご紹介します。
スイートバジルは日本では”一年草”扱いのハーブですが、原産地であるアフリカとユーラシア大陸の熱帯地域では、実は”多年草”扱いのハーブです。
またバジルは栄養素を多く含むハーブです。その効能はβカロテンマグネシウムビタミンKカリウムカルシウムなどを多く含むので免疫力、抗酸化作用を高める効果があります。

育て方に関しては、非常に育てやすいハーブなので見た目にも良く、食材としても使えるスイートバジルを是非一度お試しください。

スイートバジルとは

科名:シソ科
属名:メボウキ属
原産地:アフリカ・ユーラシア大陸熱帯
収穫期5月〜10月

スイートバジルはアフリカやユーラシア大陸の熱帯地域原産の温暖な気候を好む植物です。高温性の植物なので15℃以下だと生育が悪くなります。
バジルの全ての種類は、多湿を嫌い乾燥と強い日差しを好みます。

育て方のポイント

基本ポイント

スイートバジルは購入時の”摘心”と収穫時の”切り戻し”を行う事で新芽が伸び、ボリュームが増し大きく育つようになります。暑さには強いですが寒さには弱いので日本では”一年草”扱いです。冬場は調子を崩すので無理して越冬させず、毎シーズン苗を購入した方がベターです。

植え付け

地植えの場合は、株が硬化して大きく育つので植え付けの際は40〜50㎝ほど離して植え付けます。
鉢植えの場合は、7、8号サイズの鉢に2、3本程度植え付けます。

肥料

元肥には緩効性肥料を与えて下さい。追肥は成長に応じて液肥を与えます。

水やり

春から夏の生育期には土の表面が乾いたら水を与えてください。日光が大好きなハーブなので梅雨期には加湿を防ぐために水やりは控えます。

置き場所

日当たりが良く水はけの良い場所を好みます。真夏の日差しに当て過ぎると葉がかたくなってしまうので、夏場は半日陰に置きましょう。

増やし方

種まき挿し木で容易に増やす事ができます。

苗植え

用意するもの

・スイートバジルの苗
・草花用の培養土
・鉢

苗植えの方法
まず苗植え用の、スイートバジルを用意します。

過湿に弱いので、排水性を高めるため底石は必ず入れましょう。
分量は1/5程度です。

ハーブ用の土(バジルは土壌にそこまでこだわる必要はありませんが、ハーブ用を使うと簡単に育てられます。)を1/3程度入れます。

ポットから取り出し、底の土を取り払い新しい土に直ぐに馴染むように根を広げます。

株に付いている古い土と新しい土の間に隙間が出来ないように新しい土を満遍なく周りに入れます。

土を入れ終わったら、水をたっぷりと与えます。

購入したばかりの苗は新しい芽を落とす”摘心”を行います。摘心を行う事により、更に大きな株に育つようになります。カットする箇所のすぐ下の付け根の部分から新芽が出てくるので、その真上で切り落とします。

摘心したバジルは水揚げしましょう。

水差ししておけば、長い間保つので都度料理際に使うことが出来ます。

摘心後、植え付け”完成”です!

日差し良く、風通しの良い場所に置いてあげましょう。

成長期には”切り戻し”をお忘れなく!

まとめ

今回のスイートバジルの育て方のポイントは、

買いたての苗は”摘心”を行う
成長期には”切り戻し”を行いながら育てる
日差し良く、水はけの良い場所で育てる
一年草なので、シーズンをまたがない

以上です。

是非一度チャレンジしてみてください!

それではまた

ランキングに参加しています!よろしくお願いします!

花・ガーデニングランキング

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。