フィカス・アルテシマの育て方・植替え方・挿し木の方法まとめ

ゴムの木の中でも特に美しい葉をつけ、観葉植物の定番である”フィカス・アルテシマ”の育て方、植替え方、挿し木の方法などをまとめてご紹介します。
フィカス・アルテシマは比較的育てやすい植物です。また増やすことも容易な植物でもあります。これから『大型の観葉植物にチャレンジしてみたい!』『挿し木などにチャレンジしてみたい!』と考えられているビギナーの方にもとてもお勧めな観葉植物です。

フィカス・アルテシマ

フィカス・アルテシマとは

科名:クワ科
属名:フィカス属
原産地:インド〜東南アジア

数多くあるゴムの木の中でも特に美しい葉を付けるのがアルテシマです。
緑の葉黄色の斑が入り、コントラストがとても鮮やかで綺麗です。
日の当たる方向に向かって伸びていくので、自分だけの形を作り上げる事もでき、とても愛着が湧きます。

ゴムの木の仲間には、ハート型の葉をつける”ウンベラータ”や赤黒っぽいシックな印象の”バーガンディ”など様々な種類がありますので、お気に入りのゴムの木を見つけるのもゴムの木の面白さです。

育て方のポイント

自生地では日の当たる、多湿な環境で自生している植物なので、日光水分をしっかり与えます。

置き場所

室内の明るい場所を好みます。
暗い場所に置くと弱々しい株になってしまうので、カーテン越しの明るい場所に置くことをおすすめします。
夏場には屋外に出しましょう。急に直射日光に当てると弱ってしまうので、明るい日陰などで徐々に日光にならしてから、日の当たる場所に移しましょう。そうすることで葉の色が濃くなりより美しい葉になる他、幹もがっしりとなり、力強い株に成長します。
ただ、あまり当てすぎると葉焼けを起こすので注意が必要です。
特に斑入りのタイプ(アルテシマも同じ仲間)は葉焼けを起こしやすので、日中の数時間のみと時間を決めて外に出すくらいでも良いです。

水やり

春から秋にかけては土の表面が乾いたらたっぷり水を与えてあげてください。気温が高い時期は水を切らすと調子を崩すので、特に注意して観察が必要です。
定期的に霧吹きで葉を湿らせる事で、葉も生き生きとし、害虫予防にもなります。
冬場は土に指を入れ、乾きを確かめます。土の中も乾いているようであれば、水を与えて下さい。

冬越し温度

最低5℃以上

病害虫対策

アブラムシカイガラムシが付く可能性があります。
アブラムシやカイガラムシは厄介なので、見つけたら早めに駆除してください。風通しの良い場所に置き、こまめに霧吹きを行いましょう。

植替えの方法

植え替え時期

5月から8月の暖かい時期が剪定や植え替えの時期です。
根詰まりを起こすと葉が弱々しくなり、最終的には葉が落ち枯れてしまうので、成長に合わせて早めの植え替えが大事です。

手順

用意するもの

・観葉植物用の土
・底石
・一回り大きい鉢
・スコップ

株に対して小さい鉢を使っていると根詰まりを起こします。
この状態が続くと根が傷み、水分を与えても吸収できず、葉が落ち全体的に弱っていきます。
改善のために傷んだ根を取り除き、土量が十分な鉢に移し、弱った枝・葉を剪定します

今回のアルテシマも株に対して鉢が小さく、根詰まりを起こしています。
水分が行き届いていないため、全体的に株が弱々しく元気がありません。

まず鉢から株を引き抜きます。
底の根が弱ってしまっているので底に手を入れて古い土を払い、傷んだ根を取利除きます。
また植え替え後に新しい土に早く馴染むよう、根を広げます

次に観葉植物用の土を用意します。水はけが良いものを選びます。
フィカス・アルテシマを含むゴムの木は繁殖力が強いので一般的に売られている観葉植物用の土を選べば問題ありません。

次にひと回り大きい鉢を用意します。
鉢が大きすぎると、根に水分が十分に行き渡らなくなるので、大きすぎる鉢は避けます。

続いて土を入れる前に、水はけを良くするために底石を入れます。
発泡スチロールなどでも代用できます。
底から1/5程度を目安にして入れます。

続いて土を1/3程度入れます。

株が真ん中になるよう配置します。


配置後、周りに土を入れていきます。この際、

新しい土古い土の間に隙間を作らない

ことがポイントです。

続いて傷んだ枝や葉を剪定します。
すぐに生えてくるので、作りたい形をイメージして大胆に切ってしまって大丈夫です。
ゴムの木を切ると、ゴムの原料となる白い液体が出てきます。
直接出て触れるとかぶれてしまう可能性があるので、剪定の際は必ず手袋を着用してください。
また、衣類などにくっつくと厄介なので気を付けて作業してください。

最後にたっぷり水を与えます

2股の形にするため、下の枝は残してみました。
最後に土の表面を軽く平らにならせば、植替え完了です。

挿し木の方法

フィカス・アルテシマ含め、ゴムの木の増やし方はとても簡単です。取り木などの方法もありますが、個人的には”挿し木”が一番簡単な方法なのでお勧めです。
植え替え剪定と同じタイミング行えば一石二鳥ですので植え替えの際に行うと効率が良いです。
時期は植え替え同様、成長期である5月~8月を目途にしてください。

手順

用意する物

植え替えで用意した、

観葉植物用の培養土
底石

小さい鉢

ゴムの木は繁殖力が強いので、挿し木用の専用土は必要ありません。

枝をカット

今年伸びた新芽の部分(赤線の箇所)13センチ程度切ります。葉は2、3枚残しておきます。

水切り

切った枝をバケツなどに水を張った容器に入れ、その水の中で再び3センチ分斜めにスパっと切り落とします。水の中で、”斜め””スパッと切る”事で切り口が傷まず、水を良く吸うようになります。

水揚げ

そのまま一時間程度切り口を水に浸けておいてください。

液体肥料に浸ける

小さい容器に液肥を入れ、水分同様30分程度栄養を吸わせます。

土に挿す

用意した鉢に挿します。切り口が傷まないように、指などで挿す場所に軽く穴をあけて差し込みます。
グラグラしないように挿した枝の周りにしっかりと土を被せます。

その後の管理


カーテン越しの日が当たる、明るい場所に置き、表土が乾いたら水分を与えます。追肥などは必要ありません。
根が張れば、一気に大きく成長していくのでそのタイミングで再び大きな鉢に植え替えを行います。
一年もすればこんなに大きく成長します。

まとめ

ゴムの木の仲間は日光に向かってグングンと伸びていきます。伸ばしたい方向に向きを変えれば、好みに合わせて枝を伸ばすことが出来ます。
自分だけのオリジナルの形を作るのも面白いですよ!
失敗した場合は剪定してしまってもすぐまた生えてきますので、思い切って切ってしまいましょう。
そして切った枝は”挿し木”を行い無駄なく使用します。

フィカス・アルテシマは成長と共に形を変えたり、株を増やしたりなど色々な楽しみがあるとても魅力的な観葉植物です。
是非一度フィカス・アルテシマにチャレンジしてみてください。

YouTubeでも育て方紹介しています!

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。