エバーフレッシュの育て方・植え替え方・増やし方(挿し木)まとめ

こんにちは、植物マニアのエルバスです!

エルバス
今回は、僕の大好きな観葉植物の1つ、”エバーフレッシュ”をご紹介します!
ドリス
エバーフレッシュって夜になると葉が閉じる面白い植物の事だよね?
エルバス
そうだよ♪日々変化を見る事が出来るのでとっても魅力的な植物だよ!

エバーフレッシュはとても人気のある植物ですが、繊細な植物なので育てるのは少し難しい植物です。

エルバス
失敗しない為の育て方のポイントや植え替え方、挿し木の方法を詳しくご説明します!
ドリス
剪定と挿し木のやり方をまとめた動画もあるよ♪

エバーフレッシュとは

エバーフレッシュの分類
科名:マメ科
属名:ピトへケロビウム属
原産地:熱帯アジア・中南米

エバーフレッシュは、ネムの木らしい繊細な枝と葉が特徴的な観葉植物です。

ドリス
見ているだけで涼しげだから、夏のインテリアにピッタリの植物だね!

夜になると葉を閉じる習性があり、昼と夜で全く異なる姿を楽しむ事が出来ます。

また、成長が早くグングン太陽に向かって枝を広げ葉を増やしていきます。

エルバス
広葉樹のような横に大きく広がるタイプをお探しの方におすすめの観葉植物です。

 

育て方のポイント

エルバス
エバーフレッシュは魅力が沢山ある分、ちょっと育てるのが難しい植物です。

とても繊細で環境の変化に弱く、置き場所を変えただけでもすぐに弱り、葉が開かなくなったり、葉を落とす事がしばしば。

エルバス
ただ、ポイントを押さえれば、丈夫に育ち、環境の変化にも負けない強いエバーフレッシュにする事が出来ますよ♪
ドリス
失敗しない為に、ポイントを細かく見ていこう♪

置き場所

エルバス
エバーフレッシュを育てる上で一番重要なのが、置き場所です。

置き場所を変えると調子を崩すので、一度場所を決めたら動かさず、じっくり育てるのがエバーフレッシュを元気に育てるポイントです!

ドリス
じゃあどんな場所が良いの??
エルバス
エバーフレッシュは室内の明るい場所が適しているよ!

暗い場所に置くと弱々しい株になってしまうので、カーテン越しの明るい場所が一番適しています。

調子が悪いと日中でも葉を閉じるので、それを目安にして自宅のどの場所がエバーフレッシュに適しているのかを探してみてください!

夏場は外に出し、明るい日陰で外の環境に慣らしてから、日向に移します。

そうする事で、夏の間に大きく成長させる事が出来ます。

ただ、直射日光に当てすぎると葉焼けを起こすので四六時中直射日光が当たる場所は避けてください。

水やり

水切れを起こすと、葉が開かなくなりぐったりとうな垂れたような姿になります。

葉が開ききらず調子の悪いエバーフレッシュ

そういった状態を繰り返すと、最悪枯れてしまいます。

成長期である春から秋にかけては、水分を多く必要とする植物なので、土の表面を触り乾いていたらすぐに与えて下さい。

冬場は休眠期に入るので、多くの水分は必要ありません。

表土が乾き、土の中まで乾いてから与えてください。

与える際は、鉢の底から水が流れ出るまでたっぷりと与えてください。

また、適度に霧吹きなどで葉に水分を与えるのも、エバーフレッシュを元気に育てるポイントです。

エルバス
日光と同様に、水分不足になると日中も葉を閉じるので目安になりますよ!

冬越し温度

熱帯地方で自生している植物なので、寒さにとても弱いです。

冬場は窓辺から離し、暖かい場所に置いてください。

その際、暖房の風が直接当たると逆に弱ってしまので、風向きに注意が必要です。

ドリス
夏場も同様に、冷房が直接当たらないようにね!
エルバス
最低でも室温を5℃以上にキープしましょう!

病害虫対策

エルバス
新芽や葉の裏側にカイガラムシハダニが付く可能性があります!

適度に窓を開けて風通しを良くする事で、病害虫を予防する事が出来ます。

また、霧吹きも有効です。

 

植え替えの方法

植え替えの方法は他の観葉植物と同様で、特に難しい事はありません。

エルバス
やり方を写真付きでご説明していきます!

植え替えの時期

成長期である4月下旬から9月上旬がエバーフレッシュの植え替えの時期です。

エルバス
エバーフレッシュは成長がとても早いので、1年に1回は植え替えましょう!
植え替えの目安
鉢の底から根が出ているかどうか
エルバス
根が鉢底から飛び出していると根詰まりのサインです!
ドリス
根詰まりを起こすと、水分を吸収出来ず弱ってしまうよ!

ただ、植え替えを行う事で大きくなり過ぎるてしまうのが困るという事もあるかもしれません。

そんな時は、根を1/3程度切り同じ鉢に戻すことで成長を制限できます。

ドリス
また同じサイズで1年間楽しめるね♪

手順

用意するもの
・観葉植物用の土
・底石
・一回り大きい鉢
・スコップ
エルバス
株に対して小さい鉢を使っていると根詰まりを起こしてしまいます。
ドリス
一回り大きな鉢に植え替えて、根詰まりを防止するんだよ♪
エルバス
ちなみに、休眠期である冬場は植え替えは出来ません!

根詰まりの状態で冬場を迎えてしまうと、寒い冬を越せずに枯れてしまう可能性が高くなります。

その為、必ず暖かい時期に植え替えを行っておきましょう!

植え替えはただ大きな鉢に移す為だけでなく、傷んだ根を取り除き、弱った枝を剪定し、冬に備える為にも大事な作業です。

実際の植え替え

エルバス
それでは早速植え替えを始めます!
ドリス
今回はこのエバーフレッシュを植え替えるよ!

今回のエバーフレッシュは根詰まりを起こし、所々葉が枯れてしまっています。

まずは、植え替える鉢を準備します。

自分で土をブレンドしても良いですが、観葉植物用の土が無難です。

次に今使っている鉢よりも一回り大きい鉢を用意します。

ポイント

鉢が大き過ぎると、根詰まり状態と同じく水分が根に十分に行き渡らず弱ってしまいます。

必ず適したサイズの鉢を選んでください。


鉢を用意したら、水はけを良くする為に底石を入れます。

エルバス
発泡スチロールなどでも代用出来ますよ!

1/5程度が適量です!

ドリス
底石はリーズナブルなので、悩まず買ってしまっても大丈夫!

底石を入れたら、次に土を1/3程度入れます。

ここまで用意したら、鉢から株を抜きます。

エルバス
抜く時は、鉢の周りを軽く叩くと抜きやすくなります!
ドリス
急に引っ張ると根を傷つけてしまうので優しく抜いてあげてね!

底に手を入れて古い土を払い、傷んだ根を取ってしまいます。

また、新しい土に馴染むように、根を広げておきます。

真ん中に株が来るように位置を定めます。

あとは周りに土を入れていくだけですが、新しい土古い土の間に隙間を作らないように注意してください。

エルバス
土を袋のまま一気に入れると、隙間が出来てしまうので、スコップなので少しずつ入れましょう!

エルバス
これで植え替えは完了です!

剪定

ドリス
続けて剪定を一緒に行なってしまうよ♪

弱った枝を残しておくと無駄に栄養分を取られてしまうので、傷んだ枝は全て切り落としてしまいます。

エルバス
エバーフレッシュは成長が早く、すぐに生えてくるので、大胆に切ってしまって大丈夫です!
ドリス
作りたい形をイメージして切っても面白いね♪

剪定を終えたら、最後にたっぷりと水を与えてください。

これで全ての工程が終わりました。

ドリス
これで安心して冬を迎えられるね♪

 

増やし方(挿し木)

エルバス
剪定した枝を使い、挿し木をすれば簡単に増やす事も出来ますよ♪
用意するもの
・挿し木用の土

・小さい鉢

・底石

・剪定した挿し穂

苗床作り

まずは苗床を作ります。

排水性を高める為に、底石を入れてその上に挿し木用の土を入れます。

挿し木用の土は、既製品を使うのが無難です。

ご自身でブレンドする場合は、無菌・無肥料の物で、保水性と通気性が優れた土を選んでください。

ブレンドにお勧めの土

・赤玉土(粉粒)

・硬質鹿沼土

・バーミキュライト

挿し穂作り

土を用意したら、挿し穂を作ります。

節の下が発根しやすいので、10〜15センチ程残しカットします。

エルバス
その際少し長めに切り、水揚げを良くする為に水切りで最終的な長さにするのがお勧めです!

上の葉は2枚程残し、それ以外は全て落とします。

また、上の葉が大きい場合は半分に切ってしまいましょう。

エルバス
水切りの際は、斜めに切ると根が出やすくなります!

カットした後は、1時間ほど寝かせます。

挿し木

その後、先ほど用意した土に棒で穴を空けてから、挿し穂を挿します。

ドリス
そのまま挿すと切り口が傷んでしまうよ!

最後に、たっぷりと水を与えれば、挿し木完了です。

その後の管理

その後は、水が切れないように、明るい日陰で管理します。

エルバス
上手くいけば2,3ヶ月で根が出てきます!
ドリス
発根したら、お気に入りの鉢に植え替えよう♪

まとめ

エバーフレッシュは、昼と夜で異なる姿を見る事が出来るとても魅力的な観葉植物です。

育てるは少し難しいですが、その分育て甲斐があります。

上手く育てる事ができれば、毎年成長する姿を楽しむ事が出来ます。

そして、剪定をする事で自分好みの姿に変える事も出来る植物です!

上品な観葉植物をお探しの方に是非お勧めしたい植物です。

エルバス
エバーフレッシュの繊細で上品な姿はどんな部屋でも合いますよ!
ドリス
贈り物としても喜ばれるね♪
ドリス
動画も観てね♪

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。