トレニアの育て方と苗植えの方法【ビギナーでも簡単】

こんにちは。
エルバスです。

今回は、夏の庭を涼しげに彩ってくれる”トレニア”について簡単に育て方と苗植えの方法をご紹介します。
トレニアは夏の花として有名ですが、初夏から10月頃の秋口まで咲き続けるので長い期間楽しめます。
色はピンクイエローパープルブルーホワイトと数多くの色があるのも魅力です。
また、トレニアはとても育てやすい植物なので、ガーデニングビギナーの方にもとってもおすすめです!

トレニア

トレニアとは

科名:ゴマノハグサ科
属名:ツルウリクサ属
原産地:インドネシア・ベトナム・アフリカ地域
開花期6〜10月

トレニアはインドネシアやベトナムのアジア圏やアフリカ圏などに分布している一年草です。
およそ40種ほどの品種があります。
高温多湿にも耐え、耐陰性もあるので初心者でもとても楽に育てられるのが魅力です。
初夏から秋まで筒状のカラフルな花が咲き、その色合いもさることながら可愛らしい小ぶりな花も人気の一つです。
今特に人気なのが”サマーウェーブ”です。
吊り鉢にいれるとその魅力が更に上がります。
【サマーウェーブ】


出典:https://www.suntory.co.jp

育て方のポイント

タネ植え:春の4月下旬~月に行います。
発芽の適温度が高めなので、春先暖かくなってからタネをまいてください。
土はかぶせず、土の表面に置て下さい

肥料:元肥には緩効性のタイプを与えて下さい。
追肥には液肥を使用し、窒素が少なめな物を選んで与えて下さい。

水やり:水分が不足すると調子を崩します。
土の表面が乾いたら、水を与えて下さい。
ただ、あまり与えすぎると根を痛めるので注意が必要です。

置き場所:土壌は気にせず、日当たりよく風通しの良い場所を選んでください。
日光を好みますが、真夏の西日が直接当たらない方が元気に育ちます。

花がら摘み:こまめに花がらを摘み取ることで、多くの花を咲かせるほか、風通しが良くなり健康に育ちます。

切り戻し:6月・7月に弱ったり伸びすぎた花を摘み取り、茎を半分ほど切ってしまいましょう。
あまり切りすぎてしまうと弱ってしまうので注意してください。

増やし方:6、7月に挿し芽を行うと増やすことが出来ます。

苗植え

用意するもの

・トレニアの苗
・花用の培養土
・肥料

苗植えの方法

まず苗植え用の、トレニアを選びましょう。

トレニアは、日当たりと風通しさえ良ければ、あまり”土壌”にこだわる必要はありません。
そのまま植えてしまっても良かったのですが、違う種類の花と同じ花壇に植える為、培養土を用意しました。

肥料は十分に培養土の中に入っているので、必要ありません。

完成

以上で簡単に植え付けは終了です。植え付けの際は、小さい株でも少し距離を開けて植えてください。
数ヶ月後にはかなり大きく成長します。

2ヶ月後

今回のポイントは、

日当たりと風通しの良い場所を選ぶ
適度に花がら摘みと切り戻しを行う
調子のくずした下葉は摘み取る
少し距離を開けて植え付ける

です!

まとめ

トレニアは夏の庭を可愛らしく彩ってくれる人気の花です。
土壌を選ばず育てやすい植物ですので、是非チャレンジしてみて下さいね。

それではまた

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。