手取り15万&ボーナスなしでもOK|固定費下げて自分で稼げば余裕です

手取り15万に絶望する人

正社員で働いてるのに、ボーナスもなく、保険代ひかれて手元に残るのは15万円程度。

日々の生活を保つだけで精いっぱい。

一体この先どうなるのだろう。

それに、どうしたらこの生活から抜け出せるのだろう。

転職すればいいのかな?

ドリス
今日はこんな悩みに答えます。
エルバス
固定費を下げて、プラスαを自分で稼ごう!

【記事の内容】

✓手取り15万&ボーナスなしでもOK

✓固定費を下げれば生活がグッと楽になる

✓自分で稼げば人生もっと楽になる

こんにちは。

サラリーマン副業家のエルバス(@elbaz_side_job)です。

ここ最近、手取り15万の話題をよく耳にします。

多くの人が、15万という給与を悲観的に感じられていますが、ぼくは正直『十分な額じゃない?』と思います。

実際ぼくは、月15万円程度で十分生活できています。

エルバス
今日はそんなぼくが、手取り15万&ボーナスなしでも生活できることをご説明します!

手取り15万&ボーナスなしでもOK

手取り15万でボーナスも出ない会社ならば多くの人が『転職した方が良い』とアドバイスすると思います。

とはいえ、転職したところで上手くいくかなんて誰にも分かりません。

エルバス
ぼくだったら、そんな無責任なことは言いません。

会社の給料に依存した生活から抜け出さない限り、はっきり言ってどこに行っても同じです。

加えて今の世の中、いくら大手に行っても45歳で首を切られる時代です。

15万円でも、もらえる方がありがたいかもしれません。

そこで、手取り15万&ボーナスなしの人がやるべきことは、

  1. 固定費を下げる
  2. 自分で稼ぐ

この2つです。

この2つを実行すれば、手取り15万円でボーナスがなくても余裕で生きていけます。

エルバス
それぞれ詳しく解説します。

固定費を下げれば生活がグッと楽になる

生活していく上で何よりお金がかかるのが、『固定費』です。

食費や交際費、衣服費などの変動費は自分のさじ加減である程度調整できますが、固定費だけは毎月同じ額を支払わなければなりません。

一般世帯の場合、固定費の中で1番額が大きいのが『住居費(家賃)』だと思います。

エルバス
手取り15万円でボーナスも出ない、と嘆いている人の中には『都内に住んでいる人』が多いです。

田舎に住む人で生活が厳しいという人をあまり聞いたことがありません。

それは当然で、住居費が都内と田舎ではまるで違うからです。

都内では、築年数30年近いボロアパートでも平気で家賃6万~8万円を持っていかれます。

家賃に給料の半分近くを費やしていたら、生活が苦しいのは当たり前です。

エルバス
逆を考えれば、家賃を抑えることが出来れば生活は圧倒的に楽になります。

無理して都内に住む意味って何?

手取り15万円で生活が『キツイ』と言いながらも、都内に固執する意味っていったい何なのでしょうか?

ドリス
都内にいても遊ぶお金がなくて家にいるだけなら、どこにいても変わらないね…

いまは田舎だろうがネット環境は整っています。

今年から5Gも始まります。

どこにいても動画はサクサク見れるし、離れた友人とのビデオ通話だって出来る時代です。

エルバス
都内の家にいてスマホをいじっているだけならば、田舎にいようが同じ生活です。

生活が苦しいなら都内からさっさと田舎に引っ越すべき

ぼくは実際に都内から田舎に引っ越した身です。

独り身、出不精ということもありますが、ぼくは都内から郊外に引っ越して固定費を圧倒的に下げたことにより、15万円あれば十分に生活できています。

エルバス
ぼくが今住むマンションは、70平米の2LDKの間取りで、駐車場込みで家賃6万円です。

控えめに言って激安ですし、都内でこのスペックの家に住んだら、3倍はするはずです。

ぼくは愛犬がいるので広い家を選びましたが、1Kなどもっとコンパクトな部屋であれば、家賃3万程度の家が近所にゴロゴロあります。

家賃相場は都内の半分以下です。

都内で苦しい思いをしながら生活をするよりも、田舎に移って家賃を下げ、余裕を持って過ごした方がよっぽど幸せではないでしょうか?

自分で稼げば生活はもっと楽になる

固定費を下げたら次にやることは、『副業』を始めることです。

ぼくはこのブログ内で何度も言い続けていますが、生活が苦しく収入を増やしたいのであれば『自分で稼ぐ』という考えを持つべきです。

会社の不満を言っても、上司の不満を言っても給料が上がることはありません。

エルバス
給料が少ないと嘆くのであれば、さっさと自分で副業でも始めた方がよほど確実に稼げます。

月15万円ならばすぐに稼げる

ぼくは副業収入が月に20万円程度あります。

エルバス
つまり、本業の収入を使わずとも副業収入だけでも生きていけます。

そろそろ気付いてほしいのですが、15万円程度であれば、副業を頑張れば100%稼げる額です。

いまは、ネット環境があればどこでだって仕事ができます。

手取り15万ボーナスなしに悩むのであれば、さっさと自分で稼ぐことを始めましょう。

たとえば、ぼくの副業の1番の収入源であるWebライティング。

ノースキルでも始められ、実績を積めば副業でも30万円は狙えます。

【副業】0から始めるWebライター|ライター歴2年が詳しく解説

クラウドソーシングを通せば、文字起こし、イラスト、動画編集、翻訳など多くの仕事が見つかります。

副業におすすめのクラウドソーシング6選|副業歴2年のぼくが厳選

不労所得を得たいならば、YouTubeやブログ、アフィリエイトだってあります。

サラリーマンにおすすめの副業11選|本業ありでも月10万稼げる仕事

エルバス
収入を増やすのは、何も給料を増やすだけが全てではありません。

副業ができない会社はすぐに辞めた方がいい

冒頭で安易な転職はおすすめしないと言いましたが、例外があります。

それは、仕事が忙しく副業をする暇がない場合です。

手取り15万でも、副業の時間を確保できる会社であれば、リスクを背負ってまで転職する必要はないと思いますが、めちゃくちゃ忙しい上に、手取りが15万&ボーナスなしは完全にブラックです。

エルバス
そんな会社にいては人生を棒に振るだけなので、即転職をおすすめします。

賢い転職の仕方は、『失敗しない転職エージェントの選び方|現役人事が採用の裏側教えます』にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

人生をもっと楽しく自分らしく生きよう

生活を維持するだけで精いっぱいで、好きなものも買えず、食べたいものも食べられず、常に我慢していては人生面白くありません。

エルバス
時にはパッと使って気分転換した方が、日々の生活に張りが出ます。

固定費を下げて、副業でプラスαの収入を得ることが出来れば、会社の給与が生活費で消えても、手元にまだお金が残ります。

貯金

自己投資

散財

なんでもOKです。

副収入はすべて自分のために使えるお金です。

会社の給与だけでは手に入らなかった生活が、固定費を下げ、副業をはじめることで手に入ります。

まとめ|悲観していても何も変わらない

✓手取り15万&ボーナスなしでもOK

✓固定費を下げれば生活がグッと楽になる

✓自分で稼げば人生もっと楽になる

1番やってはいけないのは、手取り15万ボーナスなしという状況に悲観しながら何も行動を起こさないことです。

状況を変えるには、行動するしかありません。

エルバス
いつか状況が良くなると思っているだけでは、100%変わりません。

行動に移すことは勇気がいりますが、その一瞬をためらうことで、一生後悔するかもしれません。

今すぐ明るい未来のために動き出しましょう。

ドリス
それじゃね♪

【関連記事】

【副業】0から始めるWebライター|ライター歴2年が詳しく解説

2020年2月17日

副業におすすめのクラウドソーシング6選|副業歴2年のぼくが厳選

2020年2月15日

サラリーマンにおすすめの副業11選|本業ありでも月10万稼げる仕事

2020年2月9日

 

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。