脱会社依存!会社と対等な関係を築き、人生をグッと楽にする方法!

エルバス
僕はもう会社に振り回されるのも、誰かにびへつらうのもウンザリです。

時間は有限です。

一度しかない人生を会社の為に消耗して生きていくのはあまりにも残念だとは思いませんか?

ただ、いきなり会社を辞めて自分で食っていくとなると、かなりハードルが高いので、依存しない程度に付かず離れずの関係、“共生”の道が良いと思っています。

会社依存の体質から抜け出し、“会社と対等”になるのです。

会社が僕の事を利用する分、僕も会社を利用します。

イーブンな関係です。

そのパワーバランスが崩れるのであれば、契約解消です。

僕は会社を去ります。

会社に依存しない生き方を身につけてから、僕は人生がグッと楽になりました。

こんな方におすすめ

  • 会社依存がダメな理由を知りたい人。
  • 今の働き方にウンザリしている人。
  • 会社に依存しない働き方を知りたい人。
エルバス
全て僕の実体験を基にした記事です!

会社に依存する働き方をやめるべき理由

こちらがいくら会社に貢献しても、会社は何も返してくれません。
昇給は微々たるもの、有休すら取らせてくれない。

会社によっては、退職金も出なければボーナスも出ない会社もあると思います。

その会社の将来性を計る手段として、自分の会社の上司を見て下さい。

数年後、その上司のようになっていたいと思いますか?

僕は無理でした。

みんな疲弊していて、人生全然楽しそうじゃない。
自分も数年後はこうなっているのかと不安になりました。

誰でもそんな会社に自分の将来を託したくはないですよね。

ただ会社が悪いとは思いません。
ブラック企業は別として、モノが売れない今の時代、利益が出てないのだから還元できるものが会社にはないから仕方ないです。

だから、

「これだけ頑張っているのだからもっと僕を評価してよ!」と言ったところで、無い物ねだり。

会社だって何もしたくないわけではない。
したくてもしてあげられないのが、今の会社の現状です。

そんな会社に依存して働いて、得られるものは一体何ですか?

何もないです。

だったら、そんな不毛なやり取りはやめて、自分で稼いだ方がよっぽど効率的だとは思いませんか?

有名企業に行っても結局は消耗するだけ

エルバス
僕は、アパレル営業を長らく続け、ステップアップの為に転職を繰り返し、最終的には誰もが知る大手外資系企業から内定をもらいました。

給与条件もまずまずで、さすが大手だと思いました。

が、このまま今までと同じように働くのはどうなのかと、ふと思いました。

アパレル営業は激務です。
ある程度お金をもらえても、朝から晩まで、休みの日も働き、お店・取引先・上司に気を使い消耗する日々は変わらない。

休みの日も仕事・仕事・仕事。

そんな仕事漬けの生活をして万が一体を壊しても会社は助けてはくれません。

給料だってこの先どれだけ上がるのかも分からない。

今は大手でも昇給額なんてたかが知れています。

「もっと給料が欲しい」

「もっと休みが欲しい」

「もっと楽に働きたい」

数年後、数十年後、もしかしたらすでに明日には、今良いと思って入った企業でも不満や不安を抱いているかもしれない。

会社に依存した働き方でいる限り、この考え方はきっと変わる事はありません。

会社依存から抜け出す為には

ドリス
じゃあ、会社依存から抜け出し為には何をすべきなの?
エルバス
それは、給料を当てにせずに“自分で稼ぐ力を身に付ける事”です。

会社に依存してしまう大きな要因は、やはり“お金”だと思います。

給料一本で生計を立てていれば、それが途絶える事を恐れて依存せざるを得なくなります。

会社以外での収入を得られるようになれば、徐々に会社への依存度は減少していきます。

また、自分で稼げるようになれば、無理して一つの会社に固執する必要はなくなり、会社を選ぶという選択肢も出てきます。

嫌だったら辞めれば良いだけです。

目先のお金よりもその先を見る

僕の場合は、目先のお金よりも、自分の可能性を切り開くために自由な時間を得ようと決め、多忙な大手企業の内定をお断りしました。

方向性を180度変え、郊外の名もなき会社の事務職へと転職しました。

【働き方改革】副業を始めるなら事務職が圧倒的に有利な理由!

2019年9月19日

年収はものすごく下がりましたが、今は誰にも文句を言われる事もなく、自分の仕事を淡々とこなし定時には上がり、その後は副業の時間として有意義に使っています。

今では大手企業から提示された額程度稼げるようになっています。
※家も郊外へ引っ越し、家賃など固定費を下げた事も大きいです。

脱会社依存を図り、会社の昇給に期待せずに、自分で稼いだ方がよっぽど稼げることを会社から離れて学びました。

給料が下がっても、時間があればそれ以上に稼ぐ術はいくらでもあります。

会社に時間も労力も全てを捧げずに、その何割かを自分の仕事に向けるだけです。

会社に所属するメリットも大きいので、いきなり辞めることはお勧め出来ません。

会社のメリットを活かしつつ、それ以上は求めずに、後は自分で稼ぐというスタイルが今の時代一番良い働き方だと思っています。

稼ぎ方はいろいろある

ドリス
でも、急に他で稼げと言われても何をすべきか分からないじゃないかな?
エルバス
そうだね。

何を副業にすべきか迷っている方におすすめなのは、クラウドソーシングです。

現在僕は、ブログ運営とWEBライティングがメイン収益源です。

ただ最初からブログやライティングを仕事にしようと思ったわけではありません。

クラウドソーシングを通して世の中にはこんなに様々な仕事があるんだと驚きました。

まずは、その中の仕事を片っ端からいろいろ試してみた結果、僕に落ち着いたのがライティングの仕事でした。

そしてライティングの仕事を通してブログの存在を知り、ブログを始めました。

会社の中にいては気づきませんでしたが、世の中には様々な仕事があります。

最初からコレと決めつけず、色々試し、その中から自分に合った仕事を見つければ良いのではないでしょうか。

もし、クラウドソーシングを試してみるのであれば、業界最大手のランサーズがおすすめです。

何より大事な事は行動する事

ここまで読んでくださり、『ふむふむ。なるほど。』と思われた方の中でも実際に行動に移す人は100人いたら1人いるかいない程度だと思います。

実際僕もそうでしたが、頭では何かしなくちゃ、行動しなくちゃと思いつつ結局は何もしない日々でした。

まずは行動してみる。

大げさではなく、給料以外で1円でも自分で稼ぐと世界が変わります。

それが百円、千円、一万円、十万円と増えていくと自信が付き、会社への依存度が減少していきます。

行動しなければ一円も稼げません。

まずはスタートラインに立ちましょう!

まとめ

脱会社依存を目指すのであれば、何より自分で稼ぐ力を身に付ける事が大事です。

給料一本の生活から解放されれば、会社との関係はイーブンになります。

今の働き方に不満があるのであれば、今すぐに行動を始めましょう!

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。