カール・ラガーフェルド逝去。最後に手掛けたFENDIのコレクション。

【モード界の皇帝】【ファッションマイスター】の呼び名で親しまれ、ファッション界に多大な影響を及ぼしてきたカールラガーフェルド氏が2019年2月19日に亡くなりました。

享年85歳でした。

彼が最後に手掛けたのが【FENDI 2019-20ウィメンズコレクション】です。

僕自身、カールラガーフェルド氏の手掛けるFENDIの大ファンだったので、残念でなりません。追悼の意を込めて、大好きだったカールラガーフェルド氏と彼が手掛けた最期のコレクションについてご紹介したいと思います。

カール・ラガーフェルドについて

 

View this post on Instagram

 

Fendiさん(@fendi)がシェアした投稿


カール・ラガーフェルド氏は、 1933年にドイツのハンブルグ生まれました。その後14歳の時にパリへ移住しています。

若いころからその才能はすさまじく、16歳で既にその才能の片りんを表しています。

なんと16歳という若さで、IWS(国際羊毛事務局)主催のコート部門のコンクールおいて、大人たちを押しのけ優勝しています。

17歳になるとフランスの人気ラグジュアリーブランドである【ピエール・バルマン】にその才能を認められ、アシスタントとして採用されています。

現在は、【FENDI】を始め【CHANEL】、自身の冠ブランドである【KARLLAGERFELD】を手掛けるデザイナーとして知られていますが、それ以外にも名の知れたハイブランド手掛けてきた実績があります。

例えば、

【ピエール・バルマン】

【ジャン・パトゥ】

【クリツィア】

【シャルル・ジョルダン】

【ヴァレンティノ(Valentino)】

【クロエ(Chloé)】

 

などです。

その中で一番の功績はやはり、一度低迷した【CHANEL】と【FENDI】を彼の力によってファッション界の頂点へと押し上げた事です。

LVMHのアルノー最高経営責任者(CEO)は、カール・ラガーフェルド氏の逝去をうけて、

パリを世界のファッション都市にし、フェンディを最も革新的なイタリアブランドとした創造的な天才をファッション業界は失った。

参照:reutersロイター

と述べています。

FENDIとカールラガーフェルド氏について

 

View this post on Instagram

 

Fendiさん(@fendi)がシェアした投稿

FENDIは1925年に設立されたイタリア、ローマ発祥のブランドです。

世界的なラグジュアリーブランドとして、アパレルから宝飾・時計・香水など幅広い製品を取り扱う一流ブランドとして世界中の多くの方に愛されています。

そんなFENDIは今でこそ世界的規模ブランドに成長していますが、始まりはFENDI夫婦が始めた皮革製品の小さなブティック店でした。

FENDI夫婦は皮革製品を作る傍ら、販路を広げる為に、当時ハリウッドで流行していた毛皮製品の取り扱いも始める事にしました。

そして、毛皮工房を立ち上げ、皮革製品と共に毛皮コートを売り出したところ、これが大ヒット!あっという間に大人気商品となりました。

イタリアの多くの女性を魅了し、FENDIのコートを着る事がステータスになるほど人気ブティックになり、FENDIの名は一気に広がっていきました。

皮革製品と毛皮製品により好調に推移していたFENDIですが、90年代に入ると衰退していきます。

FENDI復興に向けて、サポートに入ったのがPRADAと現在のグループ会社であるLVMHグループでした。

現在はPRADAが所有していたFENDIの株を、LVMHが全て買収し、LVMHの完全子会社になっています。

FENDIは強力なサポートを得て、高級ブランドとしてイタリアから世界へ販路を広げ、復活しました。

そして、その復活劇の中で最も貢献したのが、カールラガーフェルド氏です。

 

若干27歳という若さでFENDIのデザイナーとして抜擢され、FENDIの売上拡大に大きく貢献しました。

以後、FENDI=カールラガーフェルドといっても過言ではないほど、カールラガーフェルド氏はFENDIの魅力を作り上げたデザイナーです。

 

カールラガーフェルドが最後に手掛けたFENDI 2019-20ウィメンズコレクション

引用元:VOGUE JAPAN

ランウェイに飾られた『for karl』の装飾が光り輝くと共に、カール・ラガーフェルド氏による最後のFENDIコレクションが2月21日ミラノ発表されました。

ファーストルックは、インパクトあるビッグポケットが印象的なベージュのクラシカルジャケットに、同じく印象的なビッグボウ付きのブラウスを合わせたルックからスタート。

会場にはカール・ラガーフェルド自ら書いた『Love Karl』の文字が飾られた他、ランウェイには1981年にカール・ラガーフェルドがデザインした有名な『FF(ダブルF)ロゴ』が押印されていました。

『FFロゴ』はランウェイだけでなく、招待状からコレクションのブラウスやコート、ソックスなど多くのアイテムにも使用され、まさにカール・ラガーフェルドが手掛けたコレクションという圧巻のショーでした。

引用元:VOGUE JAPAN

全てのコレクションが発表されると、会場は暗転し、最期までデザイン画を描くカール・ラガーフェルド氏の映像が流れました。

現代のファッション界をリードし続けたカール・ラガーフェルド氏への称賛と故人を惜しむ声に包まれながら最期ショーは幕を閉じました。

まとめ

カール・ラガーフェルド氏によるコレクションを見られるのはこれで最後となり、残念でなりません。

しかし、FENDIから、そしてせて世界中のFENDIファンから、愛されたカール・ラガーフェルドの意思は今後も受け継がれていくはずです。

 

今後の新生FENDIに期待です!

 

常に心躍るコレクションをありがとう、カール・ラガーフェルド!!

 

View this post on Instagram

 

Fendiさん(@fendi)がシェアした投稿


FENDIがカール・ラガーフェルドへ贈ったトリビュート

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。