【副業】0から始めるWebライター|ライター歴2年が詳しく解説

Webライターを目指す人

副業でWebライターを始めたいんだけど、どうやったらWebライターになれるんだろう。

何か資格とか必要なのかな?

それに仕事の進め方なんかも知りたいな。

実際に副業でWebライターとして稼いでいる人がいたら、詳しく教えてくれないかな。

ドリス
今日はこんな疑問に答えます。
エルバス
この記事を読めば、今日からあなたもWebライターデビュー!!

【記事の内容】

✓副業としてのWebライター

✓Webライターの始め方

✓Webライターの仕事の進め方

✓ライティングスキルを磨くには

✓今日からあなたもWebライターデビュー

こんにちは。

サラリーマン副業家のエルバス(@elbaz_side_job)です。

ぼくは副業で2年前からWebライターを始め、現在月に10万円程度の報酬をいただいています。

一時期は専属ライターとして仕事を行っていましたが、現在は他の副業との兼ね合いで不定期で仕事をしています。

不定期と言えども、Webライターは月に10万円程度は稼げるのでサラリーマンの副業としてぴったりの仕事と言えます。

エルバス
今日は、Webライターについてから、Webライターの始め方や仕事の進め方などを詳しくご説明します。
ドリス
Webライターが気になる人はぜひ読んでいってね♪

副業で始めるWebライター

Webライターの仕事は、知識や経験がなくてもノースキルで始められるのが特徴です。

また、パソコンがあればいつでもどこでも仕事ができるので、副業の時間が限られているサラリーマンにとって相性の良い仕事と言えます。

スキルを磨き実績が認められれば、報酬額は上がり、副業と言えど月に数十万円の報酬も十分に狙えます。

始めやすいうえに、働いた分がそのままお金となるので、副業にピッタリの仕事と言えます。

そもそもWebライターって何?

Webに掲載される文章を作成する仕事をWebライティングと呼び、その書き手をWebライターと呼びます。

仕事は様々で、

企業のWebサイトのコラム

ネット広告の文章

ECサイトの商品説明

個人ブログの代筆

など多岐に渡ります。

文章を書くことができれば誰でもできる仕事ではあるものの、クライアントが提示したテーマに沿って情報収集し、自分の言葉で文章に落とし込むスキルが求められます。

働き方も多様で、企業の専属ライターとして働く人もいれば、フリーランスや副業でクライアントからの依頼に基づき仕事を行うWebライターも存在します。

Webライターの報酬

1案件に付きいくらと決まっている場合がありますが、多くの場合が1文字○円という文字単価での支払いがほとんどです。

例)1文字1円

1文字1円の契約ならば、3,000字書くと3,000円になります。

エルバス
書いた分だけお金になるので分かりやすいです。

単価はスキルや実績により変動し、熟練のライターであれば、1文字2、3円の仕事を請けることも可能です。

ドリス
最初は1円の仕事を取るだけでも大変なので、まずは実績を積み、1文字1円を目指そう!

Webライターの始め方

Webライターになるのに、資格も経験も必要ありません。

自分で『Webライター』と名乗れば、今日からあなたもWebライターとしてデビューできます。

とはいえ、名乗ったところで仕事がすぐに見つかることはないので、まずは仕事探しが最初の仕事になります。

先ほどご説明したように、Webライターには企業サイトの専属ライターとして仕事をする人もいれば、フリーランスや副業で単発で仕事を請ける人もいます。

直接契約できれば、高報酬を得ることも可能ですが、実績のない初心者がいきなり企業の専属ライターとして仕事を請けるのはハードルが高いです。

エルバス
まずは単発の仕事を多くこなし、スキルを磨き、実績を積む必要があります。

Webライターは実績がモノを言う世界です。

実績があれば、仕事も取りやすく、条件交渉もうまくいくようになります。

実績を積むには?

初心者が実績を積むならば、まずはクラウドソーシングサービスを通して仕事をするのが1番です。

クラウドソーシングの中には、ブログの執筆代行から企業サイトのライティング、簡単なアンケート形式のライティングまで幅広く仕事が揃っています。

初心者がいきなり1文字1円以上の仕事を受注するのは中々難しいのが現状です。

まずは実績を積むことを重視して、単価はあまり気にせず仕事を多くこなすことをおすすめします。

エルバス
ぼくも最初は、0.5円程度の仕事しかもらえませんでした。しかし我慢して実績を積むことで、今は1.5円から2円程度の仕事をもらえるようになっています!

Webライターの仕事の進め方

ここからは具体的に仕事の進め方をご説明します。

手順は下記です。

手順

  1. クラウドソーシングサービスに登録
  2. 仕事を探す
  3. 応募&条件交渉
  4. 書く
  5. 納品
  6. 修正(あれば)
  7. 報酬受け取り
エルバス
以上がWebライティングの一連の流れです!
ドリス
順を追って説明するよ♪

クラウドソーシングサービスに登録

Webライターとして仕事をするのであれば、登録すべきクラウドソーシングは、下記の4つです。

国内最大手、案件数No. 1
クラウドワークス

クラウドワークスに対をなす国内大手
ランサーズ

手数料最安値
Bizseek

Webライティングに特化
サグーワークス

少なくともこの4つに登録しておけば、仕事が見つからないことはありません。

各クラウドソーシングの詳しい説明は、下記の記事をご覧ください。

副業におすすめのクラウドソーシング6選|副業歴2年のぼくが厳選

2020年2月15日

今回は大手クラウドソーシングサービスの『クラウドワークス』を使ってご説明していきます。

まずは、簡単に登録を済ませましょう。

『会員登録をして仕事を始める』をクリック。

0からアカウントを作る場合は、1を選択(3分もあればすぐに登録できます)。

既存のアカウントを使い、サクッと登録を済ませるのであれば2を選択。

登録作業はこれだけです。

登録後、次にやるべきことは、クライアントとのマッチング率を高めるためにプロフィールを記入することです。

プロフィールが書かれていないと、信用を得られず仕事を受注することが出来ません。

エルバス
面倒臭がらずに、しっかりと自分の経歴や強みを書きましょう!

各情報を登録し、充実度をあげましょう。

これで仕事前の準備は完了です。

仕事を探す

仕事カテゴリから『ライティング』を選択します。

ライティングの中にも、様々なジャンルがありますが、個人的には『ブログ記事作成』が書きやすいので、初心者の方におすすめです。

応募&条件交渉

出来れば、1円以上の仕事を選びたいところですが、先ほどご説明したように、いきなり高額案件を受注することは難しいです。

実績のない最初の頃は、条件交渉よりも仕事を獲得することを優先しましょう。

エルバス
実績を積めばあとで必ず稼げるようになるので、最初は我慢ですよ!

仕事を選ぶ際は、『これなら自分でも書ける!』という案件を選びましょう。

たとえば、ぼくの場合アパレル業界に勤めていたので、ファッション系の記事執筆を探しているクライアントを中心に応募しました。

ドリス
自分の経験を活かした記事は書きやすいし、クライアントもリアルな記事を書ける人を歓迎するので仕事が取りやすいよ!

1で各クライアントの条件を確認し、自分でも出来そうと感じたら、2の『応募画面へ』をクリック。

応募を確定する前の最終画面です。

ここでクライアントへのメッセージを書かない人がいますが、ライティング以外の情報でも良いので、自分のアピールポイントをしっかり書くようにしましょう。

エルバス
実績や過去の制作物などがあれば、それを添付することでより採用されやすくなります。

書く

無事、クライアントに選ばれたら、あとは書くだけです。

基本的にクライアントが求めるテーマや流れに沿って書けばOKです。

クライアントにより、言葉遣いや言い回しなど指定される場合があるので、必ず確認してから書き進めましょう。

自分の知識だけでは主観的な記事になってしまうので、ネットの情報や参考書を基にしながら、客観性を大事にして書くのがポイントです。

とはいえ、最初から上手い記事など書けないので、場数を踏んで成長していけばOKです。

ドリス
Webライターとしての信用が地に落ちるので、コピペだけは絶対やってはダメだよ!

納品

書き終わったら、制作物を提出します。

当然ですが、期日は必ず守りましょう!

修正(あれば)

クライアントから修正依頼が入る場合があります。

依頼されたとおりに修正すれば問題ありません。

報酬受け取り

最終的にクライアントが制作物を受け取れば、仕事は無事終了となります。

エルバス
クラウドソーシング会社を通して報酬を受け取ることができるので、クライアントにバックレられる心配もありません。
ドリス
手数料は取られるけどね…

以上がWebライティングの仕事の一連の流れです。

ライティングスキルを磨くには

ライティングスキルを磨くには、『たくさん書く』しかありません。

エルバス
最初から完璧に書ける人などそういないので、とにかく数をこなしましょう!

最初から何の知識もないテーマについての記事を書くのは中々ハードです。

そのため、先ほどお伝えしたように、まずは自分の知識を基に書けるテーマのものを選び、どんどん書いてみる事をおすすめします。

スキルも知識もない状態で、難しいテーマを選び、結局上手く書けずクライアントの信用を落とすよりも、まずは簡単な記事だろうが実績を積み、信用を得ることが大事です。

実績と信用を築くことができれば、仕事も請けやすくなり報酬も上がります。

エルバス
まずは焦らずに、自分のスキルを磨くことに専念しましょう。

まとめ|今日からあなたもWebライターデビュー

✓副業としてのWebライター

✓Webライターの始め方

✓Webライターの仕事の進め方

✓ライティングスキルを磨くには

✓今日からあなたもWebライターデビュー

についてまとめました。

Webライターになる!と決めた時点で、あなたはもう『Webライター』です。

あとは実績を積むだけです。

最初から大きな額を稼ぐことは出来ませんが、コツコツ続けることで必ず稼げるようになります。

ライティングスキルが磨かれれば、Webライターとして独立することも夢ではありません。

エルバス
Webライターの知識と経験を活かし、自分でサイトを立ち上げるのもありです!

Webライターはただの副業ではなく、スキルが磨かれる素晴らしい仕事ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

ドリス
まずはクラウドソーシングに登録だよ!

国内最大手、案件数No. 1
クラウドワークス

クラウドワークスに対をなす国内大手
ランサーズ

手数料最安値
Bizseek

Webライティングに特化
サグーワークス

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。