【見栄の捨て方】見栄を捨てれば、月20万は貯金出来るようになる。

2年前のエルバス
あ~、もっとブランド物の洋服が欲しいな~!

都内のお洒落な家に住みたいな~!

もっと自慢出来る有名企業に転職したいな~!

2年前までの僕は、いつもそんな事を考えていました。

他人からどう思われているのか気になり、少しでも良く思われようと、外見ばかり気にする日々。

当然ながら、見栄を張って生きていくのはとてもお金がかかります。

外見を着飾る為にお金を湯水のごとく使い、給料は支払いですぐになくなり、貯金はほぼ0。

僕は、そんな生活に嫌気が差し、思い切って当時の会社も、家も、仕事もすべて捨ててみました。

その結果、驚くほど身軽になり、誰の目を気にすることなく、自分らしく生きられるようになりました。

お金を使う事もなくなり、本業と副業の収入を合わせて月20万は貯金に回しています。

もし今、以前の僕と同じように“見栄”のせいで首が回らなくなっているのであれば、今すぐ改善しましょう。

見栄の為に生きていても何も良い事はありません。

こんな方におすすめ

  • 他人の目が気になる人。
  • 見栄っ張りがやめられない人。
  • お金を貯めたい人
エルバス
今回は僕の実体験を基に、僕が見栄を捨てる事が出来た理由と、貯金が簡単に出来るようになった理由をご紹介します。

見栄は何も得られない。むしろ失うだけ。

まず初めに断言すると、見栄を張っていても人生損するだけです。

以下、僕の失敗談。

僕は、前職がアパレル営業という事もあり、出勤は私服でした。

2年前の僕の思考

僕は華やかなアパレル業界で働いている!

ダサい恰好は出来ない!

いつもトレンドものを身に付けていなくてはならない!

同じアパレル業界人の中でも、一番目立っていたい!

アパレル業界に入った事で、元々の見栄っ張りな性格が更に加速し、給料のほとんどを洋服やバッグ、靴に費やしていました。

そんな生活をしていれば、当然、貯金なんて出来ません。

加えて、お洒落な町に住みたい、家具にもこだわりたいなど、見栄はどんどん肥大化し、給料の次の日には支払いでほとんど無くなっているという状態。

このままじゃマズイ…とは思うものの、

これを買ったら”凄い”と思われるには違いない。
みんな羨ましがるぞ!

なんて見栄による衝動を止められず、浪費は止まりませんでした。

その為、より良い給料を得る為に転職を繰り返しました。

しかし結局は、給与を上げる事は出来たものの、上がった分だけまた消費するという、負のスパイラルに…。

一体何の為に働いているのか…。

何の役に立たないブランド物ばかり増えて、貯金もなく、支払いの為に生きる人生。

流石に自分の愚かさに気付き、この状態から抜け出す事を決めました。

見栄を捨てる為にすべきこと

見栄を捨てると簡単に言っても、性格はそう簡単に変えられるものではありません。

重度の見栄っ張りであった僕が抜け出せたのは、

環境を変えた事に尽きます。

僕がした事

アパレル業界をやめる

理由:⇨同じ思考の人たちと一緒にいては変われないから

田舎に引っ越す

理由:⇨今までと180度違う生活をする為

それぞれ詳しく見ていきましょう。

同じ思考の人たちと一緒にいては変われない

基本的にこの世の中、自分の回りには同じような人たちが集まります。

アパレル業界にいた頃、僕と同じような人は沢山いました。

あいつ新しいグッチの服着てる

いいな、俺も買おう。

お!あいつはセリーヌのバッグだ!

あれも良いな…。

なんて会話が日常茶飯事。

そんな環境に身を置いていたら、一生浪費生活から抜け出せません。

本当に自分が変わりたいと思うのであれば、思い切ってその環境を変える事が必要です。

だから僕はアパレル業界を辞めました。
(それだけが理由ではありませんが)

今は全く異なる業界へ転職し、普段はスーツになりました。

私服を着る機会が少なくなり、週末にしか私服を着ないとなると、自然と洋服に対する興味が薄れていきました。

加えて、会社の同僚たちは、私服にお金をかけるような人は殆どおらず、私服はいたって普通。
間違ってもブランド物を買い漁るような人はいません。

そうなるとかえって自分の服装が浮いてしまい、なんだか恥ずかしい気持ちになりました。

あれだけこだわっていたのは一体何だったのか…。

人の考え方は環境に応じて簡単に変わっていくのだと強く感じました。

洋服が嫌いになったわけではありませんが、以前のようにブランド物を買いたいとは殆ど思わなくなりました。

誘惑が少ない場所に引っ越す

今僕が住んでいる家の周りには、山、畑、あとは民家しかありません。

お洒落なショップも美容室もレストランもありません。

そんなところで生活していると、物欲などまるで湧きません。

生活できる最低限のものがあれば満たされるので、見栄など張る必要がありません。

東京に住んでいた時は、目に入るものすべてが誘惑でした。

出勤途中・退勤途中、ショップや飲み屋などなんでもあります。
帰りにちょっと寄っていこうと思えば、どこへでも行けます。

都内に住んでいる限り、僕の物欲が治まる事はなかったと思います。

前述したように、付き合う仲間からも多大な影響を受けますが、住む環境も大きく影響を与えます。

見栄を捨てる手段として強制的に誘惑のない場所へ引っ越してしまう事も一つです。

見栄を捨てるとお金が貯まりだす

当たり前ですが、お金は使わなければ勝手に貯まっていきます。

僕の場合は、給与は下がりましたが、郊外に引っ越したことにより家賃は半分以下に下がりました。

また副業を始め、現在では本業の収入以外に10万円程度の収入があります。

ここでの生活だと、月に10万円ちょっとあれば特に問題なく生活出来ます。

副業で得たお金はそのまま貯金に回し、給料から10万円いれれば20万は簡単に貯められます。

残りは、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談し、資産運用に回しています。

少し余談になりますが、FPに相談すると今まで自分の頭では考えられなかったお金との付き合い方を発見できるのでおすすめです。

正直、実際会って話すまでは、“怪しい人たち”とばかり思っていましたが、やはり餅は餅屋です。
お金のことはその道のプロに任せるべきです。

僕は、FPに無料で相談できる、みんなの生命保険アドバイザーを通してFPを紹介してもらいました。

話を戻します。

例え、別収入がなくても今まで散在していたお金を貯めるだけでも十分にお金は貯まるはずです。

平均の貯金額は、給与の10%から15%と言われています。

手取りが20万であれば3万円程度

手取りが30万であれば4.5万円程度

今、見栄の為に浪費している額を考えれば、多くの方が簡単に達成出来る額だと思います。

そして更に、生活費を下げる事が出来ばよりお金は貯まっていきます。

僕のように、田舎に引っ越し、誘惑のない場所で生活費を下げれば、あっという間にお金は貯まっていきます。

詳しい内容はこちらにまとめています。

副業の時間がないサラリーマンが【月10万円を稼ぐ】時間の作り方

2019年9月23日

【働き方改革】副業を始めるなら事務職が圧倒的に有利な理由!

2019年9月19日

今のお金の使い方を少し見直してみませんか?

見栄を捨てると人生が軽くなる

見栄を捨てると、お金に追われる事から解放されるほかに、本来の自分らしく生きられるようになるメリットがあります。

他人の目を気にする事が無くなるので、自分がやりたい事を自由に出来ます。

かつては、名の知れた企業や大手企業ばかり選んでいましたが、そんな事はもうやめて、田舎の中小企業に転職し、気楽にのんびり過ごしています。

残業もなく、ノルマもなく、人間関係に悩む事もありません。

それでいて、以前よりも収入が増えてきているので人生は不思議です。

生活をシンプルにするための参考書

僕はそこまでストイックに生きられませんが、ミニマリストの方々の生き方を知る事は、見栄っ張りにはとても刺さります。

シンプルに生きるという事を学んだ本をいくつかご紹介します。

まとめ

見栄を張って生きていても、何も得るものはありません。

そんなものはさっさと捨てて、新たな人生を始めましょう。

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。