【やる前から無理】は愚の骨頂|チャンスを掴むにはまずやってみるが正解

やる前から無理男くん

収入増やしたいから副業でも始めてみようかと思うけど、どーせ稼げないだろうなあ。

ブログもYouTubeもFXも無理ゲー。

あーあ、おれっていつもこんなことばかり言って、何かに挑戦したこと一度もないな。

とはいえ、おれには才能もないし、運も実力もない。

やるだけ時間の無駄だよなー。

どうしたもんかね。

ドリス
今日はこんな残念な人の疑問に答えるよ!
エルバス
行動しなければチャンスは掴めません!

【記事の内容】

✓やる前から無理では何も得られない

✓やる前から無理と言う人の特徴

✓やる前から諦めてしまう癖の治し方

こんにちは。

サラリーマン副業家のエルバス(@elbaz_side_job)です。

なにかをはじめようと思ってみたものの、どうせ無理だろとやる前から諦めていませんか?

ぼくも以前は無理ゲーが口癖で、やる前からいろいろ諦めていました。

しかし、思い切って行動をしてみたところ、世界が変わりました。

いまでは、副業だけで月に20万円ほどの収益を発生させることができるようになり、さらに右肩上がりで伸びています。

結果を出したいなら『行動』を起こさなければ何も生まれません。

また、変化を待っていても何も変わりません。

恐れずに『まずはやってみる』が成功の秘訣です。

エルバス
今日はやる前から無理と諦めずに、行動することが大事であることをご説明します。

やる前から無理では何も得られない

今、自分が置かれている状況を変えたいのであれば、行動するしかありません。

エルバス
変化は待つものではなく、自分で掴み取るものです。

待っていても何も変わらない

以前のぼくは、激務の上に薄給の職場に不満を抱えながらも、何も行動せずにいました。

心の中では副業でも始めようかなとは思いつつも、

『自分にはきっと無理』

『失敗したら嫌だな』

など、やる前から無理と決めつけていました。

エルバス
それから何もせずに10年近く経ちましたが、自分を取り巻く環境はなにも変わらず。

さすがにこれはまずいと気づき、ダメもとで『自分で稼ぐ』ことをはじめました。

そして、2年間副業に没頭しました。

エルバス
結果、10年待っても何も得られなかったものが、たった2年で得られるようになりました。

今では少ないながらも、不労所得も毎月得られるようになっています。

ドリス
現状維持でもよいと思う人は、『やる前から無理』と諦めて全然OKです。

とはいえもし、本気で今を変えたいのであれば、積極的に行動することでチャンスが多く巡ってきます。

意外と無理じゃなかったりする

なにかを始めようとするとき、まずはその分野で成功している人を参考にしますよね。

ぼくで言えば、ブログがそうです。

当時は、ブログの知識もライティングスキルもない全くの初心者で、プロブロガーと呼ばれる方々の記事を読んで、『これは敵わん』と絶望したのを覚えています。

しかし、2年経った今では、ぼくの書いた記事がその方々並ぶようになってきました。

無理だと思っていることも案外やってみると予想外の結果を生むこともあるってことです。

ドリス
戦う前から諦めたら、何もせずに負け決定だよ!

やる前から諦めて損する人

やる前から諦める人の特徴は、

  1. 自信がない
  2. 実はやりたくない
  3. 口癖になっている
  4. 失敗を恐れている

のいずれかに当てはまることが多いと思います。

②・③は論外ですが、①、④はせっかくのチャンスを逃しているもったいない生き方です。

結果はやってみなければ分からない

結果はやってみなければ分からないし、やってみれば何かわかります。

頭の中で考えていたって、答えは出ません。

正解は行動の中で見つかります。

エルバス
自信がない・失敗が怖いなど、やる前から心配する必要はありませんよ。
ドリス
だって、自信は経験と実績を積むことで付いてくるものだし、やってみなきゃ失敗するかも分からないからね!

たとえ、失敗したって次に活かせばOKです。

行動→失敗→改善を繰り返すことで人は成長します。

むしろ、やる前から無理とあきらめる人生の方が失敗です。

やる前から諦めてしまう癖の治し方

やる前から諦めてしまう癖の治し方は、チャレンジすることに対しての考え方を変えることが大事です。

  1. 最初から完璧を求めない
  2. PDCAではなく、DCAで動く
  3. 一万時間の法則を知る

それぞれご説明していきます。

最初から完璧を求めなくてOK

賢い人ほど、最初から完璧を求めがちです。

中には、最初から素晴らしい成果を出す人もいますが、それは本当にごく一握りの天才か、運の良い人です。

ぼくはこのブログから毎月5万円程度の不労所得を得ていますが、最初から上手くできたわけではありません。

1年半近くほぼ0の収益でも諦めずに続け、ようやく最近得られるようになりました。

まだまだ上はいますが、月1000円未満の方が4割もいるブログ界の中では、まずまず順調に伸ばしている方だと思います。

エルバス
ぼくよりも断然優れた人も多い中で、その人たちよりも稼げた要因は、自分を過信せずに『ただ続け』たことにあります。

ブログは始めた人の9割がすぐに辞めていく世界です。

自分ならできると自信があった人ほど、理想と現実のギャップに心が折れ脱落していきます。

ドリス
最初から完璧を求めずに、自分のペースで続けられた人が最終的には勝つこともあるってことだよ♪

PDCAではなく、DCAで動く

エルバス
計画を立てることはもちろん大事ですが、計画倒れしていては意味がありません。

時には『やる!』と決めた瞬間に行動してしまうこともアリです。

PDCA(Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善))は多くの人が使う手法だと思います。

ドリス
やる前から無理と思う人は、P(計画)抜いてしまおう!

考える前に行動でOKです。

行動の中で次の手を考え、失敗し、改善し、またチャレンジする。

そうすることで、圧倒的なスピード感で物事が進み、自己成長にも繋がります。

一万時間の法則

エルバス
だれでも1つのことを一万時間続ければ、エキスパートレベルになれるという法則があります。

自分では、無理と思っている分野でも一万時間継続できればそれなりの成果が出るようになります。

プロ野球選手やプロピアニストだって、最初から完璧にこなせたわけではありません。

幼少期から継続してトレーニングを積んできた結果、今の成功があります。

エルバス
自分には才能がないからとやる前から諦めるのではなく、なにかで成功を収めたいのであれば、とりあえず一万時間は頑張ってみましょう。

一万時間は、一日5時間かければ6弱年で達成できます。

ドリス
6年頑張れば何かの分野で『プロ並みのスキル』が身に付くのであれば、やってみる価値はあると思わない?

まとめ:まずはやってみるが正解

✓やる前から無理では何も得られない

✓やる前から無理と言う人の特徴

✓やる前から諦めてしまう癖の治し方

についてまとめました。

やる前から無理とか不安とか失敗が怖いなど考えずに、『まずはやってみる』と思える人に、成功を掴むチャンスがめぐってきます。

何も行動せずに立ち止まっていては、何も変わりません。

エルバス
もし、本気で”今”を変えたいのであれば、思い切ってチャレンジしてみるのも時には大事です。
ドリス
それじゃね♪

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。