ローズマリーの育て方と挿し木の方法【ビギナーでも簡単】

こんにちは。
エルバスです。

今回はハーブの中でも比較的育てやすい”ローズマリー”について簡単に育て方と挿し木の方法をご紹介します。
ローズマリーは手間が掛からず、一度根を張れば簡単に育てられるハーブです。
挿し木で増やすこともできますので、是非チャレンジしてみてください。

ローズマリー

ローズマリーとは

科名:シソ科
属名:マンネンロウ属
原産地:地中海沿岸
開花期10〜6月

ローズマリーは地中海沿岸に分布する常緑性の低木です。
その語源はラテン語の”しずく”を意味するローズと”海”を意味するマリナスからきており、「海のしずく」と呼ばれています。
立ち上がる”立地性”タイプと地を這う”匍匐(ほふく)性”、そしてその中間タイプの3種類があります。
耐寒性耐暑性また乾燥にも強くとても育てやすい植物です。
ハーブとしてのイメージが強いですが、開花期にはホワイトブルーピンク、パープルなのど綺麗な花を咲かせます。
もちろんハーブとしても消臭抗菌効果があり、お肉料理などによく用いられます。
その他にも、ハーブティーや香辛料、オイルなど様々な使い道があります。
ローズマリーは私たちの生活にとても身近な存在です。

育て方のポイント

置き場所:屋外の明るい場所を好みます。
暗い場所に置くと弱々しい株になってしまいます。
また、加湿を嫌うので日当たり良く場所と風通しの良い場所を選び、乾燥気味にしましょう。
基本的に水はけ日当たりの良い場所であれば痩せた土地でも育つ植物です。

水やり:土が乾いてからたっぷりと水を与えてください。
加湿を嫌うので、基本的に乾燥気味で問題ありません。
プランターで育てる場合は、雨水も掛からないようにした方が良いです。
外植えの場合は、基本的に水やりは必要ありません。

挿し木の時期:ローズマリーは20℃〜25℃が成育期です。
暖かい4月から6月を目処に挿し木を行って下さい。

温度:耐寒性がありますが、霜には弱いので霜の降りる場所では対策が必要です。
寒冷地の場合は、寒さに強い品種を選ぶか室内で育てるようにしてください。

病害虫対策:虫が付きにくい植物ですが、カイガラムシハダニが付く可能性があるので、風通しの良い場所で育ててください。

肥料:痩せ地を好むので、基本的に必要ありません。
植え付けの際のみ少量与えると元気に育ちます。

挿し木

用意するもの

・ローズマリー
・ハーブ用(挿し木用)の土
・活力素
・底石
・草花用ハサミ

挿し木の方法

まず挿し木の素となる、ローズマリーを選びましょう。

古木のしっかりした部分の方が良さそうですが、根付きしにくいです。
切る場所は、新しい芽(新梢)部分を選び15〜20㎝ほどカットしてください。

カットは水平ではなく、斜めに切ってください。

土に植える部分のをとります。
取った葉は使い道があるので、捨てずに取っておきましょう。

水分を蓄えさせるために、1時間ほど切り口を水に浸けます。

その間に土を作ります。
今回僕が使用したはこちらです。

挿し木用の土を選びました。
この土は、

赤玉土
鹿沼土
バーミキュライト

がブレンドされています。
挿し木の場合、”無菌”であり有機肥料が入っていない土を選びましょう。
一般的な植物用の培養土にも肥料が入っているので、挿し木には向きません。
一見肥料が入っている方が育ちそうですが、微生物雑菌が混入していると切り口が傷んでしまいます。
ご自身でブレンドした土を使う場合は、無菌通気性保水性保肥性に優れたバーミキュライト赤玉土を混ぜたものを使用してください。
面倒な場合は、僕が選んだようなブレンド土を使うと手っ取り早いです。

底石を入れます。
専用の底石を買わなくても、発泡スチロールを崩したもの、転がっている石でも大丈夫です!

ブレンド土を入れます。

まだ時間があるので、先ほど摘みとったローズマリーで”ローズマリーオイル”を作りましょう!

作り方はとっても簡単!

瓶にローズマリーを入れて、オリーブオイルを入れるだけです。

完成!!簡単に出来ます!

見た目にも可愛いので、おすすめです!
とても良い香りがします!

1時間経過したら、切り口を活力素に浸けます。
僕はいつも信頼と実績の”メネデール”を使用しています。
本当にぐんぐん成長しますよ!

その後、先ほど用意したブレンド土に挿します。
バーミキュライトはとても軽く柔らかい土なので、掘らなくても簡単に挿すことができます。


最後にたっぷり水を与えれば”完成”です。

その後の管理は、半日陰の風通しの良い場所を選び、置いてあげて下さい。
上手くいけば1ヶ月程でしっかりと根付きます。

楽しみですね!

まとめ

ローズマリーは見た目にも良し、使っても良しの素晴らしい植物です。
環境に合えばどんどん成長していくので、ビギナーにもおすすめのハーブです。
是非試してみてください!

それではまた

ランキングに参加しています!よろしくお願いします!

花・ガーデニングランキング

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。