【就職・転職】履歴書は手書かパソコンか!

こんにちは、エルバスです。

履歴書は”手書きで書くべきか”、”パソコンを使うべきか”を人事採用責任者を務めている僕がお伝えします。

就活や転職の際、一度はどちらが良いのだろうと悩まれた事はありませんか?
パソコンの方が楽で良いけど、手書きの方が志望度が伝わるのではないかと。

転職サイトなどを見ていると、どちらか明記していない限り”どちらでも良い”と書かれていますが、採用側すると100%”パソコン”をお勧めします。

それではその理由をいくつかご紹介します。

パソコン使用で合否を判断する事はない

まず初めにお伝えします。
パソコンを使った履歴書は”印象が悪い”など思う会社は現代社会において存在しません。
(よっぽど字に関連した会社か手書きを重んじている会社がまだ存在していたらすみません…。)
もしよっぽど書く文字の美しさに自信があり、それが自分のPRポイントであればそれは立派なスキルですので話は別ですが、基本的に手書きはお勧めしません。

読みやすさ

パソコンの使用をお勧めする最大の理由は、”読みやすさ”です。
字が汚いからといって見送る事はありませんが、汚い字とパソコンの文字では残念ながらパソコンの文字の方が印象が良いです。
せっかく良いご経歴やスキルをお持ちでも、【字は人を表す】ではないですが、その人の人となりを考えてしまいます。
もし字に自信がないのであれば、悩まずパソコンを使用しましょう。

実例を挙げます。

今日面接に来てくださった方がまさにそうだったのですが、履歴書を持参されお預かりして拝見したところ、
ツッコミどころ満載でした!
人柄は良く、こちらの質問に対してもハキハキとテンポ良く答えられとても好印象だったのですが、字がお世辞にも綺麗とは言えず、その上誤字脱字が多い…。
面接中に3箇所も見つけてしまいました。
そこにばかり目がいってしまい、気になって仕方ありませんでした。

履歴書はこれまでの自分の経験やスキルを写す鏡です。
履歴書が全てとは言いませんが、就職を希望する企業に提出する大事な書類です。
第一歩目です!
真剣に書いたのであれば書いた後に読み直すはずです。
また、こんなメチャクチャな履歴書を書く人が本気で志望しているのか考えてしまいます。

今回は紹介会社を通し先にキャリアシートを送ってもらっていた事と面接までの時間がなかった為、止むを得ず履歴書は持参で許可しましたが、通常であれば履歴書をもとに書類選考を行います。
この履歴書が事前に送られてきた場合、残念ながら書類選考で見送らせていただいていたと思います。
直接お会いできれば、履歴書以上の経験やスキルを伝える事ができるチャンスを、履歴書の良し悪しで終わらせてしまうのは非常に勿体のない事だと思いませんか?
それは採用側にも言える事です。
せっかくの人財を会う前にみすみす見逃すことになるのですから。
双方にとってメリットがありません。

パソコンを使用すれば、漢字選びさえしくじらなければ漢字自体を間違える事はありません。
字も統一されていてとても読みやすいです。
文字だけで判断される事がないよう、さっさとパソコンで仕上げて履歴書に自分がどう映っているか見直す時間に使った方が何倍も良いと思います。

パソコンが使えるか判断基準になる

今の時代どんな職業であっても基本的なパソコンのスキルは求められます。
年配の方に多い傾向ですが、触りもしないでパソコンを毛嫌いされる方がいらっしゃいます。
正直それでは戦力になりません。
使えなくても良いのでせめて抵抗なく柔軟に教わる姿勢を持っていて欲しいです。
ですから、手書きの履歴書の方には必ず「パソコンは使えますか?」と聞きます。
パソコンを毛嫌いするタイプであれば、見送ります。(それ以上に素晴らしいスキルがあれば別です。)
抵抗がなく単に機会がなかっただけの方であれば考えます。
ただどちらも好印象とは言えません。
最初からパソコンを使用して履歴書を送ってくださる方は、ある程度のスキルはあるのだとその時点で分かり、懸念材料が減ります。
求職者側からすれば、余計なリスクを減らせるはずです。

複製ができる

これは採用担当者目線ではなく、自信が転職活動している時に感じた事です。
転職活動中は現職の仕事もありますし、転職活動に十分に時間をかけられません。
そして精神的にも体力的にも追い込まれます。
また、一社だけなく複数の企業を受けることが多いと思います。
そんな時に企業に応募する度に履歴書を一枚一枚手書きで書いているようではいくら時間があっても足りません。
パソコンで履歴書を一度完璧に仕上げておけば、あとは日付や受ける会社に合わせて少し手直しするだけで済み、時間の節約ができます。
履歴書を”書く”事に時間を費やすのではなく、企業研究や書いた内容をいかに伝えるかに時間を使うべきです。
書いて満足では、到底志望企業にはその思いは伝わりません。
時間がない中で無駄な時間を使うのではなく、時間を効率よく使い、短期決戦で就職・転職を終えるように動きましょう。

まとめ
少し偉そうな文書になってしまい、すみません。
しかし、この事は人事採用担当として転職者として自ら経験し理解した事です。
就職や転職は時間も使いますし、体力精神も疲弊します。
そして就職は一方的に選別される場ではなく、本来は対等な立場で双方にとって合う合わないかを探る場です。
ですからまずは無駄なリスクやミスは減らして、対等な立場で向き合う状況を作ってください。

最後になりますが、僕はパソコンだからといって見送った事も、自ら応募して見送られた事もありません。
安心してパソコンをご使用ください。

これから就活や転職が始まる方応援しています!

それではまた

人気ブログランキング参加しています!気に入ってくださった方はクリックお願いします!

ファッションニュースランキング

最新情報をチェックしよう!
Translate »