【介護職の転職】言ってはいけない3つの退職理由 

こんにちは、エルバスです。

面接の際に”退職理由”って必ず聞かれますよね?
その際どのように伝えますか?
実は本当の退職理由であっても、介護業界では(残念な事に)あまり良しとされない理由が3つ存在します。

事実私の施設でも、ある3つのポイントに触れた方はご遠慮いただく事になっています。
なぜならば、ご入職いただいても”結果うちでも同じような理由で辞めるんだろうな”と思うからです。
今どこの施設でも一番欲しい人材は”長期的に働いてくれる人”です。
なので、最初から辞める可能性が高い人は採用コストも安くは無いので、例え経験やスキルが高い方であってもお断りするケースが高いのです。

入ってから自分の思い描いていた職場と違うのであれば、退職すれば良いです。
しかし最初から入職の可能性を狭めてしまうのは勿体ないです。

では、その触れてはいけない3つのポイントが何かご紹介します。

① 忙しい事を理由にしない

一番よく聞く転職理由はこちらです。
冷たい言い方かもしれませんが、現状どこの介護現場に行こうが“忙しい”事に変わりはありません。
現在、介護人の人手不足は介護業界全体の問題ですので、退職理由としては相応しいないのです。
よく聞くフレーズは「人手不足で忙しく自分がやりたい介護が出来なかった」という事です。
しかし「うちでも出来る保証はありません」と言うしかありません。
もしやりたい介護と言うキーワードがあるのであれば、受けている施設の理念に合わせて、「御社の施設理念もとであれば実現できるからです。」と伝えた方がベターです。

② 教育制度や研修制度がない事を理由にしない

教育制度や研修制度は今後人材育成を目指す上で施設運営においてとても重要な事です。
自社でスタッフを育てられる環境があれば、人材を外部に頼るのではなく、自社で人材を回す事ができるからです。
また、中途を募集するにしても採用難易度の高い”即戦力”経験は浅いが将来性の高い人材など幅広く人材を集められるからです。

しかし「教育制度や研修制度がない為、成長出来る環境ではなかったと」と退職理由で言ってはいけません。
「うちにもないよ」と言われ元も子も無く終わってしまう可能性もある上、採用側は”スキルアップは自分でやるもの”と思うからです。
最初から何かを頼りにして成長しようとしている人は、いくら良い研修・教育システムが整っていようが、成長は見込めません。
本当にスキルアップを目指す人は、自ら外部研修や勉強会に参加し、行動できる人です。

③ 人間関係を理由にしない

介護業界で一番高い退職理由は何かご存知ですか?
それは“人間関係”問題です。
忙しい事を理由にしないと同じですが、人間関係の問題はどこにいっても付き纏うものです。
この問題は介護業界だけの問題ではなく、どこの業界だろうが存在する問題です。
もちろんひどい上司や同僚がいて理不尽な状況に追い込まれている人も多くいらっしゃる事も理解しています。
しかしそれが本当の理由であっても、面接の際に伝えるべきではないのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
簡単なご紹介でしたが、必ず押さえるべき3つのポイントだけを簡潔にまとめました。
基本的に退職理由はネガティブな事を言うのではなくポジティブな理由を伝えるべきです。

良い転職先が見つかることを祈っています。

それではまた

人気ブログランキング参加しています!気に入ってくださった方はクリックお願いします!

人気ブログランキング

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。