人気観葉植物【柱サボテン】の育て方と簡単お手入れのポイント!

柱サボテンはユニークな形でお部屋のインテリアにアクセントを加えてくれるとっても魅力的な植物です。

また、ほぼお手入れ要らずで、ちょっとやそっとの事でダメになる事はまずありません。
とても丈夫な植物なので、『観葉植物にこれからチャレンジしてみたい!』と思っている方や、『観葉植物は好きだけど手入れが面倒…』という方にとてもお勧めです!

それでは、これだけは覚えておいて欲しい【お手入れのポイント】を簡単にご紹介します。

柱サボテン

柱サボテンとは

科名:サボテン科
原産地:中南米・アフリカなど

柱サボテンは【柱サボテン】という名称のサボテンがあるわけではありません。柱の形をしたサボテンの総称が柱サボテンと呼ばれています。
ボテッとした形が可愛らしいサボテンです。
まるでアニメの世界から飛び出してきたかのような愛くるしい形が魅力です。
”存在感”もばっちりで、一つで部屋の印象を変えてくれます。

お手入れのポイント

柱サボテンのお手入れのポイントは、【水やりの頻度に気を付ける事】と【置き場所に気を付ける事】くらいです。それを間違えなければ簡単に育てる事が出来ます。

置き場所

明るい日なたを好みます。カーテン越しの日が当たる場所を選びましょう。
暗い場所だと発育が悪くなり、色が悪くなる他、張りがなく弱々しい株になってしまいます。
屋外に出す場合は、徐々に慣らしてから直射日光のあたる場所に置いてください。また、過湿を嫌うので、雨の日に外に出しっぱなし!!なんてことは避けましょう!

水やり

成長期の4月~10月は表面が乾いたら鉢の底から水が出てくるまでたっぷりと与えて下さい。
成長が止まる冬場はほぼ必要ありません。目安としては土の中に指を差し込んでみて湿気がなくなっていたら与えるようにしてください。
水を与える注意点として、直接サボテンに直接水がかからないようにしてください。与える際はジョウロなどを使ってサボテンの周りにそっと与えましょう。

肥料

過酷な環境で自生しているサボテンは、体内に水分と栄養を蓄える事が出来ます。その為、過剰な水やりや肥料を必要としません。
少し元気がない時や大きく成長させたい場合は、月に一度ほどのペースで水やりの際に液体肥料を混ぜ与えると良いです。

植え替え時期

5月~8月の暖かい時期に行ってください。
【挿し木】【胴切り】などで増やしたい場合もこの時期に行いましょう。(出来るだけ5,6月の早い時期に行った方が上手くいきます。)

冬越し温度

柱サボテンは中南米やアフリカなど暖かい地域に自生している植物です。その為、日本の寒い冬はとても苦手です。
最低5℃以上の室温を保てる場所に置いてください。また、過湿に弱いので加湿器の近くに置かないようにしてください。

病害虫対策

カイガラムシが付く可能性があります。
風通しの良い場所に置き、害虫予防をしましょう。

まとめ

お手入れのポイントは、

 

明るい日なたに置く。

4月~10月は土の表面が乾いてから水をたっぷりと与える。冬場はほぼ必要なし。

元気のない時、成長させたい時に液体肥料を与える。

植え替えは5月~8月の暖かい時期に行う。

室温を最低5℃以上に保つ。

風通しの良い場所に置き、害虫が付くのを避ける。

です!

置き場所を間違えなければ、日々のお手入れとしては、基本的に水やりだけで十分です。むしろ過剰な手入れで弱ってしまう事があるので、放置気味に育ててください!

お手入れもとても簡単で、インテリアのアクセントにもなる柱サボテンお勧めです♪

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。