もう迷わないアパレル面接時の服装 抑えるべき3つのポイント

アパレルの営業職で国産大手アパレルメーカーから外資系インポートブランド、そして大手ラグジュアリーブランドに転職経験のある僕がアパレル面接時の服装についての悩みを解決します。

また面接官として多くの面接を行ってきた経験を活かし、求職者側・採用側の両視点を持ってご説明します。

アパレルの面接の場合、

”自由な服装でお越しください。”
”私服でお越しください。”
”服装に対しての明記なし。”

なんて場合が殆どです。

”自由”と言われてもどんな格好をしていけば良いのか分からず、とても悩みます。僕もそうでした。
一般企業のようにスーツの方がよっぽど楽です。

最初にお伝えします。面接の度にどんな格好していくのか悩み、新たな服を買う事は本当に無駄な時間と浪費です。

この記事を読み、もう面接の服装について不安を取り除いていただけると幸いです。

面接時の服装について抑えるべき3つのポイント

まず結論からお伝えします。

アパレルの面接だからといって、そこまで服装を気にする必要はありません

常識的な服装で

TPOをわきまえた清潔感のある”常識的な服装”であれば問題ありません。

”常識的な服装”ってなんだ?と思われた方は下記をお読みいただければ何が常識的な事かお分かりいただけるはずです。本当に当たり前のことです。

よく”アパレルの面接で気を付ける服装のポイント”などと題して紹介されている、

“他社のブランドロゴが入った服はやめよう”
“汚れた服はやめよう”
“ヨレヨレの服はやめよう”
”デニムはやめよう”

などと書いてありますが、
そんな服装で面接に行く人はいないと思います。

Tシャツにデニムにサンダルで行きますか?
シミのついたワンピースで行きますか?
ルイヴィトンの面接にグッチのロゴTを着て行きますか?
アイロンを欠けていないシャツを着て行きますか?

普通に考えてこれから面接を受けようと思っている人が、まずそんな格好をしていきません。

僕がいう”常識的”とは本当に当たり前の事です。

面接会社の服を着ていくべきか

これはイエスでありノーです。
全身ガチガチに面接企業の服でコーディネイトする必要はありませんが、自分なりにブランドコンセプトを理解し、コンセプトに合った服装を心がければ問題ありません。

ただポイントとして、コーディネイトの中に応募先の製品を一つでも取り入れる事で、面接官との話のネタになる場合があり、面接を優位に進められる可能性があります。

『あ、うちの製品を身に付けて下さってるんですね』なんて話の”ネタ”に繋がります。
面接慣れしている面接官とはいえ、やはり初対面の人と話す際はきっかけが欲しいです。
また面接官の多くは、相手を和らげ緊張をほぐすし本音を引き出すために、急に面接を始めるのではなく、世間話などから始める事があります。
そのタイミングで、ちらりと面接官の目に自社の製品が目に止まれば、もう掴みはばっちりです。
必ず食いついてきます。
面接官へ”ネタ”を提供するのも大事です。
世間話をする事で緊張がほぐれ、数段に話しやすくなるはずです。

逆に全身ガチガチに応募企業の服で固めてきたとしても、面接官としては正直「頑張ってるな」と思うくらいです。全身自社製品を着ているからと言って合否に影響する事はありません。

しかも、そのコーディネイトが似合っていれば良いですが、ブランドイメージやコンセプトと合っていないと判断される方がよっぽど面接を不利になる事に繋がり危険です。
販売志望の方が「この人うちのブランド似合わないな…」などと最初からネガティブな印象を与えてしまうと非常に厳しくなります。

無理をするのではなく、自分が良いと思う服で自信を持って面接に臨んでください。

何より受かるかどうか分からない面接の為に無駄な出費をする必要もありません。

受ける企業によって服装を使い分ける

面接を受ける企業によって服装はある程度決まってきます。

内勤志望で外資系を受ける場合は男女共にスーツ一択
内勤志望でカジュアルブランドの場合は男女ともにビジネスカジュアルでOK
販売志望で大手外資系の場合は男女ともにスーツ一択
販売志望でカジュアルブランドの場合はブランドテイストにあった服装でOK

これが基本的な考え方です。

営業職で転職した私の場合は、

国産カジュアルブランド
ネイビーブレザー+グレースラックス+スニーカー

外資系2社
ブラックスーツ

で問題なく内定を獲得しました。

私服でいくかスーツでいくかの判断が出来ない時は、店頭の販売スタッフの格好を見て決めましょう。
多くの外資系ラグジュアリーブランド企業のスタッフはスーツを着ているはずです。
一方カジュアルブランドの場合は、お店で売られている服を来ている事が多いはずです。

ただ、ラグジュアリーブランドの中でもキャラクター色の強いブランドは、スーツではなくカジュアルブランドと同様に自社の製品をユニフォームとして着ている場合があります。
例えばマルニやステラマッカートニー、バレンシアガなどが当てはまります。

そういった企業の場合は、応募先企業の製品をポイントとして取り入れ、綺麗目な服装を心がければ大丈夫です。

ちなみに、マルニの販売職に転職した女性の友人は、白いブラウスに黒いスカートといったごく普通の格好で内定をもらっていました。

面接官は服装で落とすことはほぼない

これまでにお伝えした3つのポイントを抑えれば、面接官は”服装”で合否の判断など基本的にしません。
見ているのは他業種と同じ、その人自身の”スキル””経験”そして”雇うメリットは何か”です。

だからあなたが常識的な格好で面接に臨めば、服装など気にする必要はありません。
面接官は服装を細かくチェックなどしませんし、インタビューシートに「応募者の服装について」なんて項目もありません。

少なくとも私が今まで努めてきた企業で服装で落とした事は一度もありません。
服に悩む時間があったら、書類の準備や面接対策に時間に費やしたほうが有意義です。

言ってしまえば、服装で合否を判断するような企業はやめた方が良いです。

服装ではなく、『何故ここで働きたいか?』という企業とのエピソードを身に付けていくべきです。

まとめ

『お洒落に着こなさなくては』、『応募先の洋服を揃えなくては』など気にする必要はなく、TPOに合った常識的な服装であり、清潔感があれば問題ありません。

アパレル面接といえど、服装よりも面接の質が大事です。
服装に時間をかけるのであれば、企業研究はもちろんのこと、実際に店舗に行き、スタッフと話し、商品や店装、レイアウトを覚え、どんなお客様が来ているのかなどを把握し、その企業やブランドの知識を掘り下げる時間に使った方が何倍も有意義です。

服装対策よりも面接の内容対策に時間を使いましょう!

皆様の面接が上手くいく事を願っています。

それではまた。

一緒に読みたい記事!

アパレルの転職には必ずクリーデンスの登録を!

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。