【学生向け】アパレルで本社勤務の内定を得る2つの方法

こんにちは。

エルバスです。

本日は、これからアパレル業界の中でも“本社勤務”を志望している方向けに、内定を勝ち取る方法をご紹介したいと思います。

僕自身も実際にこの方法でいくつかの企業から総合職として内定を獲得しています。

一つの手段として参考にしていただけると幸いです。

※今回ご紹介する方法は総合職向けの方法です。
デザイナーやパタンナーなど専門職を目指している方には向いていないかもしれません。

1 販売のアルバイトを経験しておく

アパレル企業で一番大事なことは”売場”を知ることです。
アパレルメーカーの心臓は”売場”です。

売場が機能しなければ、
いくら良い商品を作ったとしても、
いくら良いプロモーションを行ったとしても、
商品が売れる事はありません。

アパレル業界で大事とされる“ヒト”・”モノ”・”ウツワ”です。

アパレル従事者はそれを常に意識して仕事をします。

“スタッフのコンディション・モチベーションはどうか”
“店舗の設備に問題はないか”
“どのようなお客様が来店しているか”
“どの商品が売れているか”
“ディスプレイの反応はどうか”
”立地条件はどうか”

内勤のどの職種のスタッフであろうが、売場のコンディションを把握していなければ仕事は成り立ちません。
アパレル業界で働く人間で”売場”をないがしろにする人は二流です。

ではなぜ学生のうちからその”売場”を経験しておいたほうが良いか、僕の経験談を基にお話しします。

僕は学生の頃からアパレル企業で本社勤務として働きたいと思っていました。
理由は単純アパレルの本社勤務って肩書きがカッコ良いからです。
しかし、どの職種を志望するかまでは決めていませんでした。
というか、どんな職種があるのかも知りませんでした。

最初は単純にアパレルの仕事に就くために、「前もってアパレルの世界を経験しておきた方がいいかな」とか、
「実際に働いてみてどんな仕事があるか調べよう」程度の理由から、学生でもアパレルの仕事に携わる事が出来る販売のアルバイトを始めました。

アルバイトの経験を通して、販売の仕事はもちろん、売場の内情を知りその仕事の大変さを学びました。
また売場を中心にお客様・本社・取引先(百貨店やファッションビル)が繋がっていることを知り、全ては売場を通してアパレル企業は回っているという事実を知りました。

そして僕の場合何より良かったことは、“営業”の存在を知る事が出来た事です。
売場を取り仕切るその姿に憧れを持ち、”営業”志望する明確な意思を持つことが出来ました。

その経験を経て就活が始まった結果、
ただ漠然としたアパレル業界のイメージで話す学生よりも、実際の経験を基に”アパレル業界はこういうものだ!””だから僕は営業になりたい!”と明確かつ、経験が伴った志望理由を伝える事ができ、周りと差を付けられました。

経験は明らかに“武器”です。

本社勤務を志望するのであれば、アパレルの心臓部である”売場”を知り、その仕事を理解した上で面接に臨む事をお勧めします。

面接前に店舗見学で終わらせている志望者よりも断然強みになります。

また就職してからも販売の経験があるとないとでは仕事の質が変わってきます。
販売経験者というだけで販売スタッフからの信頼度が変わります。
売場を知らない内勤スタッフがあれこれと指示を出したとしても、理解は絶対に得られません。

就職してからでは売場に立つ事は難しくなるので、時間のある学生のうちに経験しておくべきです。

2 英語力

僕はとりわけ秀でたスキルがあるわけではなかったので、”販売経験”だけでは他の候補者に劣ると感じていたので、何か差をつけるもう一歩踏み出したアピールポイントを作ろと思いました。

元々ブランドビジネスに興味があったので、まずは国産メーカーで企画や製造の現場を学んでから、最終的には世界に名だたるラグジュアリーブランド企業に入りたいと強く思っていたので、外資に行くのであれば必要なスキルは“英語力”一択でした。

そこで英語力のレベルが分りやすい”TOEIC”の勉強を始めました。
初めて受けた時は400点ほどでしたが、3年間近く勉強すれば誰だってスコアは伸びます。
就活が始まる前までに倍の800点までスコアを伸ばすことが出来ました。

※TOEICは絶対に誰でもハイスコアを取れるようになります。
攻略法があり慣れてしまえば簡単にスコアを伸ばすことが出来ます。

実際にこのスコアの破壊力は大きく、多くの企業が興味を持ってくれました。

就職してからも、2年目という若手で貿易事業の責任者を任せられるようになりました。
(決して僕のスキルが高かったというわけでなく、単純に英語が使えるスタッフが僕だけだっただけです。汗)

国産メーカーの場合、英語を使える人が極端に少ないので、英語が使えるというだけで貴重な戦力として認めてもらえるのです。

また、当初の目的であった国産から外資系の企業に転職する際にもやはり”英語力”は役立ちました。
外資系の場合、いくら本国との接点が少ない営業であってもある程度の英語力を求められます。
それ以前に英語の面接があるので、多少使えないと話になりません。

初めから外資系の企業を目指す方であれば英語力は必須スキルなので必ず身に付けるべきです。
国産メーカーの場合でも持っていて損はないです。

何度も言いますが、“TOEIC”であれば誰でもある程度スコアを取ることが出来るので、時間のある学生のうちに取ってしまうことをお勧めします。
英語が苦手だった僕でも取れたのだから絶対に取れます!

ただ”TOEIC”のスコアを持っているからといってネイティブ並みに喋れるようになるわけではありませんよ!
僕はほぼ喋れません!
〈Sponsered Link〉



まとめ

アパレルを志望している方で少しでも”本社勤務”の内定確率を上げたいのであれば、アパレルの心臓”売場”を知っておくべきです。
せっかく就活前に志望する業界を体験できる“場”があるのだから、それを使わないのは非常にもったいないです。
また、英語に関してもネイティブ並みにならなくとも、TOEICのスコアは誰でも伸ばせるはずです。
スコアを持っているだけで優遇されます。

絶対にこの2つはやっておいて損はないので、お勧めします。

それではまた。
〈Sponsered Link〉



人気ブログランキング参加しています!気に入ってくださった方はクリックお願いします!

ファッションニュースランキング

最新情報をチェックしよう!
Translate »