【ラグジュアリーブランド】グッチ(GUCCI)の面接に着ていく服装はこれ!

以前ラグジュアリーブランド企業の転職を目指し、いくつかの企業を受けました。その中でグッチ(GUCCI)から内定をいただきました。その時に着用していた服装をご紹介します。

面接内容

ポジション リテールマネージャー
面接回数 3回
場所 表参道パラシオタワー GUCCI本社

ラグジュアリーブランド面接時の服装

結論から言えば、GUCCIを含め外資系ラグジュアリーブランドはアパレルというよりも、一般企業色が強いのです。その為、スーツを着ていけば問題ないです!何を着ていこうと悩む必要はありません。

よくアパレル企業の面接では、面接は『自由な服装でお越しください』など難易度高めの要求をしてきます。しかし、私が今まで受けてきたラグジュアリーブランド企業(インポート系のブランドも)の中でそんな事を言ってきた企業は一つもありません。男女問わず、職種問わず迷わずスーツを着ていきましょう。

実際に着ていったスーツ

柄ものなどでなく、無地の細身のブラックスーツ白シャツを合わせ、ネクタイはスーツと共地のチャコールグレーを選択。靴下はネクタイと同じくチャコールグレーにし、足元は黒のストレートチップの革靴にしました。

イメージはラグジュアリーブランドのショップ店員さんの恰好です。さすがに黒のネクタイだと葬式感が強くなるので、チャコールグレーに変えました。

いかがですか?非常にシンプルだと思います。でもそれで良いのです。ラグジュアリーブランドの面接で個性や派手さは必要ありません。
ただそれでも服を扱う職業なので、ただのスーツスタイルでは印象が弱いです。それを解消する為に細部にこだわりを持ちましょう。私のこだわりは、スーツとネクタイは共地である事、ラペル幅とタイ幅は揃えるなどの統一感です。スーツも細身の物を選びスッキリと清潔感のある服装を心掛けました。

ちなみにバッグはブラックレザーのトートバッグを選びました。

これで十分です。

100%イメージです。

注意すべき点

清潔感のある目立たない格好で

アパレルの面接だからといって、個性的な恰好や奇抜な服装は避けましょう。
私の場合、応募ポジションはリテールマネージャーだったので、ビジネスパートナーになるのは百貨店などです。自分が実際に働いた時の事をイメージして、その方たちに会って恥ずかしくない格好をすれば問題ないです。

販売職面接の場合も同様の恰好で問題ないです。ハイブランドの場合お客様は年配の方なども多く来店されるので、清潔感のある格好で臨みましょう。女性の場合はリクルートスーツを着ていけば問題ありません。

他ブランドの服は避ける

明らかに他ブランドと分かるロゴやデザインの入ったスーツはやめましょう。(分かりやすく言えば、トムブラウンなど)
また逆に面接の為に受ける会社の服を購入し、着ていく必要もありません。面接の際に話のネタになるかもしれませんが、それで合否が分かれる事はありません。無駄な出費です。

まとめ

とても簡単にまとめましたが、ラグジュアリーブランドの面接は清潔感のあるスーツを着ていけば十分です。そうすれば服装で判断されることはありません。GUCCI以外の企業も同じ服装で面接を受けましたが、この服装で内定をいただけています。
ラグジュアリーブランドの面接の恰好はスーツで間違いない事が分かりました。

その他おすすめ関連記事

アパレル業界全般の面接の服装についてはこちら
もう迷わないアパレル面接時の服装 抑えるべき3つのポイント

ラグジュアリーブランドの面接対策に関してはこちら
【アパレル業界】外資系ラグジュアリーブランドへ転職する為の方法

アパレル業界の職務経歴書の書き方に関してはこちら
実際に私が応募した際の書類を載せています。
【アパレル業界転職】目に止まる【職務経歴書】書き方と実例!!

英語面接対策はこちら
【アパレル業界転職】外資系アパレル企業の英語面接に向けた4つの対策

最新情報をチェックしよう!
Translate »