【アパレル転職】転職活動は退職後に行うべきか?在職中にするべきか?

在職中に仕事の合間を縫い、時間的制約がある中で転職活動を行うよりも、退職後の時間的制限がない状態で転職活動を行う方が余裕を持って進められると思われがちです。
実際に採用面接をしている中で多くの離職中の方を見てきました。
しかし、面接を通して思う事は在職中・離職中の両方の求職者を比べると、“在職中”に転職活動を行う方が結果的には余裕を持って進められる!という事です。

その理由をご説明いたします。

転職活動は在職中に行うのが絶対にお勧め!

確かに、在職中に転職活動を行う事は時間的余裕がない上に、体力的にも精神的にとってもハードです。しかし在職中・離職中の方双方の面接者の方を比べて思う事は、

離職中の方の方が“時間的余裕があっても心のゆとりがない”という事です。

選択肢が狭まる

時間的余裕があっても、まさか転職活動を何年もかけて行う人はいないと思います。転職活動が長期化してくると、収入がない為、結局のところ転職活動が出来る期間は限られます。在職中であれば、もし良い会社との出会いがなければ転職活動を先延ばしにすればよいだけですが、離職してしまうと入りたいと思える会社がなくても、その中から会社を選ばなくてはならなくなります。自分でより良い会社と出会うチャンスを狭める事に繋がります。

また、転職活動が長期化してくると『本当に就職出来るのか?』という【焦り】が出てきます。そうなると、最初は『こんな企業に行きたい』と志望企業を選んでいた立場から、『自分を受け入れてくれる会社』を選ぶようになっていきます。これではキャリアダウンになりかねません。

ブランクがマイナスポイントに

あまりにも長い期間離職中であると、面接側からすると『仕事もしないで日々一体何をしているのか?』という不信感に繋がります。職業訓練学校や新たな資格・学位取得に向けて学校に通ったり、語学を身に付ける為に短期留学をするなど明確な目的を持ったブランクであれば問題ありません。しかし、特に理由もなくダラダラと転職活動を続けていると、仕事においても目的意識が持てない人、スケジュール管理が出来ないルーズな人というマイナスイメージを持たれる恐れがあります。

また企業側が中途採用者に求める事は何より“即戦力”です。現場から長期離脱している離職者よりも、現役バリバリで働いている人の方がやはり即戦力として思われますし、良い印象を持ちます。

企業に対して弱気になる

本来転職の際、求職者と企業は対等であるべきです。面接の場は企業のお伺いを立てるのではなく、双方が合うか合わないかを判断するはお見合いの場です。

先ほども述べたように、離職中の方は『早く決めなくてはならない』『採用してもらわなければならない』と焦り、自ら立場を弱くしてしまい、弱気になりがちです。
転職は、『今よりも状況を良くしたい』という思いがスタートのはずです。内定獲得が優先事項になってしまうと企業に迎合してしまい、自分の希望や不満があったとしても何も言えなくなってしまいます。

在職中の転職活動で注意すべきこと

無事内定を獲得しても、退職できない!!なんて事にならないように以下の2点に気を付けて下さい。

入社日までの期間は必ず確認する

早い段階で入社日の確認は企業に必ず行ってください。現職の規定に沿って○ヶ月後に入社するつもりでいても、採用側が求める入社日に合わなければ、『必要な時に来てもらえないのであれば内定は出せない』なんて事にもなりかねません。

面接の際には必ず自分の入職希望日を伝え、入社日を企業側とフィックスしてください。

現職の退職の申し出期間を確認する

企業ごとに退職出来るまでの期間は異なるので一概にいつまでにとは断言できません。転職活動を始める際はまずは、自社の規定を確認してください。就業規則を見れば”いつまでに届け出る事”と書いてあるはずです。
ただ円満に退職を進める為には、規定通りにいかない場合がほとんどです。今自分が手掛けているプロジェクトの進捗具合、仕事の引継ぎ期間なども考慮し、退職日から逆算して自分がいつまでに退職の意向を伝えるのが良いのかを考えておくと良いです。一般的には2~3か月前が良いのではないでしょうか。
逆に退職までの期間が長すぎるのも考え物です。内定先からも嫌がられますし、辞めると分かっている企業に居続けるのも迷惑になります。

ちなみに参考情報として、退職の意思表示後、2週間経てば法的にはいつでも退職できるようになっています。

まとめ

人それぞれ事情があるので、必ずしも在職中の転職活動が出来るとは限りません。
しかし『現職を早く辞めたいから』『仕事なんてすぐ見つかる』と安易な考えで辞めてしまうのは絶対に避けるべきです。

企業と同じ立場に立ち、自分の希望条件をしっかり伝え、好条件で内定を獲得する為には在職中に転職活動を行った方が経験上無難です。

私自身も在職中の転職活動でかなり大変な思いをしましたが、その分そこで頑張ったおかげで今納得して働くことのできる企業へ入る事が出来たと思っています。

自分に合う企業は必ず出てきますので、焦らずじっくり進めていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
Translate »