ファッション業界の転職はクリーデンスの利用が必須!その6つの理由

これからアパレル・ファッション業界で転職を考えている方、少しでも転職を考えている方にお勧めの転職支援サービス“クリーデンス”についてそのすばらしいサービスをご紹介したいと思います。
実際私もクリーデンスを利用し、国産メーカーから外資系インポートブランドに転職し、年収アップとキャリアアップに成功しました。
アパレル・ファッション業界で転職を考えているのであれば、クリーデンスは絶対に外せない転職支援サービスです。では、その6つの理由をご紹介します。

クリーデンスとは


クリーデンスはアパレル・ファッション業界に特化した転職支援サービス企業です。母体が転職サイトの『DODA』やアルバイト求人サイトの『an』を運営している大手人材企業のパーソルキャリアなので、人材紹介に関しての経験・知識は業界トップクラスです。

パーソルキャリアの中でもクリーデンスはアパレル・ファッション業界に特化しているので、国内アパレル企業からデザイナーズ、インポート、ラグジュアリー、OEM企業、セレクトショップなど2,700社にも及ぶ企業の求人案件を抱えています。
また取り扱い職種もとても豊富。販売営業企画パタンナーMDDBVMD生産物流などアパレルに関連する職種であればどんな求人もクリーデンスでは見つかります。

クリーデンスを利用すべき人

私がクリーデンスの利用を誰よりもまずお勧めしたい方は、まだ漠然と『アパレル・ファッション業界で転職しようかな?』と考えている方です。実際にエージェントと話すことにより、自分のぼんやりとした考えがまとまるからです。そして他社の求人情報を知る事により、今本当に自分は『転職すべきかなのか』という判断を下せるようになるはずです。
エージェント利用は一切費用がかかりませんので、『転職どうしよっかなー』位の軽い気持ちで”まず相談してみる”事が大事です。
他社のエージェントでは報酬を得る為に、無理にでも転職をさせようとするエージェントも残念ながらいます。しかし、私の知る限りクリーデンスでそういった方に出会った事はありません。むしろ、相談者の状況とタイミングをみて、『転職すべきかすべきでないのかの』助言してくれるはずです。その為安心して相談する事が出来ます。
また、『転職する・しない』に関わらず、いざ転職となった時の為に求人の情報収集はしておくべきです。こんな会社にいきたいとイメージを持っておくことで、スムーズに転職活動を行えます。希望職種や企業をクリーデンス側に伝えておくことで、その求人案件が出た場合に求人情報を送ってくれます。気になった案件が出て来た時にまた転職するかしないかを考えれば大丈夫です。
転職は”縁”なので、ポストに空きがなければいくら志望企業があっても採用試験すら受ける事が出来ません。空きが出た時の為にも登録はしておくべきです。

もちろん明確な意思を持って転職を考えている方にも、クリーデンスはお勧めです。それはやはり持っている求人数が多いいからです。クリーデンスが自分が志望する企業の求人を持っている可能性は非常に高いので、情報収集の為にも登録だけはしておくべきです。

私のキャリア

情報が伝わりやすいように、私のキャリアを簡単にまとめておきます。
新卒で大手国産アパレルメーカーに営業として入社。5年間務めた後、外資系インポートブランドの営業へ転職。その後、ラグジュアリーブランドの営業へ転職しました。(内定後辞退し全く別の業界へ転職)
私の場合、国産アパレルメーカーから外資系インポートブランドへ転職する際にクリーデンスを利用しました。
この際の転職経験と知識が、再び転職する際にとても役に立ちました。(2社目はその経験と知識を活かして自主応募しました)1社目の転職が成功したことにより、最終的に志望する企業から内定をもらう事が出来たと思っています。良いエージェントと出会い転職についてのノウハウや経験を学ぶ事で、今後の自分のキャリア形成に大きな影響を及ぼすはずです。

クリーデンスを使うべき理由

カウンセリング

私がまずクリーデンスを利用して良かったと思う理由の一つは、登録後の“カウンセリング”です。私は初めての転職でしたので、右も左も分からず、不安な気持ちがとても大きかったです。その上、転職したいという思いはありつつも、どんな企業に進むべきか漠然としている状態でした。
1対1でのカウンセリングでは、クリーデンスの落ち着いた個室で話が出来るので、気兼ねなく話すことが出来ます。(他社だとカフェなどでカウンセリングを行う場合があるので、落ち着かない。)
そして、一つ一つ私の経歴を細かく引き出し、経験やスキルを基に私が進むべき方向性を示してくれました。その後、方向性に合った企業をピックアップし、企業ごとに給与、社風、部署のチーム編成や雰囲気、求める人物像など詳細な情報を説明してくれました。

質問内容に沿ってゼロから順立てて話すことにより、自分の中で考えがまとまります。それに加えて企業情報を知る事で転職へのモチベーションが断然上がります。
私はこのカウンセリングのお蔭で、転職に対する不安な気持ちと漠然とした気持ちがなくなり『こうしていきたい』と定まりました。
クリーデンス以外でも他社のエージェントとはお会いしましたが、数時間のカウンセリングでここまで情報を引き出し、それに合った方向性を示してくれた会社はクリーデンスが初めてでした。

求人案件数

大手人材会社のリクルートやリクナビ等より、アパレル・ファッション業界に関しては、クリーデンスの方が求人案件を抱えている可能性が高いです。実際に大手のエージェントとも数人会い、アパレルの求人に関して話を聞きましたが、紹介してもらえる求人は正直少なかったです。大手人材会社は業界問わず“全般”なので当然ですが、やはり、“アパレル・ファッション業界”で転職を考えているのであれば必ずクリーデンスに登録しておくべきだと実感しました。

企業とのコネ

クリーデンスのような業界特化型の人材会社は、アパレル企業の採用担当者と独自のコネクションがあります。企業へ求職者の紹介が決まった場合、採用担当者に先に“良い”情報を流してくれるので書類選考が優位になります。
(多くのエージェントの場合、企業にキャリアシートを送る程度です)私の場合、クリーデンスを通して書類審査で落ちた事はほぼありません。また、面接官の好みや質問例、採用傾向なども熟知しているので、面接前にアドバイスをもらい、面接も優位に進める事が出来ます。
もちろん、すべての企業に当てはまるわけではありませんが、企業とのコネは確実にクリーデンスの強みです。

情報力

業界全般を扱っている人材会社は、正直示してくれる企業情報が薄いことが多いです。(取扱求人数が桁違いに多いので当然ですが…)業界特化型のクリーデンスの場合、やはり各求人案件に対する情報量が断然多いです。企業のHPなどだけでは分からない企業情報を得る事が出来るので、採用試験にでの話す内容に厚みを出すことが出来ます。

サポート力

人材紹介会社であれば面接の日程調整や条件交渉など代行してくれるのは当然です。クリーデンスの場合、その更に先を行き、サポートがとてもきめ細やかです。
私は人生初の転職だったので、履歴書や職務経歴書の書き方すら分からない状態でしたが。ゼロから書き方を教えて下さり、その上添削までしてもらいました。
転職先を外資系のインポートブランド決めていたので、英文レジュメも必要になりましたが、そちらもしっかりとチェックしてくれました。
こちらが転職に対して不安に思う事はしっかりとサポートしてくれます。

アフターケア

クリーデンスを利用し、無事転職を成功させたわけですが、その後のアフターケアも満足のいくものでした。
採用後、提示された給与や労働条件などに乖離がないか電話にて事後面談を実施してくれました。僕の場合は何も問題はありませんでしたが、条件などに乖離があった場合、クリーデンスが企業に取り合ってくれます。

まとめ


アパレル・ファッション業界の転職において0から100まで頼りになる存在が“クリーデンス”です。もちろん、他にも優良なアパレル・ファッション業界特化型の人材紹介会社はありますが、転職初心者から上級者まで納得いく転職サポートをしてくれるのは、クリーデンスがナンバー1です。クリーデンスを抑えた上で他社を利用するのがアパレル転職の鉄板です。
アパレル・ファッション業界で転職を考えている方は、必ずご登録を!

一緒に読みたい記事!

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。