Facebook広告で個人ブログのpv数を増やせるか検証!その費用と効果は?

Facebookの広告を実際に使い、ブログのpv数を増やせるか検証してみました!その費用効果についてご説明します。

始めたばかりのブログが世間にリーチするまでには、”時間がかかる”という事はブログ”ド素人”の私でも理解できたわけです。
しかし、やはり”早く””楽して”pv数を増やしたいのが正直なところ。
生まれたての弱小ブログのアクセス数をどうにか伸ばせないか、あれこれ考えていたところ、Facebookページで【投稿を宣伝】という項目を見つけました。

『よし、使ってみよう!』と、とりあえずやってみる事にしました。

Facebook広告とは

広告の目的・予算・期間・ターゲットを定め、投稿記事を設定したFacebookユーザーのターゲットに向けて配信する宣伝サービスです。Instagramと連動していれば、Instagramにも広告が配信されます。

目的:以下の3つから選択が可能となっています。

・リンクのクリック数を増やす
自身のサイトへクリックを促すサービス

・いいね!コメント、シェアを増やす
投稿に対してアクションを起こさせるサービス

・潜在顧客とチャットでやり取りする。
メッセージをくれそうな相手に投稿を宣伝してくれるサービス

予算:予算を上げるだけ推定リーチ数(推定)を増やせる
一日最小予算は100円から設定でき、自分で好きな金額を設定する事が可能となっている。支払いはクレジットのみ。

期間:いつまで広告を出すかを設定する。
予算に対して期間が伸びる分、広告が表示される推定人数(1日あたり)が減っていくようになっている。

ターゲット:宣伝する地域・年齢・性別を定める。
地域は幅広く日本など“国”からピンポイントで新宿区○○番地など詳細に設定する事が可能になっている。
年齢は13歳から、65歳まで。(65歳以上は65+で括られています。)

検証

私のブログは、投稿すると自身のFacebookページに自動的にその投稿が配信されるようになっています。
この投稿を自身のフォロワーだけでなく、不特定多数に向けて配信し、どれくらいのクリックを獲得できるか検証してみました。
広告は下図のように表示されます。

Instagramではこのような感じ

期間やターゲットを変えて試してみたいので、同じ記事で2回に分けて行いました。(予算は変えず)

1回目の設定内容

一回目なのでデフォルトの設定から特に変えずにやってみました。

広告の目的:リンクのクリック数を増やす
予算:1,000円(ショボくてすみません…)
地域:東京
年齢:25歳から65+
性別:女性・男性
期間:7日間

設定すると、予想されるリーチ数が表示されます。今回の場合推定リーチ数は293人~1833人との事でした。
さて実際は、、、

一回目の結果


推定リーチ数の平均を下回る結果になりましたが、58名の方が記事に関心を持ってくださり、自サイトへ訪問してくださいました。リーチに対してクリック率はおよそ6.5%程。
この結果から、pv数への影響をみてみると、通常時一日平均30pv程度だったのに対し、広告掲載期間中は一日平均で45pv程度まで上昇しました。pv上昇率は1.5倍という結果になりました。

掲載期間終了後、実際どのような人がみたのか細かいフィードバックも見れます。

私の記事に興味を持ってくださっている方は、圧倒的に【女性】という事が良く分かりました。そして30代前半以下の方にはあまり興味を持たれていないという事が判明。

2回目の設定内容

1回目の結果を踏まえ、2回目に設定した内容はこちら

広告の目的:【リンクのクリック数を増やす】→変えず
予算:1,000円→変えず
地域:東京→変えず
年齢:35歳から65+→35歳以下は切り捨て
性別:女性→女性のみに変更
期間:3日間→期間を絞りリーチ数を増やす作戦です。

今回の設定の場合、推定リーチ数は990人~6188人となりました。
さて実際は、、、

2回目の結果


リーチ数は伸びたものの、クリック数はダウン。クリック率4.2%という結果に終わりました。
一方でpv数への影響は、通常時一日平均30pv程度に対して一日平均で80pv程度まで上昇。pv上昇率はおよそ2.6倍にまで上がりました!そのおかげで期間中一度初の”100pv”を達成する事が出来ました。カンフル剤を使用したとは言え、これは嬉しかったです。
期間を短くすることでリーチ数は確実上がるので、”時事ネタ”・”ゴシップネタ”など早いタイミングで読者にリーチすべき記事の場合は短期決戦を狙うのは『あり』という事が分かりました。逆にロングテールを狙っているような記事は長期間で掲載する方がいいのかなと思いました。目的に合わせて使い分けが必要でしょう。
今回の私の記事はロングテールを狙った記事だったので、ターゲットや予算に関わらず、一回目のように長期間載せるべきでした。見事に検討が外れました。

年齢は幅広い層に支持されたいという欲を出さずに45歳以上を狙うべきでした。

Facebookの広告を使用してみて分かった事。広告の効果。

・少なからず一時的にpv数を上げる事が出来る

・自分のサイトの真のターゲットが分かる

・Facebookページ自体のフォロワーを獲得する事が出来る

一時的にpv数を上げる事が出来る

Facebookの広告を使用する事で、少なからず自サイトのpv数を上げる事が出来る事が分かりました。1000円でこの結果を得られたので、単純に考えれば、より多くの費用をかけることで更に自サイトへの流入を増やせるはずです。
しかし、宣伝が終わった途端にガクッとpv数は下がるので、一時的なカンフル剤にしかならない場合もあります。
新規で訪問してくださった方をいかにリピーターにするかが重要でしょう。
訪問してくださった方がその宣伝以外の記事にも興味を持つよう回遊率を上げるサイト作りが必要です。

自分のサイトの真のターゲットが分かる

これまで記事を書く度に、『この記事を読んでくださっている方達はこんな人たちだろうなあ』とぼんやりターゲットをイメージしていましたが、今回の結果をみて自分の予想していたターゲットと実際の読者層は大きくかけ離れていたことに気づきました。
現時点で宣伝を使用して良かったと思うのは、”pv数が上がった”という事よりも、今後自分がどの層をターゲットにしていくべきなのかが明確になった事です。
自分の記事に興味を持ってくださる層を明確に意識する事で、内容や書き方などターゲット層に合わせて書くことが出来る”からです。

このFacebookの分析を上手く活用し、”自分のサイトのターゲットを見極めるツール”として使用するのも良いのではないでしょうか?

Facebookページ自体のフォロワーを獲得する事が出来る

今回宣伝を利用する事で、この宣伝がきっかけでフォロワーになってくださる方もいらっしゃいました。これはとてもありがたい事です。ただ、今回リーチした人の数は合計で2000人弱です。そのうちフォロワーになってくださった方はたったの13名。2000円足らずでここまでリーチしたのにも関わらず、今後に繋がる人を13名しか作れなかったのは残念です。
サイトに訪問してくださる方を増やす大前提として、まずはFacebook自体の人気を集める事が必要です。より魅力的なFacebookページを作り、単にブログの更新を流すだけの受動的な場でなく、Facebook自体のファンも作り、Facebookページ自体が主体となって発信する場にしていきたいと思います。その為にこの宣伝を使い多くの方に見てもらえる状況を作るツールとしてもFacebookの宣伝は効果的です。

まとめ

結果的には個人的にとても良い宣伝ツールだと思いました。上記でも述べたように、流入数を増やすという目的だけではなく分析ツールとして使用する事で、必ず自身のサイトに活かせるはずです。
私は検証後なんだかんだ面白くなり、2万円も使ってしまいました(笑)その効果のお陰か、3か月目には月間1,000pvを達成する事が出来ました。素人が始めたブログの割には良いペースなのではないでしょうか。
また日々30pv程度だったのが、一時的とはいえ一日100pvなどめちゃめちゃテンション上がり、これをコンスタントに取れるようになりたいと、モチベーションアップにも上がりました!

予算も少額から設定可能ですので、試しに一度使われてみてはいかがでしょうか。
気になる方は是非お試しください!損はないはずです。

最新情報をチェックしよう!
Translate »