ニチニチソウの育て方と苗植えの方法【ビギナーでも簡単】


こんにちは。
エルバスです。

”ニチニチソウ”夏の強い日差しにも、日本の高温多湿な気候にも耐える貴重な強い品種です。
日本の夏の庭を彩る定番の花でしょう。病害虫にも強くガーデニングを始める方に打って付けのスタートフラワーと言えます。
今回はこの”ニチニチソウ”について簡単に育て方と苗植えの方法をご紹介します。

種類は匍匐タイプのものから、高性のもの、矮性の3種類があります。
地植え、吊り鉢、グランドカバーにするなど様々の方法で楽しめます。

色はピンクレッドホワイトが主流です。

十分な日光と温暖な気候さえ続けば、軽くお手入れするだけで咲き続けるので、簡単に育てられます。
今回ご紹介するポイントだけ抑えて是非チャレンジしてみて下さい!

ニチニチソウ

ニチニチソウとは

科名:キョウチクトウ科
属名:ニチニチソウ属
原産地:マダガスカル
開花期:4月〜11月

ニチニチソウは別名”ビンカ”として知られるマダガスカル原産の一年草です。日本の強い日差しや高温を好みますが、寒さと過湿には弱いです。
開花期は4月から11月まで咲き続け、長期間に渡り楽しむ事が出来ます。

育て方のポイント

タネまき

ニチニチソウの発芽温度は高めなので、タネまきは4・5月の暖かい時期に行います。タネまき後、覆土をして明るい日陰で育てます。

植え付け

ニチニチソウは多くの花が地中で根を広げ、枝分かれして成長していく植物とは異なり、一本の太い根をまっすぐに地中伸ばして成長していく”直根性”と言われる植物です。
直根性の植物は、基本的に移植が苦手です。植え付けの際は根を傷つけないように気を付けます。
ポットから取り出したら古い土を簡単に払い軽く根を広げ、そっと植え付けてください。

花がら摘み

多くの花が咲き、花を落としていきます。落ちた花を放置しておくと株の中が過湿気味になるので、弱った花や落ちた花は早めに取り除いてください。

肥料

元肥には緩効性肥料を与えて下さい。つぼみに花が付き始めたら、株の根元に再度肥料をまきます。
開花期には、1週間に1度ほどのペースで液肥を与えると元気な株に育ちます。窒素の成分を与えすぎると弱るので気を付けましょう。

水やり

生育期と開花期には土の表面が乾いたら、水を与えてください。
過湿を嫌うので、あまり気にせず気が付いた時に与えるくらいで問題ありません。
真夏の強い日差しが当たる際は多めに与えて下さい。

置き場所

多湿を嫌うので何より水はけの良い場所を選んでください。そして乾燥を好むので風通しが良く強い日差しがあたる場所を選びましょう。

冬場の管理

2節ほど残して切り戻しを行ってください。

苗植え

用意するもの

・ニチニチソウの苗
・草花用の培養土
・肥料

苗植えの方法


まず苗植え用の、ニチニチソウを用意します。ニチニチソウは比較的安く手に入れる事が出来るので、多めに購入して庭を彩りましょう。

今回は地植えチャレンジします。

一般的な草花用の培養土を入れます。選んだのは排水性が高いタイプ。

緩効性の肥料をまきよく混ぜた後、配置を決めます。

ニチニチソウはかなり大き成長しますので、株と株の間隔は15センチ程度空けてください。

苗を取り出し、苗の底の土を取り除き、根が定着しやすいように根を広げます。
先ほどもお伝えしたように、根を傷めると今後の成長に影響が出るので、軽く土を払う程度にしておきましょう。

配置した場所に戻し、たっぷりと水を根元に与えてください。


最後に”花がら摘み”を忘れずに行います。
大胆に行っても、直ぐに新芽が出てくるので弱っているつぼみは取ってしまいましょう。

これで植え付けは完成です。

2ヶ月後

2ヶ月後にはここまで成長します!

まとめ

今回のポイント

過湿にならないように気を付ける
水はけ・日当たり・風通しの良い場所を選ぶ
花がら摘みを小まめに行う

です。
これだけ抑えれば簡単に育てられますので、是非チャレンジしてみて下さいね。

それではまた

ランキングに参加しています!よろしくお願いします!

Sponsered Link




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。 エルバスです。 今までアパレル業界を長年身を置き、時間を優先するため全く異なる業種転職しました。 そこで生まれた時間を使い、興味あることに色々チャレンジしています。 このブログでは、今までの経験と今チャレンジしている事の実体験をもとにしたストーリーをご紹介できればと思っています。 クラウドソーシングのことブログのことファッションのことガーデニングのこと料理のことなど様々な情報をお届けします。