ジニアの育て方と苗植えの方法【ビギナーでも簡単】

こんにちは。
エルバスです。

今回は、初夏から晩秋まで花壇やコンテナを色彩豊富に彩ってくれる人気の花、”ジニア”について簡単に育て方と苗植えの方法をご紹介します。
ジニアは15種もの多くの品種がある花です。その品種の中でもよく知られているのが開花期間の長い“ヒャクニチソウ”(ジニア・エレガンス)です。
それ以外でも小ぶりな花が可愛らしい“ジニア・リネアリス”やカラーバリエーション豊富な“ジニア・プロフュージョン”、メキシコジニアの名称で親しまれる“ジニア・ハーゲアナ”などが有名です。

色はレッドピンクオレンジイエローホワイトが定番色です。

またジニアは、とても育てやすい花ですので、ガーデニングビギナーでも簡単に栽培出来るのも魅力です。

ジニア

ジニアとは

科名:キク科
属名:ヒャクニチソウ属(ジニア属)
原産地:メキシコ
開花期6月〜12月

ジニアはメキシコ原産の一年草であり、15種ほど品種がある花です。
今回はその中でも人気の4品種をご紹介します。
特に有名なのがヒャクニチソウ(ジニア・エレガンス)です。ヒャクニチソウはその名の通り初夏から長いもので12月頃まで咲き続ける開花期間の非常に長い品種。強い日差しを好み真夏の高温にも耐えます。加湿を嫌うので、乾燥気味に育てるとよく育ちます。
ジニア・リネアリスは他の品種に比べ2、3㎝ほどの小さい花を付けるのが特徴の品種。背丈はよく伸び細い枝を30㎝ほど伸ばします。小さな花を多く咲かせるので、密集させて育てるととても可愛い花です。色はイエロー・オレンジ・ホワイトの3色です。
ジニア・プロフュージョンエレガンスとリネアリスの交配種です。両者の特徴を受け継いでいます。またカラーバリエーション豊富なのが魅力な品種。開花期間は少し短く6月から10月頃になります。
ジニア・ハーゲアナはレッドとオレンジの配色がとても綺麗な品種。一重咲きと八重咲きの2種類があり草丈はリネアリスよりもながい、30㎝〜40㎝まで伸びます。

このようにジニアは奥の品種が存在すつ花ですが、基本的に育て方は全て同じなので好みに合わせて品種をチョイス出来ます。

育て方のポイント

タネ植え

とても繁殖力が強い花なので、春先の気温が15℃を超える環境であれば鉢でも直まきでも容易に発芽します。
ジニア・リネアリスは特に強い品種なので地植えでもコンテナでも適当にまいても発芽します。
発芽後は日光によく当ててあげてください。本葉が2、3枚出てきたら10㎝間隔で移植し、更に育ってきたら目的の場所へ移植できます。

肥料

元肥には緩効性タイプを与えて下さい。
生育期には追肥として液肥を与え切らさないように注意します。
月に2、3回程度が良いでしょう。

水やり

多湿を嫌うので、乾燥気味に育てます。
土の表面が乾いたら、水を与えて下さい。

置き場所

多湿を嫌うので水はけ、風通しの良い場所を選んでください。
また強い日差しを好むので日当たりの良い場所を選びましょう。
地植えの場合は基本的に水を与える必要はありませんが、雨が不足している時は与えてあげてください。

花がら摘み

こまめに花がらを摘み取ることで、多くの花を咲かせるほか、風通しが良くなり健康に育ちます。

苗植え

用意するもの

・ジニアの苗(今回はプロフュージョンを用意しました。)
・草花用の培養土
・肥料

苗植えの方法
まず苗植え用の、ジニアを用意します。

今回は地植えにします。

ジニアは横に広がって大きくなるので少し広めの場所を用意する事をおすすめします。

一般的な草花用の培養土を入れます。ジニアは、水はけ日当たりと風通しさえ良ければ、そこまで”土壌”にこだわる必要はありません。

緩効性の肥料をまきよく混ぜます。

配置を決めます。
株と株の間隔は広めに取ってください。

苗を取り出し、苗の底の土を取り除き、根が定着しやすいように根を広げます。

配置した場所に戻し、たっぷりと水を与えてください。

これで植え付けは完成です。

まとめ

今回のポイント

乾燥気味に育てる
品種は好みで選ぶ
水はけ・日当たり・風通しの良い場所を選ぶ
適度に花がら摘み取る
生育期は追肥を定期的に与える

です!

それではまた

最新情報をチェックしよう!
Translate »