経験者が教える外資系アパレル企業の給与実態とは

こんにちは。

エルバスです。

前回の国産ブランドの営業の仕事・実態に続き、
今回は外資系アパレル企業の営業職の”給与”にフォーカスしてお伝えします。

外資系アパレル給与

一般企業度同様に、アパレル界においても外資系企業の方が国産の企業よりも比較的、
給与の水準は高いと言われています。
それでは実際のところをご紹介したいと思います。
私が転職した企業は、ハイブランドと言うほどのブランドではありませんでしたが、
女性に限って名前を聞けば、一時期大ブームを起こしたブランドなので聞いたことある方は多いのではないかと思います。

アパレル業界で有名な転職エージェント企業”クリーデンス”情報から抜粋すると、
アパレル営業の平均年収は、世代別で
20代後半で約300万円前半台
30代前半で約300万後半台
30代後半で450万程度となっており、
アパレル営業の全世代での平均年収はおよそ400万台となっています。

一般的な平均年収より多少低いくらいでしょうか。
もちろん企業によって、給与水準は異なりますので、
あくまで参考値として捉えて下さい。

オススメ転職サイトやエージェントについてはまた詳しくご紹介しますが、
これからアパレル業界を目指す方であれば、取り扱い求人数が圧倒的に多い上、
エージェントが皆新鮮で丁寧な対応をしてくれるクリーデンスは登録しておいて間違い無いです。
僕も初めての転職の際は利用しました。

前回ご紹介したように、国産ブランドの仕事量は半端な量ではありません。

若いうちは好きな事が出来ているからと、割り切って考えていられました。
しかし、男性の方で多くあるように30歳が近づいてくると今後の事・給与の事・仕事の事など…。
かくいう私もそうであり、もっと稼ぎたい!!という気持ちと、ある程度仕事が出来るようになってきてもっと自分の力を試したいという気持ちになりました。

そして次のステップアップとして給与水準も良いと言われている、
外資系のデザイナーズブランドへ転職する事を決めました。

※転職関連の話はまた後日お伝えします。

転職の結果、提示額は400万+インセンティブで450万以上は渡すことが出来ると言われ、転職前の給与が400万弱だった僕は喜んで応じました。
インセンティブの50万+αは、前年度の支給額実績という事でした。

高所得者の方からするとちんけな給与かもしれませんが、
当時30歳手前の僕は、十分満足でした。

インセンティブはボーナスじゃない!!

国産企業出身の僕にとって、
インセンティブ=ボーナス
みたいな考えでいましたので、当然年2回支給されるものだと思っていました。
(もちろん業績によってボーナスが支給されたい事もありますが。)

しかし実際、僕が務めていた4年間でインセンティブが支給されたことは、
一度もありませんでした。

流行の怖さ

アパレル業界は、”流行”に大きく左右される業界です。
世の中の流行にあった商品であれば、接客なんて正直いらず簡単に物が売れていきます。

また今の世の中、有名人や人気のインフルエンサーに取り上げられようものなら、
もう勝負ありです。
今まで見向きもしなかったお客も押し寄せてきます。
アパレル業界は基本的に流行が全てです。

以前もお伝えしましたが、かつてはデザイナーが作った服にお客が合わせるという、
素敵な時代がありましたが、今はブランドが選ばれる時代です。

※注意※
Louis VuittonやHermèsなど真のハイブランドはまた別です。
この後Louis Vuittonなどの真のラグジュアリーブランドと区別する為、
私が勤めていた企業は外資系(中堅)デザイナーズブランドと呼びます。汗

ファストファッション企業のように、あっという間に製品化できる企業であれば、流行が発信されてからの後出しモノづくりでも間に合う場合がありますが、
外資系(中堅)デザイナーズブランドは世界規模で商品を作っているので、
そう簡単に商品構成を変える事は出来ませんし、デザイナーズブランドとしてのプライドがあるので、簡単に流行に乗っかるなんて事もしません。
乗っかってしまえば、一時期は売れるかもしれませんが、ブランド価値は下がり、もう大衆ファッションと変わらなくなってしまうというジレンマがあるのです。

このように外資系(中堅)デザイナーズブランドは流行に上手くはまっていれば、
コンスタントに売上を作ることが出来ますが、一旦流行から外れてしまうともう見向きもされなくなってしまいます。

それがまさに僕が務めた企業でした。

僕が入る去年までは、着実に売上を作っていたのに、流行から外れた途端、
全く売れなくなってしまったのです。

どこの外資系(中堅)インポートブランドも大抵インセンティブ制度はありますが、
私のアパレル仲間から話を聞く限り、支給されないケースが多いです。

逆に言うと、業績が良いとき(流行に乗って売れた時)の見返りはとても大きいです。

知り合いで、寸志のような支給額から一気に100万近く支給されるなどのケースも実際あります。

まとめ

流行に左右されない真のラグジュアリーブランド以外は、
今の時代アパレル業界で安定した給与を得るのは難しいかもしれません。

しかし、先ほどご紹介したように売れた時の見返りは大きいのも確かです。

入社後に大きな昇給は難しいので、僕のようにインセンティブを頼りにせず、
入社前にしっかりとベースの給与を高く提示してもらうことが大事だと思います。
外資系の企業は年俸制を採用しているところが多いので、当然提示額が多くなれば月々の支給額は多くなります。
インセンティブは、もらえたらよかったね!
程度に考えるのがベターかもしれません。
また、年俸を14分割して2か月分をボーナスとして支給方法をとる企業も多く存在するので、ボーナスが欲しい方にはそういった企業がおすすめです。

それではまた

人気ブログランキング参加しています!気に入ってくださった方はクリックお願いします!

ファッションニュースランキング

最新情報をチェックしよう!
Translate »