アパレル業界の仕事・実態・転職について

こんにちは。

エルバスです。

アパレル業界を目指している学生の方や、
違う業界からアパレルへ転職を考えている方の中で、
“アパレル業界の情報って少ない!!”と思われた方は多いのではないでしょうか?

華やかな世界と言われるけど、実際どのような仕事をしているのか分からない
転職サイト・エージェントは沢山あるけど、どれを使うべきかわからない
給料とか福利厚生ってどうのなの?

なんて思ったことがありませんか?

僕自身も実際に就活や転職をする時にやっぱりそう思いました。

そんな方に向けて少しでもリアルな情報が届けばいいなと思い、
このテーマを立ち上げました。

これから僕の経験を基にアパレルの仕事内容や実態、実際に使った転職サイトやエージェント等をご紹介し、
アパレル業界を目指す方の参考になれば幸いです。

僕は新卒で東京コレクションに出ているブランドのアパレルメーカーに就職し、
6年間営業として働いた後、外資系インポートブランドへ転職しました。
外資系インポートブランドで4年間勤めた後、最終的にラグジュアリーブランドから内定をもらいました。
その際にアパレル業界から身を引くことを決め、現在は一事務員として働いています。

僕は、昔からファッションが好きで、
ファッションの中でもとりわけデザイナーズブランドが好きでした。
人や流行に合わせて物を作るのではなく、唯一無二の独創性溢れるモノづくりを行うブランドのスタイルが好きだったからです。

(残念ながらファストファッションやノームコアの台頭により、
今では多くのデザイナーズブランドが流行に合わせたモノづくりに変わってしまいましたが…)

そんな僕がまず目指したのは、服が出来上がるまでの企画から生産まで携わることのできる国産ブランドの営業でした。

営業を選んだ理由は、普通の四大を出ているのでデザイナーにはなれないし、
生産は何やってるか分からない。
営業なら専門性なくても何とかなるかも!という大した動機もない理由でした。汗

それでも念願のアパレル業界(その中でもデザイナーズブランドブランド企業)に入れたことがとても嬉しかったです。

でも実際働いてみるとアパレルの営業ってそんなに甘い職種ではない事がすぐに分かりました!

と、少し長くなってしまったので今回はこれくらいにして、
次回、アパレル営業の仕事と実態についてご紹介します。

それではまた

人気ブログランキング参加しています!気に入ってくださった方はクリックお願いします!

ファッションニュースランキング

最新情報をチェックしよう!
Translate »