【ニューバランス日頃の手入れの方法】綺麗な状態で長持ちさせる為にやる事。

家に帰ってまずやる事はなんですか?僕は何よりまず、一日履いた『ニューバランスの手入れ』です。

日頃から手入れを行う事で、お気に入りのニューバランスを汚れ型崩れから守り、常に綺麗な状態に保つことが出来ます。そして何より、大事なニューバランスの【寿命】を延ばす事が出来ます。

ニューバランスはとても高価な物なので長年愛用したい方も多いはずです。

今回はぜひ習慣にして欲しいニューバランスの日頃の手入れの方法をご紹介します。僕と同じようにニューバランスを愛する方の参考になれば幸いです。

ニューバランス日々の手入れの方法

シューキーパーを入れる

シューキーパーの効果は、

・型崩れ、履き皺(しわ)防止
防菌・殺菌・防臭効果
除湿・防湿効果
※高いシューキーパーを買わなくても、ダイソーで売っているシューキーパーで十分です!

型崩れ、履き皺(しわ)防止

シューキーパーの効果は色々ありますが、まず第一に【型崩れ】と【履き皺】防止目的で使用します。

靴は履いている以上、型崩れを避けられません。しかし、シューキーパーを使う事で靴本来の形に戻す事が出来ます。

個人的にニューバランスの魅力は靴の【フォルム】にあると思っています。どの角度から見ても美しいスムースな曲線で形成されたフォルムがとても素敵です。その魅力を損なわないように、必ずシューキーパーを入れましょう。

また、履き皺を放置しておくと、見た目も悪い上に、ヒビ割れを起こし、靴に甚大なダメージを与えます。その日に出来た皺はその日に伸ばしましょう。

シューキーパーには多くのメリットがありますが、一つ注意しなければならない事があります。靴に対して大き過ぎるシューキーパーを入れる事は厳禁です。靴が伸びてしまい却って型崩れを起こす原因になります。

防菌・殺菌・防臭効果

足が汗をかくことにより靴内部の湿度が高くなり、雑菌が繁殖します。そうなると臭いが発生する原因に繋がります。天然木材のシューキーパーであれば、菌を抑え、防臭効果も期待できます。

※ダイソーのシューキーパーが何の木材を使っているかは不明です。

除湿・防湿効果

ニューバランスに限らず、スニーカーは湿気にとても弱いです。湿気が高い状態で放置すると、菌やカビを発生させます。また、ミッドソールに水分に弱いポリウレタンを多く使用しているニューバランスにとって、水は天敵です。加水分解を早める原因になります。
木材のシューキーパーを入れることで、木が水分を吸い取り、湿度を抑制します。

汗の湿気を乾燥させる為に、すぐにシューキーパーを入れない方が良いというのが通例です。
しかしそれは革靴の話で、ニューバランスは元来通気性に優れたスニーカーです。
蒸れの状態にもよりますが、今まですぐにいれて状態が悪くなった事も無いので、あまり気にする必要は無いかなと思っています。
むしろ、湿気が原因でソールの形状が変わり型崩れを起こす方が怖いです。個人的には直ぐに入れてしまった方が良いと考えています。

ブラッシング


一日履いただけでも見えない埃やゴミが多く付着しています。ブラシを使い払い落としましょう。繊細なレザーやスウェード、ヌバック、メッシュの部分をブラッシングする場合は、柔らかい毛の豚毛か馬毛ブラシがお勧めです。

ミッドソールは毛の固い合成繊維のブラシを使用します。

ミッドソールの汚れ落とし

擦れて付いてしまった黒ずみなどは、消しゴムを使う事で落とす事が出来ます。汚れが多く付いてしまう前に履いたその日のうちに擦り落とします。

汚れが酷い場合

汚れが酷い場合は、シュークリーナーを使って洗いましょう。お勧めのシュークリーナーは【JASON MARRK(ジェイソンマーク)】のシュークリーナーです。JASON MARRKであれば、どんな素材(レザー・スウェード・ヌバック)なども洗浄可能です。

JASON MARKKに付いての詳しい使い方はこちら↓

エルバスの日々

ニューバランスはレザーやスウェード、ヌバックなど繊細な素材を使ったモデルが多く、手入れに困ります。 そんな時に便利なのが…

撥水スプレーをかける

完全に汚れが落ちたことを確認し、仕上げに撥水スプレーをかけます。撥水スプレーを使うことにより、靴の表面に膜が張られ、水や汚れから靴を守る効果を期待出来ます。

使うタイミングは購入した際か、洗浄した後の一番綺麗な状態使うことをお勧めします。

汚れたまま使用すると、その汚れが取れなくなってしまいます。

湿度の低い場所で保管

手入れが終わったら、湿度が高い場所を避けて保管します。

下駄箱など湿度の高い場所で保管せざるを得ない場合は、必ず除湿剤を入れるようにしましょう。定期的に風通しが良く、直射日光が当たらない日陰で乾燥させる事と靴が長持ちします。

一度履いたら中二日はあける

何度も言いますが、スニーカーは何より湿気に弱いです。足は1日でコップ一杯分も汗をかくと言われています。毎日履くと乾燥する前に再び水分が溜まり、靴に悪影響を与えます。

一度履いたら、乾燥するまで靴を休ませましょう。

まとめ

日頃から手入れをする事が、大事なニューバランスを長持ちさせる秘訣です。

汚れてから水や洗剤を使って洗浄するとどうしても靴にダメージを与えてしまいます。その回数を減らす為にも日頃のケアが重要です。

面倒臭からずに靴を脱いだら、

・シューキーパーを入れる
・ブラッシングをする

という一連の流れを習慣付けましょう。これだけでも十分良い状態を保てます。

靴を常に綺麗な状態にする事は、他にも良い事があります。
それは何と言っても、新品同様の綺麗なスニーカーを履くのはとても気持ち良い事!
せっかく服装がキマっていても汚れたスニーカーを履いているだけで台無しです。

お洒落は足元から!

それではまた。

最新情報をチェックしよう!
Translate »