【アポシア IF(イフ)】香水が苦手な男性でも使えるお勧めの香水!

こんにちは。

エルバスです。

皆さんは、何か香水を使っていますか?
30歳を過ぎてくると、自分の体臭が気になってくる様になります。

いまのところ自分では加齢臭的なものは一切しないと思っていますし、会社の女性からもエルバスさんは『無臭』と言ってもらっています。(ただ気を使ってくれているだけかも知れませんが…)

いずれにせよ、30歳を過ぎたのであれば自分の匂いを気にする事は『大人のエチケット』だと思います。

そこで僕は香水を付けることにしました。

ただ問題が一つ、香水の匂いがとても苦手だったのです。香水を付けると自身の匂いに酔い、気持ち悪くなってしまうので、長い間香水を避けていました。

そんな時出会ったのが”APOTHIA IF(アポシア イフ)”です。

最初は香水ではなく、ルームフレグランス(ディフューザー)の存在を知り、その香りの虜になりました。そして香水も販売されている事を知り、早速購入しました。

エルバスの日々

ロンハーマンに訪れた事のある方であれば、まず気になるのが店内の【香り】だと思います。 店内はとても良い香りに包まれていて…

アポシアのIFはシトラス(柑橘)系の香りで、誰からも好まれる香りです。シトラス系の香水は星の数ほどありますが、その中でも断トツに良い香りです。

僕と同じ様に香水の匂いが苦手という方に是非お勧めしたい香水です。

アポシアのお陰で、全てのフレグランスを一概に毛嫌いする事がなくなりました。
そして『自分の好みに合う香りを選ぶ楽しさ』を知る事が出来ました。

現在はアポシアのイフを中心に、ジョーマローンの香水も使う様になり、『素敵な香りがする様になった』と女性から良い評判もいただける様になりました。

 

今回は僕が強くおすすめしたい”APOTHIA IF(アポシア イフ)の香水”の魅力についてご紹介します。

APOTHIA(アポシア)とは

アポシアは2001年にRon Robinson(ロン・ロビンソン)氏により設立された、ラグジュアリーフレグランスブランドです。

ロン・ロビンソン氏は、以前日本にも上陸して話題になったLA発のセレクトショップ『Fred Segal』のバイスプレジデントを務めた方です。

そんな彼がLAの街のエネルギーやパッション、そしてファッションからインスピレーションを受け、立ち上げたのが『APOTHIA(アポシア)』です。

アポシアはLAを中心に人気を集め、今では世界のセレブレティご用達ブランドにまで成長しました。2006年には、フレグランス界のオスカー賞とも呼べる『Interior Scent of the year』を受賞しています。

現在では11種類のフレグランス(ディフューザー)があり、全ての香りそれぞれに独自のコンセプトがあります。

創設者のロン・ロビンソン氏はAPOTHIAの香りについてこう語っています。

暮らしの中で、香りはとても重要な役割を果たします。嗅覚は、個人の記憶を蘇らせる事が出来ます。ふとした香りで初恋の人を思い出した、という経験もあると思います。私達は使う人の思い出を引き出すような香りを作らずにはいられませんでした。私達自身が表現したい香りかつ、多くの人に共感していただける香り。そしてロマンティックで官能的な香りである事も重要でした。香りとは私にとっては芸術であり4次元の世界に連れて行ってくれるツールであり、私達は常に愛情をもって制作しています。一つの作品からその全てを感じ取っていただけたらうれしいです。

出典:APOTHIA JAPAN

APOTHIA IF(アポシア イフ)の香り

ベルガモット、ゆず、グレープフルーツ 3種類の柑橘系にフリージアと白クチナシのブーケの香りをブレンド。

出典:APOTHIA JAPAN

シトラス系の香りを中心にブレンドしているので、とても爽やかな香りです。また、爽やかというだけでなく、爽やかさの中にちょっとした甘い香りも感じられ、セクシーな香りになっています。

アポシアには11種類のフレグランスがラインナップされていますが、その中でもIFは断トツに人気が高いベストセラー商品です。

APOTHIA IF(アポシア イフ)のおすすめポイント

 

View this post on Instagram

 

APOTHIA JAPANさん(@apothia_japan)がシェアした投稿

誰からも好まれる香り

IFは、L.A.セレブリティの85%が一番に選んだAPOTHIAブランドのベストセラーフレグランスです。

出典:APOTHIA JAPAN

実際に会社の女性の同僚達に匂いを嗅いでもらいましたが、皆『爽やかで良い香り』と言っていただけました。誰一人”無理”と言う人はいませんでした。

鼻につかないさり気ない香り

香水でありながらも一切鼻につく様な強い主張がなく、とても”さり気ない香り”が魅力です。男性から強い香水の匂いがするのはどうかと思いますし、自分自身も恥ずかしいので嫌です。

香水の香りは人により好みが別れますし、強い匂いは人の気分を害する恐れがあります。

その為、ほのかに香る程度がちょうど良いです。

アポシアのイフは香水(パフューム)と言うよりは、オードトワレ(香水よりもほんのり香る)に近く、誰かを害する様な香りではありません。

中性的な香り

IFはそもそもユニセックスのフレグランスなので、とても中性的で男女問わず愛される香りです。

実際付けていると、男女問わずどこの香水?と聞かれる事が多いです。

(男らしい香りが好きな方には合わないかもしれません。)

人と匂いが被る事が少ない

アポシアは知る人ぞ知るフレグランスブランドです。

良いのか悪いのか、まだ国内での知名度はそれほど高くありません。

また実店舗での販売店がとても少なく、ロンハーマンを中心とした感度の高いセレクトショップで展開されている程度です。

その為、所有している人が少なく人と被るはまずありません。

やっぱり香水は抵抗がある方には

 IFシリーズには香水やディフューザー以外にも、ロールオンタイプのフレグランスボディローションの展開もあるので、よりほのかに香りを漂わせたい方にはこちらの2型がおすすめです。

まとめ

僕はアポシア IFの存在を知ってから人生で初めてフレグランスが好きになりました。そして自分から漂う香りを初めて受け入れられました。

アポシアIFのさり気なく漂う爽やかな香りにとても満足しています。

これでいつか体臭が気になりだしても問題ありません。w

女性の方であれば、男性へのプレゼントにしても喜ばれるはずです!2人で共有して使うのも良いと思います。

ロンハーマンのお店に行けば置いてあるので、是非一度この素敵な香りを試してみてください。

最新情報をチェックしよう!
Translate »