ミニガーベラの育て方と苗植えの方法【ビギナーでも簡単】

こんにちは。
エルバスです。

今回は、春先から晩秋まで長期間形の整った美しい花を楽しむ事の出来る”ミニガーベラ”について簡単に育て方と苗植えの方法をご紹介します。
ミニガーベラはガーベラの改良種で、ガーベラが5~10㎝程度の花をつけるのに対し、ミニガーベラは3㎝程度とその名の通り”ミニ”サイズの花です。
育て方に関しては、ガーベラと基本的に同じです。

色はピンクレッドオレンジイエローホワイトパープル複色と多く色を楽しめます。

栽培難易度は少々高め。ミニガーベラの育て方のポイントは一にも二にも”水やり”です。難易度が高い理由は水やりの難しさからきているので、水やりさえ気を付ければ初心者でも育てられます。
ミニガーベラの鮮やかな色と形の整った花の魅力は他の花では味わえないものですので、ポイントだけ抑えて是非チャレンジしてみて下さい!

ミニガーベラ

ミニガーベラとは

科名:キク科
属名:ガーベラ属
原産地:南アフリカ
開花期4月〜10月

ガーベラは南アフリカ原産の温厚な気候を好む植物です。多湿を嫌い乾燥と強い日差しを好みます。
開花期は4月から10月と長いですが、湿度の高い夏場は一旦弱ります。夏場を越すことが出来れば、初秋から晩秋まで再び花を咲かせます。

育て方のポイント

植え付け

ミニガーベラは春先から初夏にかけて出回る苗を植えるのが一般的です。
草花用の培養土を使用するのが無難ですが、ご自身でブレンドする場合は、鹿沼土赤玉川砂などを混ぜて水はけの良い土を用意します。

葉を間引く

夏場は葉の繁殖力が強く、葉が生い茂ってしまいます。そうすると日光が株まで行き届かず花付きが悪くなるので、古い葉は間引きましょう。

肥料

元肥には緩効性肥料を与えて下さい。開花期は10日1度のペースで液肥を与えると元気な株に育ちます。与えすぎると弱るので気を付けましょう。

水やり

生育期と開花期には土の表面が乾いたら、水を与えてください。与える際に花に水がかかるとすぐに弱ってしまうので、株元にジョウロを使ってそっと与えるようにしてください。
冬場は土の中も乾いてから与える程度で問題ありません。

置き場所

多湿を嫌うので何より水はけの良い場所を選んでください。そして乾燥を好むので風通しが良く強い日差しがあたる場所を選びましょう。

植え替え

ミニガーベラは根の成長がとても速い植物です。鉢植えの場合だと根詰まりを起こしやすいので、毎シーズン春先と初秋に植え替えを行います。

増やし方

植え替えのタイミングで、2~3株に株分けすると増やすことが出来ます。
根にダメージを与えないように土だけを払うように注意します。

苗植え

用意するもの

・ミニガーベラの苗
・草花用の培養土
・肥料

苗植えの方法

まず苗植え用の、ミニガーベラを用意します。複色のミニガーベラは他にはない可愛らさがあります。

今回は地植えにします。

ミニガーベラは根が張るスピードが速いので、あまり密になりすぎないスペースを用意します。

一般的な草花用の培養土を入れます。選んだのは排水性が高いタイプ。

緩効性の肥料をまきよく混ぜた後、配置を決めます。

株と株の間隔は15センチ程度空けてください。

苗を取り出し、苗の底の土を取り除き、根が定着しやすいように根を広げます。

配置した場所に戻し、たっぷりと水を根元に与えてください。

これで植え付けは完成です。

まとめ

今回のポイント

水の与え方に気を付ける
水はけ・日当たり・風通しの良い場所を選ぶ
葉を間引き全体に日光が行き届くようにする
鉢植えの場合は、毎シーズン植え替えを行う

です。少し手入れがかかる分とても可愛い花を咲かせますので、是非チャレンジしてみて下さい。

それではまた

最新情報をチェックしよう!
Translate »